1. サカイク
  2. 連載
  3. 中村憲剛の「KENGOアカデミー」
  4. 「どこに行くかではなく、そこで何をするか」中学生になるサッカー少年へ中村憲剛が"贈る言葉"

中村憲剛の「KENGOアカデミー」

「どこに行くかではなく、そこで何をするか」中学生になるサッカー少年へ中村憲剛が"贈る言葉"

2016年3月23日

キーワード:JリーグKENGOアカデミーチーム選び中村憲剛川崎フロンターレ練習進路

日本屈指のゲームメーカー、中村憲剛選手が読者の質問に答える「KENGOアカデミー」。今回は小学校を卒業し4月から新しいスタートを切る新中学生のみなさんに憲剛選手からの“贈る言葉”です。
 
<< 前回 | 記事一覧 | 次回 >>
 
【読者の質問】
小学校卒業後の進路について悩んでいます。僕は今、クラブチームに所属しているのですが、同じチームの友達はほとんどが中学校の部活に入るようです。クラブを選ぶべきか、友達が多い部活に入るべきか……。アドバイスをお願いします。
(S・Kくん/12歳)
 
P1040277.JPG
 
【憲剛選手の回答】
質問ありがとう!
まさかKENGOアカデミーで進路の相談を受けるとは思ってなかったけど(笑)。僕なりのチーム選びに対する考え方を話していきたいと思います。
 

■あまりいい思い出のなかった中学時代

まず、質問に答える前に僕自身の経験を話していきます。
 
正直言って、中学時代はあまりいい思い出がありません。
 
小学校までは地元の上手な子が集まっている少年団で活躍して、全国大会にも出場しました。体は小さかったですが、すばしっこくて、テクニックもあったので、試合に出ればドリブルで何人も抜いてゴールを決めていました。地元で「中村憲剛」と言えば、ちょっとした有名選手でした。
 
ただ、僕が所属していたチームは少年団までしかなくて、中学校になったら別のチームに行かなければいけませんでした。
 
たぶん今だったらJクラブのセレクションとかを受けていたかもしれないけど、僕が小学校のときはJリーグも開幕していなかった。
 
中学校に上がるとき、僕には2つの選択肢がありました。
 
1.中学校で部活に入る。
2.新設されるクラブチームに入る。
 
僕が選んだのは「2」でした。そこまで深く考えたわけではなくて、近隣地域の友達がみんな行くと言っていたから何となく決めたのです。それが大きな間違いだったと気付くのに、時間はかかりませんでした。
 
新設されたクラブチームなので、当然ですが全員1年生。対戦相手は3年生ばかりなので、試合をしても全く歯が立ちません。しかも、僕は背が低かった。中学校に入学する時点で136センチしかありませんでした。中学生ともなれば、160センチ以上の選手もいます。20〜30センチも大きいので、大人と子供の差です。
 
ボールを持ったら吹っ飛ばされるし、ドリブルで抜いても追い付かれる。ボコボコにやられました。大好きだったサッカーが全く楽しくなくなっていました。
 
そして半年が経った時、クラブを辞めました。サッカーから距離を置いて、しばらくはパソコン研究会に所属していました。
 
中2からサッカー部に入ったものの、僕の中学校は強くなかったので、全国大会なんて夢のまた夢でした。1回だけ市の大会で優勝したのが最高成績です。
 
P1040021.JPG
 

■どこに行くかではなく、そこで何をするか

つまり、僕は中学校の進路選択で「失敗」した人間です。でも、だからこそアドバイスできることもあると思います。
 
それは「自分が何をしたいのか?」を、しっかり考えてほしいということ。
 
・プロ選手になりたいのか。
・友達と一緒にサッカーがしたいのか。
・勉強をしっかりと頑張りたいのか。
 
自分の中で優先順位をハッキリとさせることが、自分がどこに行くかを決めるうえでは、とても大事です。
 
ただ、究極を言えば、どこに行ったとしても何とかなります。サッカーがうまくなるかを決めるのは、どこのチームに入ったかではなく、入ったチームで自分が何をするかだと思うからです。
 
