1. サカイク
  2. 連載
  3. 次の一歩を踏み出すために
  4. U12決勝大会に臨む選手たちが決定!お弁当がもたらしたチームへの影響力とは?

次の一歩を踏み出すために

U12決勝大会に臨む選手たちが決定!お弁当がもたらしたチームへの影響力とは?

2016年12月15日

12月25日から鹿児島県で開催される「第40回全日本少年サッカー大会」の都道府県大会が各地で行われ、出場するチームが決定しました。サカイクは東京都大会を取材し、優勝した府中新町FCの監督・選手を始めとする、出場選手にインタビューを実施。選手たちを食事・栄養の面からサポートした協賛社・日清オイリオの活動もレポートします。
 
937A2652_05.jpg
 

■見事、初優勝を果たした府中新町FC

東京都大会決勝戦、府中新町FC対シルクロードSCの試合は、延長戦を終えても0対0のまま、PK戦にもつれる熱戦でした。結果はPK3-2で、府中新町FCが勝利。両チームの選手達は最後まで積極的にゴールを目指し、足を止めることなく走り続けました。
 
937A3509_02.JPG
 
激闘を制した府中新町FCの葛谷智貞監督はこう語ります。
 
「選手達には、サッカーの原点をしっかりやることを指導しています。まずは、目の前の相手との勝負に勝つこと。相手より先にボールを触ること。ゴールを守る、ゴールに向かって攻めること。一人が守備に行ったらカバーをすること。頭を休めないこと…。チームの紅白戦でも、決勝大会出場をかけた試合でも、やることは同じ。普段の取り組みが実を結んだのかなと思います。決勝大会では、東京代表の名に恥じない戦いをしたいです。」
 
背番号10を背負い、キャプテンとして活躍した吉年穣選手は「優勝できてうれしい。チームみんなで、優勝したい! という気持ちが強かったから優勝できたと思います」と感想を聞かせてくれました。
937A3675吉年.JPG
 
また、PK戦で好セーブをしたGK日隠レックス海斗選手は次のように話してくれました。
 
「優勝の要因は、新町のサッカーを貫いたことだと思います。4年前は東京都の決勝戦で負けました。なんとしても決勝大会に行きたいと思っていたので、うれしいです。試合中はチームメイトが集中して守ってくれましたし、PK戦になったときは、ゴールに立つと自信が湧いてきました。」
 
937A3691日隠.JPG
 
堅い守備からカウンターを仕掛け、シンプルに相手ゴールに迫る。声を出し、味方同士で励まし合う。そのプレーを最後までやり通すことができたからこそ、府中新町FCに勝利の女神は微笑んだのでしょう。
 
見事、東京代表の座を勝ち取った府中新町FCの葛和監督や選手達に、身体作りに必要な食事について意識していることを聞いてみました。
 
「普段の練習からお弁当や補食を持ってきて、練習や試合が終わったらすぐに食べられるようにしています。合宿などでは、全部食べるまでは席を立たないようにと言っています。この年代にとって身体作りの意味でも食事は大切ですし、出されたものをしっかり食べることが、試合でのたくましさにもつながりますよね。」(葛和監督)
 
「普段の食事では、残さずに全部食べることを心がけています。好きな食べ物はコロッケです。」(吉年選手)
 
「僕はGKなので、身体を大きくするために、ご飯をたくさん食べて早く寝ることを意識しています。合宿のときは監督・コーチからたくさん食べなと言われているので、1回の食事でご飯を2、3杯は食べます。」(日隠選手)
 
優勝チームの原動力にもなった「エナジーサポーター弁当」とは?その中身や実際に食べた選手たちの感想はこちら
 
linkbotan.jpg
 

★ジュニアアスリートの食卓を応援!★
強い体と心をつくるためのおすすめレシピなどはこちら>>

 
 
risetta.jpgdma240.jpg
 
 
どんな試合でも、最後まで戦えるカラダづくりを!日清オイリオは「ヘルシーリセッタ」でアスリートを応援します
 
amani_08_220.jpgアマニ油正面_0817.jpg
1日のはじまりに!オメガ3のチカラを
 
“植物のチカラ®”で、カラダにいいこと。
 
oillio_logo_250.jpg
 
oillio_banner.jpg
 
ーキミの夢が、いつか日本の夢になるー
日清オイリオは全日本サッカー少年大会を応援しています。
 
seminer_02_300.jpgPR_right.jpg
(左)会場で保護者向け栄養セミナーを開催 (右)2006年より大会のサポートを継続
1

次の一歩を踏み出すためにコンテンツ一覧へ(14件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 次の一歩を踏み出すために
  4. U12決勝大会に臨む選手たちが決定!お弁当がもたらしたチームへの影響力とは?

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. レベルがバラバラの子どもたちの練習をどうすればいいか? [池上正コーチングゼミ]
    2017年3月22日
  2. 負けん気が強いあまり暴言や暴力に及ぶ息子の問題
    2017年3月22日
  3. あなたの言動で変わる!いまどきの子どもの「やる気」の引き出しかた
    2017年3月24日
  4. 子どもが壁を乗り越える力を発揮するために親はどうあればいいのか
    2017年3月21日
  5. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  6. 元Jリーガー監督が語る「どこでも通用するのは"ボールを奪える選手"と"ボールを失わない選手"」
    2017年3月16日
  7. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  8. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  9. 失敗が怖いときは、やるべきことをシンプルにしてあげると緊張は小さくなる
    2017年3月27日
  10. 【PR】1対1が強くなる!と話題の「サッカー検定」をやってみた!(後編:検定の部)
    2017年3月21日

一覧へ