1. サカイク
  2. 連載
  3. 東北の元気を届ける『仙台だより』
  4. 「宮城のため」にベガルタ仙台ジュニアの戦い(1/2)

東北の元気を届ける『仙台だより』

「宮城のため」にベガルタ仙台ジュニアの戦い(1/2)

2011年8月20日

キーワード:仙台だより全日本少年サッカー大会応援プロジェクト

sendai.jpg

第5通

■「宮城のため」に戦ったベガルタ仙台ジュニア

全日本少年サッカー大会で過去最高成績のベスト8入り

2011.8.20-1.jpg 2011.8.20-2.jpg

仙台だより第5回は「全日本少年サッカー大会決勝大会」に出場したベガルタ仙台ジュニアの戦いぶりをお伝えします。震災で春の練習に大きな影響が出たベガルタ仙台ジュニアでしたが、宮城県大会を勝ち抜き、この決勝大会では攻撃的サッカーで快進撃を見せ、過去最高の成績となるベスト8進出を達成しました。

■キーワードは「団結」周到な準備で臨んだ決勝大会

5年連続5回目の決勝大会進出を決めたベガルタ仙台ジュニアは、まず今大会の目標を「ベスト4進出そして優勝」と設定し、そのために周到な準備をしてきました。ベガルタ仙台ジュニアは大会直前の新潟遠征で、大会と同じ日程での合宿生活と練習試合を入れる大会シミュレーションを行い、仙台での直前練習ではJFLソニー仙台FCの天然芝グラウンドを借りて、天然芝に慣れる練習を行いました。

今年、直前練習で新たに採り入れたのは「2部練」でした。ベガルタ仙台ジュニアは、昨年の決勝大会ではベスト16に終わりましたが、午前の試合では力を出し切れたものの、午後の試合であまり良いパフォーマンスを出せないことがありました。そのため2部練を行い、午前練習の後は、食事と睡眠をしっかり取り、再び午後練習を行うという、大会本番と同じスケジュールでの練習を行いました。

1  2  3

関連記事

関連記事一覧へ

東北の元気を届ける『仙台だより』コンテンツ一覧へ(20件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 東北の元気を届ける『仙台だより』
  4. 「宮城のため」にベガルタ仙台ジュニアの戦い(1/2)

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 次のプレーを考えず、ボールが来るととりあえず蹴ってしまう子どもたち。プレーの判断をどう指導したらいい?
    2017年6月16日
  2. 試合を想定した練習で止める、蹴る、運ぶなど個人技術を磨く! ブラジル名門クラブの「パス&コントロール」トレーニング
    2017年6月16日
  3. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日
  4. 「運動中は水飲むな」は昔の話! 現役時代とこんなに違う、お父さんコーチに知ってほしいサッカー今昔物語
    2017年6月20日
  5. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  6. 新しいクラブで試合に出られない プレーが消極的な息子をどう支えたらいいの問題
    2017年6月22日
  7. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  8. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  9. リフティングできなきゃ罰走! お父さんコーチがえこひいきする問題
    2017年6月14日
  10. 「日本から欧州トップレベルの選手を」日本にいながらドイツを世界一にした育成方式で学べるスクールが描く展望
    2017年6月19日

一覧へ