1. サカイク
  2. 連載
  3. サッカー選手を目指す子どもの親に贈る4つのアドバイス
  4. 子どものサッカーに、親はどこまで口出しをしていいの?

サッカー選手を目指す子どもの親に贈る4つのアドバイス

子どものサッカーに、親はどこまで口出しをしていいの?

2016年8月12日

キーワード:FCバルセロナ声掛け子育て浜田満

子どものサッカーを見学に行くと、ついつい口を出したくなるのが親の心情です。
 
「そこはパスだろ!」
「ゴール前では思い切ってシュートを打ちなさい」
「なんでもっとボールを奪いに行かないんだ!」
 
チームメイトのお父さんが自分の子どもに怒鳴り散らすように指示を出す姿をみて、それが子どもの成長にとってよくないことはわかるけど、なにか子どもの力になってあげたい。
 
親はどこまで口出しをしていいものなのでしょうか? 今回は、自らが手掛けるFCバルセロナキャンプなどの活動を通じて、多くのサッカー少年とそのお父さんお母さんに接してきた浜田満さんに話をうかがいました。(文 浜田満 構成 北健一郎 コンテンツ提供  徳間書店)
 
D4S_7498_s.jpg
 
※本稿は、『世界で通じる子供の育て方 : サッカー選手を目指す子供の親に贈る40のアドバイス』(著者・浜田満、徳間書店刊)の一部を転載したものです。
 
 

■なぜ、サッカーのコーチは親に口出しされることを嫌うのか

よく、「親が子どもに口出ししすぎるのは良くないのではないか?」という声も聞きます。確かに、親の介入がマイナスに働くことがありえることは否定しません。
 
でも、私は親が子どもに口出しすることは〝あり〟だと思っています。親というものは多かれ、少なかれ子どもに口出ししているものです。もし、自分が昔、サッカー経験者で、息子もサッカーを始めたら、口出ししたくなりますよね。当然だと思います。
 
でも、サカイクをお読みのみなさん、深呼吸してよく考えてみてください。
 
今、自分が知っている(と思っている)サッカーは、10年とか20年前に教えてもらったサッカーではないですか? サッカーは、いや、ここはあえてフットボールと言いますが、フットボールは日々進化しているのです。 例えば、弊社が2007年から運営しているFCバルセロナキャンプですが、当時のトレーニング内容と現在のトレーニング内容はずいぶん変わっています。
 
5年ぐらい前まではボールをポゼッションしながら、いかに数的優位を作り、崩していくかという部分が主でしたが、現在はボール・ポゼッションをしながら数的優位を作ることは継続しつつも、ほとんどのトレーニングがボール・ポゼッションからのトランジション(攻守の切り替え)を主としています。
 
多くのコーチが、親に口出しされるのを嫌うのはこの部分が大きいのではないかと思います。コーチの中には、本当に日々勉強している方も多数いらっしゃいます。そういうコーチから見ると、どや顔で20年前の知識を振りかざし、子どもに口出ししてくる親がいると、毛嫌いしたくなるのもうなずけます。
 
でもそれは、親が十分にサッカーを勉強していない場合かつ、子どもに間違った意見を押し付ける場合です。もしも自分自身がにわか知識や間違った知識しかなく、子どもと一緒に学んでいこうという意識のない場合は、子どものサッカーに介入すると間違った方向に導いてしまう可能性があります。
 
次ページ:あなたは、サッカーを本気で勉強する気がありますか?
 

 
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

1  2
文 浜田満 構成 北健一郎 コンテンツ提供  徳間書店

関連記事

関連記事一覧へ

サッカー選手を目指す子どもの親に贈る4つのアドバイスコンテンツ一覧へ(4件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. サッカー選手を目指す子どもの親に贈る4つのアドバイス
  4. 子どものサッカーに、親はどこまで口出しをしていいの?

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. ゴールキーパーの練習メニュー ~シュートブロック編~
    2017年8月21日
  2. サッカーが上手くなるためのビデオ映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  3. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  4. 夏休み、ちゃんと休んでますか? サッカーが上手くなるのに大事な2種類の休み方
    2017年8月21日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日
  7. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  10. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     

一覧へ