1. サカイク
  2. 連載
  3. 中村憲剛の「KENGOアカデミー」
  4. "苦手なことだらけ"の中村憲剛はなぜプロになれたのか? 大切にしたのは「自分の100%をちょっとずつ上げていくこと」

中村憲剛の「KENGOアカデミー」

"苦手なことだらけ"の中村憲剛はなぜプロになれたのか? 大切にしたのは「自分の100%をちょっとずつ上げていくこと」

2016年5月31日

キーワード:JリーグKENGOアカデミー中村憲剛川崎フロンターレ練習

35歳となった今もなお、トッププレーヤーとして日本サッカー界を牽引する中村憲剛選手が、読者の質問に答える「KENGOアカデミー」。今回は多くの挫折を経験してきた憲剛選手だからこそ語れる「苦手克服のコツ」について話をしてもらいました。
 
<< 前回 | 記事一覧 | 次回 >>
 
【読者の質問】
子どもの頃、中村選手が苦手だったことを教えて下さい。また、その苦手をどのように克服しましたか?
(K・Tくん/10歳)
P1040407.JPG
 
【憲剛選手の回答】
質問ありがとう!
プロ選手になるまで、僕は“苦手なことだらけ”の選手でした。
足は遅い、長距離も苦手、筋トレは全然できない……。
どうやって苦手なことに取り組んでいったのか、僕の経験をお話します。
 

■得意なことより苦手なことの方が多かった

プロサッカー選手はみんな、子どもの頃からスポーツ万能で、スーパーアスリートだった——。そんなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか? 
 
確かに、プロの世界には何をやらせてもうまかったという選手もいます。
 
でも、僕は違います。むしろ苦手なことのほうが多かったぐらいです。
 
まず足が遅かった。50m走、100m走のタイムはクラスの中でも真ん中ぐらい。運動会ではリレーがあって、クラスで足が速い子が選ばれるのですが、僕は補欠になるのが精一杯でした。
 
小さい頃に苦手だったのは長距離でした。体育の授業やマラソン大会で長距離を走るのですが、あれが本当にイヤでした。
 
「サッカーをやってるんだから走れるんだろう」という目で見られるのですが、本当に“そこそこ”しか走れない。自分では頑張ってやっているのに……。
 
それから筋トレは自慢じゃないですが本当にできなかった。高校生で初めてベンチプレスのトレーニングをやったときは、1個でも重りをつけたら持ち上げられないので、重りを外して“棒”だけを上げていました。
 
高校に入ったときは154センチしかなくて、なおかつガリガリだったから、筋力がまるでなかったんです。
 
足が遅い、長距離も苦手、筋トレはまるでダメ……。
 
ウソのような話だと思うかもしれませんが、これが“中村憲剛の学生時代”でした。
 
ね?苦手なことだらけでしょう?
 
フィジカルのところは、全般的に得意ではなかったし、どうすれば良くなるのか悩んでいました。周りのうまい選手はみんな大きかったり、足が速かったりしたので、大きなコンプレックスでした。
 
P1040265.JPG
 

■「嫌いだからやらない」ではなく、できるところまでやってみる

では、どのようにして苦手なことを克服したのか?
 
結論から言えば、完全に克服できたとは思っていません。今でもプロ選手の中では足が遅い方だし、特別なスタミナがあるわけでもない。筋トレも得意じゃありません。
 
人にはそれぞれの得意分野があります。僕の場合はボールを扱う技術や、キックの正確さ、視野の広さなどは、他の人よりも秀でていると思います。でも、大きな相手とヘディングで競り勝つことは難しいし、スピードでぶっちぎることもできない。
 
サッカーというのは、たくさんの個性が混ざり合ってチームになっています。みんなのチームにも、いろいろなタイプの選手がいるはずです。足は遅いけどボール扱いがうまい選手、技術はあんまり高くないけど頑張って走れる選手、背が高くてヘディングで勝ってくれる選手。
 
大事なことは、自分の個性を見極めて、それを伸ばしていく。それこそが、高いレベルに行くためには重要になります。
 
だからといって、苦手を克服することを諦めろ、という意味ではありません。僕は確かに足が遅かったし、長距離も速くなかったけど、そういう練習こそ100%で取り組みました。
 
どんなに全力でやっても、他の人よりパフォーマンスは落ちるかもしれないけど、だからといってサボったり、手を抜いたりするのは違う。
 
自分の限界まで頑張れない選手は、上のレベルに行くことはできません。ましてや、僕のように身体能力に恵まれているわけではない選手だったら、なおさらです。ちょっとしたサボりは、必ず自分に返ってきます。
 
学校の勉強でも好き嫌いはあると思います。国語は好きだけど、算数はうまくできないとか。だけど、嫌いだからやらないというのではなく、できるところまでやってみる。そうやって自分の“100%”をちょっとずつ上げていくことが大切だと思います。
 
【告知:憲剛選手初のDVD教材!大好評発売中!!】
■KENGO Academy~サッカーがうまくなる45のアイデア~
中村憲剛が自身の選手経験の中で積み重ねてきた「サッカーがうまくなる45のアイデア」をひとつにまとめた教材ができました。全て本人出演・解説による本物の「技術」と「駆け引き」を学んでください。
kengodvd.JPG
・DISC1:ベーシックスキル編
・DISC2:ゲームメイク編
2枚組DVD、解説テキスト付き(A4、36ページ)
詳しくはこちら>>
 
<< 前回 | 記事一覧 | 次回 >>
 

中村憲剛が教える
「サッカーがうまくなる5つの秘訣」を配信中!

KENGO Academy

サッカー上達のコツを知りたいならKENGO Academyメルマガ(無料)に登録しよう!
今なら中村憲剛のメソッドをまとめた70ページにおよぶ特典PDFも無料プレゼント!

※メールアドレスを入力して「メルマガに登録する」ボタンをクリックしてください。

※このメール配信はいつでも簡単に解除することが可能です。

 
kengo.jpg
中村憲剛(なかむら・けんご)
1980年10月31日生まれ。東京都小平市出身。小学生時代に府ロクサッカークラブでサッカーを始め、都立久留米高校(現・東京都立東久留米総合高校)、中央大学を経て03年に川崎フロンターレ加入。06年10月、日本代表としてデビュー。国際Aマッチ68試合出場6得点(2015年2月現在)。05年から14年まで10年連続Jリーグ優秀選手賞を受賞。Jリーグベストイレブン5回選出。
1
構成:北健一郎 協力:ケンプランニング

関連記事

関連記事一覧へ

中村憲剛の「KENGOアカデミー」コンテンツ一覧へ(24件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 中村憲剛の「KENGOアカデミー」
  4. "苦手なことだらけ"の中村憲剛はなぜプロになれたのか? 大切にしたのは「自分の100%をちょっとずつ上げていくこと」

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 保護者が知っておくとためになる映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日

一覧へ