1. サカイク
  2. 連載
  3. 中村憲剛の「KENGOアカデミー」
  4. 欲しいタイミングでパスがもらえる!中村憲剛がパサー目線からアドバイスする3つの極意

中村憲剛の「KENGOアカデミー」

欲しいタイミングでパスがもらえる!中村憲剛がパサー目線からアドバイスする3つの極意

2016年2月26日

キーワード:JリーグKENGOアカデミー中村憲剛川崎フロンターレ練習

日本屈指のゲームメーカー、中村憲剛選手が読者の質問に答える「KENGOアカデミー」。今回はパサーの視点からパスを出しやすい選手の動きについて話をしてもらいました。
 
<< 前回 | 記事一覧 | 次回 >>
 
【読者の質問】
もともと、MFをやることが多かったのですが、最近FWもやるようになりました。ですが、中盤の選手から欲しいタイミングにボールが出てきません。憲剛選手はどのタイミングで、FWのどこを見てパスを出していますか? また、どんな選手にはパスが出しやすいですか?
(中村豊太郎くん/16歳)
 
kengo_20160226.JPG
 
【憲剛選手の回答】
質問ありがとう!
せっかく動き出したのにパスが出て来ない......。こういう悩みを持っているFWの選手は日本中にたくさんいると思います。今回は主に「パスを出す側」としてプレーしている、僕の目線からアドバイスをさせてもらいます。
 

■FWの動き出しが「先」

まず「どのタイミングで、FWのどこを見てパスを出していますか?」という質問から答えていきます。
FWの動き出しを見るタイミングは「2回」です。
 
1回目は「ボールをもらう前」。
中盤でパスを受けるとき、味方の選手の足からボールが離れた瞬間に、前方の状況をチラッと確認します。ここでは、FWはどこにいるのか、DFはどこにいるのか、マークの距離感はどれぐらいか、スペースはどこにあるのか......などをインプットします。
 
2回目は「ボールをもらった後」。
ボールをもらって、コントロールした後に、顔を上げて前の状況を見ます。ここでFWの動きを見て、裏のスペースで受けたいのか、足元で受けたいのかを見ます。
もう一つ、ボールをもらった後に見るのが「駆け引きの状態」です。理想は僕が前を向いた時点で「駆け引きが終わっている」こと。つまり、DFのマークを外して、フリーでパスを受けられる状態を作っているということです。そのためには中盤の選手がパスをもらおうとしているタイミングで動き出すことが必要です。中盤にゆっくりと引いて、足元でパスを受ける雰囲気を出す。そして、パサーが顔を上げた瞬間に、きゅっと方向転換して、裏のスペースに走り出す。
 
中盤の選手が前を向いて、パスを出せる状態になってからだと、当然ですがDFも警戒します。そこでどれだけ頑張って動いても、マークを完全に外し切るのは難しい。中盤の選手にとっても、FWとDFの駆け引きがどうなるのかを見ながら、どこのスペースに動き出すのかを確認しつつ、ボールを蹴るというのはすごく難しい。欲しいタイミングでパスをもらいたければ、パスが出て来る前に動き出すことを心掛けてほしいと思います。
 
【動画で見てみよう】
「KENGO Academy~サッカーがうまくなる45のアイデア~」より
 

■スルーパスを出しやすかった岡崎慎司

次は「どんな選手にはパスを出しやすいですか?」という質問に答えていきます。パスを出しやすい選手と聞かれて、真っ先に思い浮かぶのが、オカ(岡崎慎司/レスター・シティ)です。オカとは日本代表で一緒にプレーしてきましたが、僕のスルーパスからオカが決めるというパターンから何度もゴールが生まれました。
 
FWには足元でボールを受けたがる選手や、スペースに走って受けるのが得意な選手、どちらもバランス良くやるタイプなどがいますが、オカの場合はとにかくシンプル。「裏でもらいたい」というのがハッキリとしていました。オカには「俺がボールを持ったら出すから、裏に走ってくれ」と言っていました。実際にオカは僕が持ったら、必ず裏に走ってくれました。パスを出せない時があっても、パスが出て来ることを信じて走ってくれました。
それが実ったのが2010年の南アフリカW杯出場をかけたアジア最終予選・ウズベキスタン戦でした。
 
