1. サカイク
  2. 連載
  3. 誰でも速くなるサッカーのスピードアップ講座
  4. 球際の競り合いで勝てるようになる!ルーズボールを奪う3つのコンタクトスキル

誰でも速くなるサッカーのスピードアップ講座

球際の競り合いで勝てるようになる!ルーズボールを奪う3つのコンタクトスキル

2016年12月 5日

キーワード:スピードタニラダーフィジカル姿勢谷真一郎走り方走力

サッカーで必要なのは、ボールコントロールなどの「オンザボールの動き」だけではありません。「相手からボールを奪うプレー」も、重要なスキルのひとつです。ハリルホジッチ日本代表監督も「デュエル(球際の攻防)」の重要性を訴えていますが、フィジカルコンタクトが苦手な日本の選手達こそ、身につけていくべきプレーでもあります。
そこで今回はヴァンフォーレ甲府のフィジカル・コンディショニングコーチの谷真一郎さんに今月発売となる「タニラダーADVANCED DVD」の内容から「守備時のデュエルで強くなる方法」を教えてもらいました。(文:鈴木智之)
 
<< 前回 | 記事一覧 | 次回 >>
 
tani6_13.JPG
 
サッカーの試合中によくある場面。それが「ルーズボールの攻防」です。自分と相手との間にボールが入ってきて、どちらが先にボールに触り、身体を入れてマイボールにするのか――。この勝負を制することで、攻撃をすることできるのか、それとも守備に回るのか、大きな違いが生まれます。
 
非常に重要な球際の攻防ですが、谷さんは「大きくわけて3つの局面があります」と語ります。それが、次の3つです。
 
(1)自分が少し前に出ていて、有利な状況
(2)互角の状態でボールを奪い合う状況
(3)自分が遅れて相手の方が前にいて、不利な状況
 

■(1)自分が少し前に出ていて、有利な状況

「3つの局面に応じて、コンタクトスキルを使い分けることが大切です。まず(1)自分が少し前に出ていて、有利な状況ですが、この場合はボールを奪うのではなく、ボールと相手選手との間にあるスペースを奪いに行く意識を持つことが重要です。」
 
tani6_1.jpg
tani6_2.jpg
tani6_3.jpg
 
「よくある失敗例が、自分が相手よりボールに近い位置にいて、有利な状態であるにも関わらず、スペースではなくボールを奪いに行ってしまうこと。その結果、ボールのコースによっては、相手に先を越されてしまうことがあります。大事なのは、相手の進路をふさぐコースへ先に入ること。相手とボールの間に自分の身体を入れることで、マイボールにします。スペースを奪うことによって、どんなに速い相手でも、そのスピードを活かすことができなくなるからです。」
 
 

■(2)互角の状態でボールを奪い合う状況

「ボールに対して自分と相手の距離が同じ場合。自分から相手に身体をぶつけて、優位な態勢を作り、マイボールにします。相手にぶつかりに行く際に『ショルダーチャージをしよう』という指導を受けたことがある人もいるかもしれませんが、肩から相手に当たりに行くと、非常に不安定な態勢になってしまいます。相手に肩を当てる場所がずれると、バランスを崩してしまうからです」
 
tani6_4.jpg
tani6_5.jpg
tani6_6.jpg
 
では、どうすれば、安定した状態で相手に当たることができるのでしょうか? 谷さんは2つのポイントを紹介します。それが「重心の平行移動」と「大転子でのコンタクト」です。
 
「相手に自分の力を速く、強く伝えるために重要なのが、重心の平行移動です。体のバランスを崩さず、重心を平行移動させて、お尻のくぼんだところの上にある出っ張り(大転子)を相手にぶつけましょう。大転子を相手に当てて、重心を平行移動すれば、最終的には肩もぶつけることができます」
 
tani6_7.jpg
tani6_8.jpg
tani6_9.jpg
 
 
<大転子でのコンタクト>
daitenshi.jpg
 
 
 

