1. サカイク
  2. 連載
  3. あなたの街のサッカーパパを直撃取材!
  4. 手伝いや当番ができないとサッカーチームに入れない!? 子どもがサッカーをする環境を一からつくったお父さんの話 

あなたの街のサッカーパパを直撃取材!

手伝いや当番ができないとサッカーチームに入れない!? 子どもがサッカーをする環境を一からつくったお父さんの話 

2016年3月10日

キーワード:やる気子育て少年サッカー応援環境考える力

より多くの子どもたちが心からサッカーを楽しめる環境を。サカイクは、無心にボールを蹴るすべての子どもたちを応援しています。
 
うまくなりたい、強くなりたい、勝ちたいという思いはとても大切ですが、サッカーをする環境や関わり方はそれぞれ。子どもたちとサッカー、親とサッカー、お父さんコーチとサッカー。ボールを中心にした子どもと大人の関わりは多様で、100人いれば100通りのストーリーがあります。
 
この連載では、プロ、アマチュアはもちろん有名無名問わず、サッカーと関わりを持つ人たちにお話を聞きます。
 
第1回目は「ないものは作ってしまえばいい」と、自分たちで新しいチームを立ち上げたあるお父さんの物語。自らも週末にプレーする現役サッカープレーヤーであるお父さんが子どもたちに伝えたいこととは?(取材・文 大塚一樹)
 
IMG_6593_s.jpg
※この写真はイメージです。今回取材した杉本春喜さんとは一切関連ありません。
 

■親の事情で子どもがチームに入れない? 

「手伝いや当番ができない場合は入れません」
 
杉本春喜さんが、新しいチームを立ち上げるきっかけは、小学生年代には良くあるこんなことがきっかけだった。
 
「自分の息子が4年生になって、友だちが近くのサッカーチームに入団しようとしたんです。でも、そこは保護者のお手伝いで運営しているチームでした」
 
サッカースクールでもない限り、保護者の協力は不可欠。指導や引率、車出しやその他の手配など、その協力度合いはチームによってマチマチだが、杉本さんの友人は共働き。協力できないことも多いだろうと、そのチームに進むことを諦めました。
 
「うちも共働きでしたから、その話を聞いたとき正直『あり得ないな』と思いましたよ」
 杉本さんもチームの方針やお手伝い、当番を否定しているわけではありません。どうしても心に引っかかったのは「親の都合で子どもがサッカーをする環境を奪われてしまうこと」でした。
 
「近くにチームもなかったし、ないなら作っちゃおうかという発想でした。うちの子もチームに所属できるし」
 
杉本さんは話のきっかけとなった友人とイチからクラブチームを立ち上げることにした。
 
「ほとんど勢いでしたけど、チームを作るだけならそんなに大変なことはないんですよ」
 
地元出身の友人が地縁でチームに入ってくれそうな子どもに声をかけ、事務的な手続きは杉本さんが進める。初めての練習場所は近所の公園だった。
 
「うちは月謝をもらわない非営利でやっているのですが、公園で練習していたら注意を受けたことはありましたね。人数が増えてきたので、さすがに公園では収まらなくなって、地元の小学校にグラウンド使用許可を申請しましたけど」
 
近年では、公園のボール利用に規制がかかっている例も多い。たとえ規制がなくても、指導料などの対価を得ているスクールやクリニック、チームが公園を利用することの是非も問われる。
 
「うちの子が3年生になるタイミングで立ち上げて、現在は4年生10人、3年生5人。2年生は20人、1年生は10人くらい。知り合いや兄弟、姉妹が多いですけど楽しくできています」
 
IMG_5177_s.jpg
今回取材に応じてくれたサッカーパパ杉本春樹さん
 

■チームづくりのきっかけは、わが子ではなくわが子の友だちの問題から

杉本さんは、いまも週末になると自身もサッカーやフットサルをプレーする現役プレーヤー。
「部活としてやっていたのは小学校のときだけですが、社会人になってフットサルをやる機会があったんです。そこからなぜかやる気になっちゃって、会社で部活を立ち上げて、月に2回はそちらの活動をしています」
 
子どもに対しては積極的にかかわるタイプではなく、今回のチーム立ち上げも「わが子のため」という動機ではなかった。
 
「小学6年生の長男がいるんですけど、彼はずっとスクールに通っていたんです。両親が共働きということもあり、おばあちゃんに面倒を見てもらいながら週2回通っています。小4の次男もスクールでいいかなと思っていたんです」
 
それが、次男の友だちの“所属チーム難民問題”に触れて、あれよあれよという間にチームを立ち上げることになった。
 
現在は市のリーグに登録して公式戦にも出場している。
 
「ブロックのリーグ戦に参加するのに、指導者資格がいるって言うので取りに行きましたね。審判資格と指導者資格はずっと取りたいとは思っていたので、チームを立ち上げるのを機に取りました」
 
少子化が進むなか、新参者のチームは周囲に歓迎されないという声も聞くが、杉本さんのチームはどうだったのだろう。
 
「一緒に立ち上げたもう一人の人も地元の人だからもしかしたら言われているかもしれませんけど、私が直接何かを言われたことはありませんね。あ、一度宴席で『会費はちゃんと取った方がいいよ』というのは言われました。どういう意図で言ったのかわかりませんけど」
 
 
次ページ:サッカーの楽しさを知る杉本さんだからできること
 

参加者の85%が、考える力が身についたと回答!サカイク春キャンプ参加者募集中>>
サカイク2016春300×250.jpg
 
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

 
1  2
取材・文 大塚一樹

関連記事

関連記事一覧へ

あなたの街のサッカーパパを直撃取材!コンテンツ一覧へ(5件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. あなたの街のサッカーパパを直撃取材!
  4. 手伝いや当番ができないとサッカーチームに入れない!? 子どもがサッカーをする環境を一からつくったお父さんの話 

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. パスタは和食のデメリットを解消!? 体を大きくするためにパスタがおすすめな理由
    2017年9月11日
  2. 足元だけに集中しない!! 試合で使えるボールコントロールが身につくリフティング
    2017年9月14日
  3. 回数は重要じゃない! サッカーが上手くなるリフティングの身につけ方
    2017年9月 8日
  4. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  5. 誰もが心の中に持つ「やさしさ」を引き出す「魔法の声かけ」とは?
    2017年9月13日
  6. その褒め方、選手にちゃんと響いてる? 子どもたちが伸び伸びプレーする「声かけ」とは
    2017年9月12日
  7. 育成大国オランダがジュニア年代から5号球を使う理由【PR】
    2017年9月13日
  8. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  9. 【10月関東開催!】試合中の一歩目が速くなる!『タニラダー講習会』
    2017年9月14日
  10. 楽しんで続ける土台を築くために、ゴールデンエイジまでにどんな接し方をすればいいの?
    2017年9月15日

一覧へ