1. サカイク
  2. 連載
  3. 中村憲剛の「KENGOアカデミー」
  4. あなたの子どもに合ったポジションとは? 中村憲剛に聞く「"天職"の見つけ方」

中村憲剛の「KENGOアカデミー」

あなたの子どもに合ったポジションとは? 中村憲剛に聞く「"天職"の見つけ方」

2016年6月14日

キーワード:JリーグKENGOアカデミーポジション中村憲剛川崎フロンターレ練習

今では日本を代表するボランチとして知られる中村憲剛選手。でも、プロ入りする前は別のポジションだったことをご存知でしょうか?
 
親御さんの気持ちとしては、自分の子どもがFWなど攻撃的なポジションで活躍することを願っている人も多いかもしれません。また、監督からDFに転向を命じられたことで子どもがふてくされてしまうこともあるでしょう。
 
そこで今回は、「ポジション」についてどう向き合っていくべきか憲剛選手に聞いてみました。
 
<< 前回 | 記事一覧 | 次回 >>
 
【読者の質問】
自分に合うポジションはどこなのか悩んでいます。憲剛選手はどうしてMFになったのですか?
(はるきくん/9歳)
 
P1030780.JPG
 
【憲剛選手の回答】
質問ありがとう!
試合でいろいろなポジションで使われて、自分はどこが得意なのかわからなくなる。こういうことは小学生だけじゃなくプロにもあることです。
今回はそんな悩みに答えていきます。
 

■「とりあえずやってみる」が大事

中村憲剛=ボランチ。
 
ありがたいことに、そんなイメージが定着しています。ボールにたくさん触れて、試合全体に関わることができる。僕にとってボランチは自分の良さを最も出せるポジションです。
 
ボランチをやっていたから、川崎フロンターレでレギュラーになれて、日本代表になることができたと思っています。そういう意味でボランチは僕にとって“天職”です。
 
だけど、僕はサッカーを始めてから、ずっとボランチだったわけではありませんでした。小さい頃はチームでいろいろなポジションをやりました。小学3年生のときは、一学年上のチームでサイドバックをやっていました。FWをやったこともあるし、ウィングもやった記憶があります。
 
今回の質問は「自分に合うポジションはどこなのか悩んでいます」というものでしたが、最初から「ここだけをやろう」と決めてしまうのはオススメできません。
 
もちろん、自分は攻撃が大好きだからFWをやりたいとか、パスを出すのが得意だからMFをやりたいとか、それぞれの好き嫌いはあるはず。だけど、自分に合う・合わないを考えるよりも「とりあえずやってみる」。これが大事です。
 
サッカーがうまくなるには、まずは試合に出なければ始まりません。試合に出れば成長するチャンスがあるし、試合だから体感できることもたくさんある。ましてや、小学生のうちは自分の可能性を広げるためにも、たくさんのポジションをやったほうがいいと思います。
 
ただし、どんなときも自分の個性を出すことを忘れないでください。ドリブルが得意で普段はサイドでやっているとしたら、ボランチの位置で使われても、チャンスがあれば中盤からでもチャレンジしてみるとか。そうすれば監督やコーチにもアピールになるし、自分にとっても可能性を広げることになります。
 
どこのポジションでも、自分の個性を出す。それは小学生であっても、プロであっても重要なことです。
 
P1040021_02.JPG
 

■どのポジションでも学べることはある

いろいろなポジションをやることのメリットは、それだけではありません。
 
例えば、元日本代表FWの中山雅史さんは、チームでは不動のエースストライカーだったにも関わらず、静岡高校選抜ではDFとしてプレーしていたそうです。
 
本当はFWなのにDFをやらされたら、ふて腐れてもおかしくありません。でも、中山さんは「ゴールを決める側」から「ゴールを守る側」に回ることで、自分がFWになったときに、こういうことをされたらイヤなんだなというのを学んだそうです。中山さんのボールを持っていない時のDFとの駆け引きの上手さは、DF経験が生きているのかもしれません。
 
どのポジションであっても学べることはあるし、絶対に無駄にはならない。そういう気持ちでやってほしいなと思います。
 
プロになってコンバート(ポジションを変更)される選手も少なくありません。
 
僕は中央大学でトップ下としてプレーしていて、自分に一番合っているポジションだと思っていました。しかし、プロに入って少し経つと、関塚隆監督に「ボランチをやってみろ」と言われました。
 
「チャンスだ」と思いました。
 
当時、川崎フロンターレが所属していたJ2リーグはベンチ入りメンバーが5人だけでした。まだレギュラーじゃなかった僕は、まずはベンチに入らなければいけなかった。
 
そのとき「トップ下しかできない選手」と「トップ下もボランチもできる選手」だったら、どちらが有利になると思いますか? 僕はコンバートを受け入れて、そして結果的にボランチが“天職”になりました。
 
ネガティブだと思うようなことも、ポジティブなことに変わることがある。いや、ポジティブなことになるように努力する。その姿勢を持って、サッカーに取り組んでほしいと思います。
 
【告知:憲剛選手初のDVD教材!大好評発売中!!】
■KENGO Academy~サッカーがうまくなる45のアイデア~
中村憲剛が自身の選手経験の中で積み重ねてきた「サッカーがうまくなる45のアイデア」をひとつにまとめた教材ができました。全て本人出演・解説による本物の「技術」と「駆け引き」を学んでください。
kengodvd.JPG
・DISC1:ベーシックスキル編
・DISC2:ゲームメイク編
2枚組DVD、解説テキスト付き(A4、36ページ)
詳しくはこちら>>
 
<< 前回 | 記事一覧 | 次回 >>
 

中村憲剛が教える
「サッカーがうまくなる5つの秘訣」を配信中!

KENGO Academy

サッカー上達のコツを知りたいならKENGO Academyメルマガ(無料)に登録しよう!
今なら中村憲剛のメソッドをまとめた70ページにおよぶ特典PDFも無料プレゼント!

※メールアドレスを入力して「メルマガに登録する」ボタンをクリックしてください。

※このメール配信はいつでも簡単に解除することが可能です。

 
kengo.jpg
中村憲剛(なかむら・けんご)
1980年10月31日生まれ。東京都小平市出身。小学生時代に府ロクサッカークラブでサッカーを始め、都立久留米高校(現・東京都立東久留米総合高校)、中央大学を経て03年に川崎フロンターレ加入。06年10月、日本代表としてデビュー。国際Aマッチ68試合出場6得点(2015年2月現在)。05年から14年まで10年連続Jリーグ優秀選手賞を受賞。Jリーグベストイレブン5回選出。
1
構成:北健一郎 協力:ケンプランニング

関連記事

関連記事一覧へ

中村憲剛の「KENGOアカデミー」コンテンツ一覧へ(24件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 中村憲剛の「KENGOアカデミー」
  4. あなたの子どもに合ったポジションとは? 中村憲剛に聞く「"天職"の見つけ方」

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  3. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  4. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  5. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  6. 「褒める」も「叱る」も大事! 子どもの状態に応じて使い分けることが自立のサポートになる
    2017年8月 8日
  7. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  8. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  9. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  10. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日

一覧へ