■(3)自分が遅れて相手の方が前にいて、不利な状況

自分よりも相手の方が、ボールに近い位置にいるとき。どのように身体を使って、ボールを奪えばいいのでしょうか? 谷さんは言います。
 
「相手が自分より前にいるからといって、あきらめてはいけません。並走し、まずは相手の身体の前に腕を差し込みましょう。そうすることで、相手の勢いを止めるとともに、自分の体を入れ込むことができます。サッカーのルールで『手を使ってはいけない』とされていますが、ここでいう手とは『指』のことです。相手を引っ張って止める、叩くなどの行為はファウルですが、腕を使って相手の動きを制限したり、ボールをブロックすることは重要なスキルです。腕を最大限使ってプレーし、自分に優位な状況を作り出すことを意識しましょう」
 
tani6_10.jpg
tani6_11.jpg
tani6_12.jpg
 

■正しいコンタクトスキルで強い選手になろう!

コンタクトに至るまでのスピードを上げるターンについては、タニラダーのベーシックDVDで紹介されている「ツイスト2ジャンプ」「ツイスト」「ラテラル・サンバ」「ツイスト・ウェーブ」で身につけることができます。
 
そして、今回紹介した3つのコンタクトスキルは、「タニラダー ADVANCE DVD」の中で、元Jリーガーの2人と谷さんが実演しています。
 
<ポイント>
・スペースを奪う
・大転子でコンタクトする
・差し手争い
 
<サッカーにおける効果>
・出足で遅れをとっても挽回できる
・大きい相手にもコンタクトで勝つ
・ボールを奪う確率を高める
・身体能力や体格のハンデを補う
・コンタクト中のファウルを軽減
 
より詳しく、実践的なトレーニングが知りたい方は、「タニラダー ADVANCE DVD」を参考にしてみてください。正しいコンタクトスキルを身につけて、デュエルに強い選手になりましょう!
 
 
<< 前回 | 記事一覧 | 次回 >>
 
 
【好評発売中!】
ボールをともなったプレーのスピードアップを目指す新トレーニング「タニラダーADVANCED」の詳細はこちら
taniADV_banner600x250_01.jpg
13,000人以上の選手たちが実践するサッカーのスピードアップトレーニング「タニラダー」に新しいトレーニングDVDが登場!今回はドリブルやキックなど走り以外のスピードも改善!
 
 
AH7A0319.JPG
谷 真一郎(たに しんいちろう)
筑波大学在学中に日本代表に招集され、柏レイソルで1995年までプレー。引退後は筑波大学大学院にてコーチ学を専攻し、その後、15年以上に渡りJリーグのクラブでフィジカルコーチを務める。500試合以上の指導経験を持ち、2012年にはJ2で24戦無敗のJリーグ記録に貢献。『日本で唯一の代表キャップを持つフィジカルコーチ』
1
文:鈴木智之、写真:新井賢一(U‐12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2016より)

関連記事

関連記事一覧へ

誰でも速くなるサッカーのスピードアップ講座コンテンツ一覧へ(12件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 誰でも速くなるサッカーのスピードアップ講座
  4. 球際の競り合いで勝てるようになる!ルーズボールを奪う3つのコンタクトスキル

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. スペインで行われた大会で日本人の大西貫太郎君がMVPに選出!
    2017年6月26日
  2. 【速く走るための参考にしたい記事】ふくらはぎやアキレス腱の使い方をマスターしてスピードアップ!
     
  3. ボールを奪うための準備が課題の子どもたち 相手にボールが渡る前の動きをどう指導すればいい?
    2017年6月23日
  4. 新しいクラブで試合に出られない プレーが消極的な息子をどう支えたらいいの問題
    2017年6月22日
  5. しつもんが尋問になってない? 子供の考える力を促す「聞き方」のコツとは...
     
  6. 子どもたちに「気づかせる」ための6対3の練習メニュー
    2017年6月27日
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日
  9. 試合を想定した練習で止める、蹴る、運ぶなど個人技術を磨く! ブラジル名門クラブの「パス&コントロール」トレーニング
    2017年6月16日
  10. 「サッカーを教えていませんか? だから、うまくならないんです」川崎フロンターレ風間八宏監督に学ぶサッカー少年の育て方
    2016年6月14日

一覧へ