1. サカイク
  2. 連載
  3. バルセロナ発!賢い選手を育てる指導法
  4. 「サッカーを理解する」ことは誰もがレベルアップできる

バルセロナ発!賢い選手を育てる指導法

「サッカーを理解する」ことは誰もがレベルアップできる

2012年4月 4日

キーワード:スペイントレーニングバルセロナ知のサッカー練習育成

ss0.jpg

77AL0277.JPG
 
『知のサッカー』でおなじみ、FCバルセロナのメソッド部門責任者をつとめるジョアン・ビラ氏が、日本の育成年代の指導者に『賢い選手を育てるためのトレーニングメソッド』を明かしてくれました。今回は、グローバルメソッド(包括的な練習)の重要性と指導者の役目について解説しています。
 
<< PREV | 記事一覧 | NEXT >>
 
 

■練習メニューをコピーすることは重要ではない

指導メソッドは様々ですが、大切なのは一人ひとりの指導者が自分の意見、アイデアをしっかり持って実践することです。たとえばパスのレベルアップに取り組む際に、どのようなトレーニングをすることで、パスが向上するかを考えます。「パスは強く出す」という習慣をつけさせたい場合は、指導者が選手に理由や意図をしっかり伝えなければなりません。紅白戦をする際にも、明確なテーマを決めなければ、選手たちのレベルアップは期待できません。
 
練習メニューをコピーするのは簡単です。重要なのは、自分で練習メニューを考えて、作り上げること。すばらしい指導者とは、チームが抱えている改善点を練習メニューに落としこみ、レベルアップさせることのできる人です。練習メニューを考えるにあたって、明確なテーマや課題を考えることはとても重要です。たった1日、たった1回の練習で選手が上達することはありえません。継続的にトレーニングすることだけが、成長への道です。
 
77AL0139.JPG
 
 

■サッカーを学ばないまま大人になることが問題

我々は決して、「1日ですべてのことを学んで欲しい」とは思っていません。期待しているのは、子どもたちが少しずつサッカーのプレーを理解すること。9歳や12歳の子たちが、常に試合に勝たなければいけないとは思っていません。小さい時にすべきことはサッカーを楽しみ、多くを学ぶことです。競争に勝つことを求めるのは、18歳になってからです。
 
ここで問題なのは、19歳や20歳の選手が、サッカーをしっかりと学ばずに、大人のカテゴリーに上がっている現状です。その一因が、アナリティックメソッドのトレーニングばかりをしてきたことにあると考えています。
 
誰もが18歳になるまで、たくさんのパス練習をしたことでしょう。ですが、いつ・どのタイミングで、どのようにパスをしなければいけないのかといった、「状況把握」や「判断」のともなったトレーニングはあまりしてこなかったと思います。
 
 

■選手を賢く育てることによってチームは発展する

アナリティックメソッドとグローバルメソッドの違いを理解してください。繰り返しになりますが、我々はアナリティックメソッドの重要性も理解していますし、実際にアナリティックメソッドの練習もしています。ある日の練習では、最初にコーディネーショントレーニングをして、次にアナリティックメソッドでトレーニング、その次にグローバルメソッドのトレーニングをして、ゲーム形式でしめます。心がけているのは、シンプルなものから複雑なものへ、段階を経てトレーニングをすることです。
 
そして練習の最後に、選手たちに「今日、何を学んだか」を質問します。そうして、選手たちに、トレーニングした課題を理解させるよう働きかけます。なぜならば、我々は賢い選手を育てることを重要視しているからです。選手を賢く育てることによって、チームは発展していきます。生まれ持った才能の有無とは別に、すべての選手が『サッカーを理解する』という部分で、確実にレベルアップすることができるのです。我々はそれこそが、指導者の役目だと思っています。
 
 
<< PREV | 記事一覧 | NEXT >>


【PR】サッカー選手が、13歳までに覚えておきたい32のプレーコンセプト

FCバルセロナの選手や世界のトッププロをサポートしてきたスペインの世界的プロ育成集団「サッカーサービス社」が監修したU-13世代の選手向け教材。彼らが分析した「Jリーグ」の試合映像をもとに、選手のサッカーインテリジェンスを磨く32のプレーコンセプトを解説。「知のサッカー[第2巻]」 好評発売中!
※限定2,000名の豪華特典など要チェックの内容です。
 
 
think-soccer-vol2img.png

 

joan.JPG

ジョアン・ビラ・ボスチ//
Joan Vila Bosch
FCバルセロナでクライフと共にプレーし、引退後はバルサの下部組織で14年間監督を務めた。現在はバルサのメソッド部門ディレクターとして、下部組織におけるトレーニングの進化・改善、コーチの指導を担う。監督時代はシャビ、プジョルなど現在のバルサの中心選手を育てた。
 
 
【この記事を読んだ人にはこちらもオススメ!】
日本の育成に向けた提言@thinksoccer『知のサッカー bot』
 
1
取材・文/鈴木智之、写真/小川博久、取材協力/株式会社Amazing Sports Lab Japan

関連するコラム記事

コラム記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

バルセロナ発!賢い選手を育てる指導法コンテンツ一覧へ(18件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. バルセロナ発!賢い選手を育てる指導法
  4. 「サッカーを理解する」ことは誰もがレベルアップできる

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. スペインで行われた大会で日本人の大西貫太郎君がMVPに選出!
    2017年6月26日
  2. 【速く走るための参考にしたい記事】ふくらはぎやアキレス腱の使い方をマスターしてスピードアップ!
     
  3. ボールを奪うための準備が課題の子どもたち 相手にボールが渡る前の動きをどう指導すればいい?
    2017年6月23日
  4. 新しいクラブで試合に出られない プレーが消極的な息子をどう支えたらいいの問題
    2017年6月22日
  5. しつもんが尋問になってない? 子供の考える力を促す「聞き方」のコツとは...
     
  6. 子どもたちに「気づかせる」ための6対3の練習メニュー
    2017年6月27日
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日
  9. 試合を想定した練習で止める、蹴る、運ぶなど個人技術を磨く! ブラジル名門クラブの「パス&コントロール」トレーニング
    2017年6月16日
  10. 「サッカーを教えていませんか? だから、うまくならないんです」川崎フロンターレ風間八宏監督に学ぶサッカー少年の育て方
    2016年6月14日

一覧へ