僕が中盤でボールをコントロールしたとき、オカはすでにDFラインの背後を狙って動き出していました。前を向いた時点で、スピードに乗っているオカは相手DFよりも良い位置にいたので、僕はそこにパスを出すだけで良かった。もしも、オカが僕がパスを出せるかどうかを見てから動いていたら、W杯出場につながる決勝ゴールは生まれていなかったと思います。
 
kengo_02_20160226.JPG
 

■パサーと「仲良し」になる

僕はずっと中盤の選手としてやってきて、数え切れないぐらいたくさんのFWとプレーしてきました。僕の一番の武器はDFラインの裏を突く「スルーパス」です。だけど、このプレーは1人でできるものではありません。
 
スルーパスというのはパスを出す側と受ける側の「共同作業」です。
 
どんなに良いパスを出せる選手がいても、受ける選手がピッタリとマークにつかれていれば出せません。逆も然り。素晴らしい動き出しをする選手がいても、出す側が見ていなければパスは出てきません。だからこそ、たくさんコミュニケーションをとることが大事になってきます。FWの選手であれば、パスを出す選手に「自分はここでもらいたい」「こういうところで欲しい」というのを、どんどんリクエストすることが必要です。
 
川崎フロンターレに加入した当時、チームにはブラジル人のジュニーニョというFWがいました。ジュニーニョはボランチでプレーしていた僕にこう言いました。「ボールを持った時は、まず俺を見ろ」と。
 
ジュニーニョは爆発的なスピードを持っていたので、味方の選手が自分の動きを見て、パスを出してくれさえすればゴールを決める自信があったからだと思います。そう言われるようになって、僕はジュニーニョがどのタイミングで動くのか、どこでパスをもらうのが好きなのか、どんな癖があるのかをいつも見るようになりました。その結果、僕とジュニーニョは「黄金コンビ」と呼ばれるほどのコンビネーションを築くようになりました。
 
パスが欲しい選手はパスを出してくれる選手と「仲良し」になったほうが絶対に得です。「仲良し」になると言っても、気の合わない選手とピッチの外で付き合えということではありません。自分はここでパスが欲しい、今はどこに動けば良かったのか......、ピッチの中で「仲良し」になることが大事です。
 
今回はここまで。引き続き、「KENGOアカデミー」ではみなさんからの質問をお待ちしています!
 
【告知:憲剛選手初のDVD教材!大好評発売中!!】
■KENGO Academy~サッカーがうまくなる45のアイデア~
中村憲剛が自身の選手経験の中で積み重ねてきた「サッカーがうまくなる45のアイデア」をひとつにまとめた教材ができました。全て本人出演・解説による本物の「技術」と「駆け引き」を学んでください。
kengodvd.JPG
・DISC1:ベーシックスキル編
・DISC2:ゲームメイク編
2枚組DVD、解説テキスト付き(A4、36ページ)
詳しくはこちら>>
 
【中村憲剛選手への質問を募集】
サッカーをうまくなりたい皆さんの質問に中村憲剛選手が答えます!
shitsumon.PNG
 
<< 前回 | 記事一覧 | 次回 >>
 

中村憲剛が教える
「サッカーがうまくなる5つの秘訣」を配信中!

KENGO Academy

サッカー上達のコツを知りたいならKENGO Academyメルマガ(無料)に登録しよう!
今なら中村憲剛のメソッドをまとめた70ページにおよぶ特典PDFも無料プレゼント!

※メールアドレスを入力して「メルマガに登録する」ボタンをクリックしてください。

※このメール配信はいつでも簡単に解除することが可能です。

 
kengo.jpg
中村憲剛(なかむら・けんご)
1980年10月31日生まれ。東京都小平市出身。小学生時代に府ロクサッカークラブでサッカーを始め、都立久留米高校(現・東京都立東久留米総合高校)、中央大学を経て03年に川崎フロンターレ加入。06年10月、日本代表としてデビュー。国際Aマッチ68試合出場6得点(2015年2月現在)。05年から14年まで10年連続Jリーグ優秀選手賞を受賞。Jリーグベストイレブン5回選出。
1
構成:北健一郎 協力:ケンプランニング

関連記事

関連記事一覧へ

中村憲剛の「KENGOアカデミー」コンテンツ一覧へ(24件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 中村憲剛の「KENGOアカデミー」
  4. 欲しいタイミングでパスがもらえる!中村憲剛がパサー目線からアドバイスする3つの極意

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 保護者が知っておくとためになる映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. ゴールキーパーの練習メニュー ~シュートブロック編~
    2017年8月21日
  4. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  5. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  6. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  7. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  8. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日
  9. 夏休み、ちゃんと休んでますか? サッカーが上手くなるのに大事な2種類の休み方
    2017年8月21日
  10. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日

一覧へ