1. サカイク
  2. 連載
  3. 震災復興応援プロジェクト
  4. 【第3回】応援プロジェクト×子どものメンタル、親のメンタル- リラックスする呼吸法

震災復興応援プロジェクト

【第3回】応援プロジェクト×子どものメンタル、親のメンタル- リラックスする呼吸法

2011年4月19日

キーワード:メンタル応援プロジェクト

3月11日に起きた地震、津波は人々の心に大きな影響を与えました。わたしも多くの方から、震災など有事のときに、どのように心を保てばいいのかと尋ねられました。そこで今回はメンタルトレーニング・コンサルタントとして、心の持ち方について話をしたいと思います。

■呼吸に意識を集中させよう

強い緊張やストレス、プレッシャーを感じるときに効果的なのが、深呼吸をすることです。今回はリラックスし、ストレスを解消するための呼吸法をお教えしたいと思います。

11.4.19-1.jpg

<深呼吸の方法>
  1. 背筋を伸ばして姿勢を正し、目を閉じて顔を少し上げます。
  2. 息をゆっくりと細く長く「スー」と音を立てて、すべてを吐き出します。
  3. 鼻からゆっくり、大きく息を吸い込みます。
  4. 口から細く長く、息を吸う時の3倍の時間をかけて吐き出します。


深呼吸をするときは、胸を張って、上を向いて行います。お腹に手を当てて、お腹が出たり、引っ込んだりする動き(腹式呼吸)を感じてみてください。そして、呼吸に意識を集中させることがポイントです。

深呼吸をするときは、「体がゆでたパスタのように柔らかくなる」などの具体的なイメージを持つと、よりリラックスすることができます。 口からマイナスの気持ちを吐き出し、息を吸う時は、プラスのエネルギーを吸い込むイメージを持つとよいと思います。

下を向いていたり、体に力が入っていると胸郭が圧迫され、呼吸が浅くなり、プレッシャーを感じやすくなります。 また、マイナス思考もどんどん強くなっていきます。ですので、深呼吸をするときはもちろん、普段から背筋を伸ばすように意識しましょう。

気持ちが落ち着かなかったり、ネガティブな感情が沸き上がってきたときは、深呼吸をして一息つきましょう。

子どもだけでなく大人も、知らず知らずのうちに体に力が入っていることが多いもの。そんなときは深呼吸をして、リラックスを感じ取ってみてください。過度な緊張は心にストレスを与えます。肩の力を抜いて、日々の生活と向き合っていきましょう。

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

震災復興応援プロジェクトコンテンツ一覧へ(18件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 震災復興応援プロジェクト
  4. 【第3回】応援プロジェクト×子どものメンタル、親のメンタル- リラックスする呼吸法

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 試合を想定した練習で止める、蹴る、運ぶなど個人技術を磨く! ブラジル名門クラブの「パス&コントロール」トレーニング
    2017年6月16日
  2. 【速く走るための参考にしたい記事】ふくらはぎやアキレス腱の使い方をマスターしてスピードアップ!
     
  3. 次のプレーを考えず、ボールが来るととりあえず蹴ってしまう子どもたち。プレーの判断をどう指導したらいい?
    2017年6月16日
  4. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日
  5. 新しいクラブで試合に出られない プレーが消極的な息子をどう支えたらいいの問題
    2017年6月22日
  6. 「運動中は水飲むな」は昔の話! 現役時代とこんなに違う、お父さんコーチに知ってほしいサッカー今昔物語
    2017年6月20日
  7. ボールを奪うための準備が課題の子どもたち 相手にボールが渡る前の動きをどう指導すればいい?
    2017年6月23日
  8. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  9. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  10. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日

一覧へ