人に何とかしてもらおうという考え方では、どこに行ったとしてもうまくはなりません。そうじゃなくて、自分がうまくなるために何をするかを考え抜いて行動する。
 
プロの世界でもそうです。才能がある選手や能力がある選手が毎年入ってきます。でもその中でレギュラーのポジションをつかんで、日本代表に選ばれる選手というのは、自分で自分を高められる選手です。
 
強いチームや有名なチームに入ったとしても、そこで満足してしまう選手は伸びていきません。逆に言えば、それほど強くないチームでも、自分次第でうまくなることはできる。
 
・自分の長所と短所を分析する。
・テーマを持って練習する。
・サッカーを勉強する
 
僕は中学校までは“プロになれるはずがない選手”でした。だけど、そこから自分がうまくなるために何が必要かを考えてきたから今があります。
 
どこに行くかではなく、そこで何をするか。中学校の3年間でしっかりと考えて高めてきた選手と、あまり考えずに何となくやっていた選手では全く違った結果になるはずです。
 
今回はここまで。引き続き、「KENGOアカデミー」ではみなさんからの質問をお待ちしています!
 
【告知:憲剛選手初のDVD教材!大好評発売中!!】
■KENGO Academy~サッカーがうまくなる45のアイデア~
中村憲剛が自身の選手経験の中で積み重ねてきた「サッカーがうまくなる45のアイデア」をひとつにまとめた教材ができました。全て本人出演・解説による本物の「技術」と「駆け引き」を学んでください。
kengodvd.JPG
・DISC1:ベーシックスキル編
・DISC2:ゲームメイク編
2枚組DVD、解説テキスト付き(A4、36ページ)
詳しくはこちら>>
 
【中村憲剛選手への質問を募集】
サッカーをうまくなりたい皆さんの質問に中村憲剛選手が答えます!
shitsumon.PNG
 
<< 前回 | 記事一覧 | 次回 >>
 

中村憲剛が教える
「サッカーがうまくなる5つの秘訣」を配信中!

KENGO Academy

サッカー上達のコツを知りたいならKENGO Academyメルマガ(無料)に登録しよう!
今なら中村憲剛のメソッドをまとめた70ページにおよぶ特典PDFも無料プレゼント!

※メールアドレスを入力して「メルマガに登録する」ボタンをクリックしてください。

※このメール配信はいつでも簡単に解除することが可能です。

 
kengo.jpg
中村憲剛(なかむら・けんご)
1980年10月31日生まれ。東京都小平市出身。小学生時代に府ロクサッカークラブでサッカーを始め、都立久留米高校(現・東京都立東久留米総合高校)、中央大学を経て03年に川崎フロンターレ加入。06年10月、日本代表としてデビュー。国際Aマッチ68試合出場6得点(2015年2月現在)。05年から14年まで10年連続Jリーグ優秀選手賞を受賞。Jリーグベストイレブン5回選出。
1
構成:北健一郎 協力:ケンプランニング

関連記事

関連記事一覧へ

中村憲剛の「KENGOアカデミー」コンテンツ一覧へ(24件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 中村憲剛の「KENGOアカデミー」
  4. 「どこに行くかではなく、そこで何をするか」中学生になるサッカー少年へ中村憲剛が"贈る言葉"

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 押し出すインサイドキックはNG?長い距離でも減速しない正確で速いパスの蹴り方
    2016年11月28日
  2. 意外と知らない!メッシやクリロナのように速くドリブルをする3つのコツ
    2016年11月25日
  3. 『リスペクト宣言』って知ってる⁉ 公式戦で大声や怒声を響かせるのは、もう止めよう
    2016年11月30日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 中澤佑二選手に聞く、周りに差をつけた食事へのこだわりとは?
    2016年11月29日
  6. みんなドン引き。怒鳴るコーチどうするんだ問題
    2016年11月24日
  7. サッカー少年を伸ばす親はなにが優れているのかがわかる記事7選
     
  8. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  9. ジャージorピステ 寒い日に用意したいのはどっち!?
    2011年10月16日
  10. 知らないと損!子どもの「悪い姿勢」がプレーのスピードを遅らせている
    2016年11月21日

一覧へ