1. サカイク
  2. 連載
  3. 東北の元気を届ける『仙台だより』
  4. 震災から3カ月。全日本少年サッカー大会宮城県大会(1/2)

東北の元気を届ける『仙台だより』

震災から3カ月。全日本少年サッカー大会宮城県大会(1/2)

2011年7月30日

キーワード:仙台だより応援プロジェクト

sendai.jpg

【第4通】

■笑顔と勇気を与えた宮城のサッカー少年少女たち~震災から3ヶ月後の全日本少年サッカー大会宮城県大会

仙台だより第4回は、一時は開催中止も検討されたという「全日本少年サッカー大会宮城県大会」の模様をお伝えします。練習場、練習時間のハンデを抱えたチーム、指導者や選手を津波被害で亡くしたチーム、様々な立場のチームが全国大会を目指して戦い、宮城のサッカー少年少女たちは笑顔と勇気を被災地に与えました。

■縮小開催となった全日本少年サッカー大会宮城県大会

東日本大震災後、「全日本少年サッカー大会宮城県大会」を行うかどうかは、様々な議論がありました。宮城県サッカー協会は、震災後一切の事業自粛を発表していました。このため大会の中止、そして昨年まで4年連続優勝していたベガルタ仙台ジュニアを推薦で全国大会に出場させるという案も検討されました。

しかし、各地域の復興が進み、福島県や岩手県など甚大な被害を受けた隣県でも大会を行うことが決まり、4月下旬、宮城県サッカー協会は震災後2カ月を経た段階で、事業自粛を解き、「全日本少年サッカー大会宮城県大会」を行う決定をしました。

11-07-30-sam_01.jpg

今年の大会は例年より立ち上がりが遅れたこともあり、日程を縮小しての開催となりました。例年では、1次リーグ(2日間)、2次リーグ(2日間)、決勝トーナメント(2日間)と6日間かけて大会を行っていました。

しかし今年は、大会を実施できるグラウンドが不足していること、開催の遅れもともない、1回戦からのトーナメント方式で大会を行いました。初戦から準々決勝までが2日間で、準決勝・決勝を1日で行うという計3日間での開催です。

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

東北の元気を届ける『仙台だより』コンテンツ一覧へ(20件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 東北の元気を届ける『仙台だより』
  4. 震災から3カ月。全日本少年サッカー大会宮城県大会(1/2)

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 保護者が知っておくとためになる映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  8. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  9. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  10. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日

一覧へ