1. サカイク
  2. 連載
  3. 中村憲剛の「KENGOアカデミー」
  4. 「後ろに目がついている?」中村憲剛がピッチで見ている世界とは

中村憲剛の「KENGOアカデミー」

「後ろに目がついている?」中村憲剛がピッチで見ている世界とは

2015年12月10日

キーワード:JリーグKENGOアカデミー中村憲剛川崎フロンターレ練習

日本屈指のゲームメーカー、中村憲剛選手が読者の質問に答える「KENGOアカデミー」。後ろに目がついているのでは?と思えるほど、視野の広さを武器とする憲剛選手に、どうすれば周りを見ることができるようになるのか質問をしました。
 
<< 前回 | 記事一覧 | 次回 >>
 
【読者の質問】
僕はスルーパスを出すことが好きです。
首を振る、周りを見て考えることが今の僕には一番必要だと思っています。
ゲームの最中に、できる時とできない時があって、パスがなかなか来ないと、忘れてボールをずっと見てしまうことが多いです。
憲剛選手は、周りが見えだした時は、急にできるようになったのか、それとも気が付けばそうなっていたのか。
何か意識できる特別な方法があれば教えてほしいです。
(S・Nくん/11歳/トップ下)
 
kengo151210_3.jpg
 
【憲剛選手の回答】
質問ありがとう! 
このような質問は、特にMFでプレーする選手たちから多く寄せられました。彼のようにトップ下の選手に対しては、プレッシャーも強くなるし、ボールを持ってから考える時間もありません。だからこそ、ボールを持っていない間に周りを見ておくことは重要です。
今回は「周りを見る」ということについて、僕なりの考えを話していきたいと思います。
 
 

■良い判断のためにはボールを持っていない時間が大事

僕のプレーをスタジアムで見たことがある人はわかると思いますが、試合中の僕はまるで「落ち着きがない子供」です(笑)。自分がボールを持っていないときは、いつもキョロキョロとしています。もちろん、試合に集中していないわけではなく、こうやってピッチ上の情報を集めているのです。
 
味方はどこにいるのか?
相手はどこにいるのか?
スペースはどこにあるのか?
どこのマークが甘くなっているのか?
 
僕にとってはボールを持っているときよりも、ボールを持っていないときのほうが大事な時間と言えるかもしれません。こうやって、たくさん情報を持っておけば、ボールを持ったときに良い判断をすることができるからです。
周りを見るために、僕がやっているのが「首を振る」という作業です。
 
僕にとって「首を振る」ことは、言って見れば「呼吸をしている」のと同じようなものです。つまり、特別に意識してやっているわけではなく、当たり前のようにやっていることです。
 
ただ、僕自身、首を振るために特別にトレーニングをした記憶はありません。小学生時代の監督やコーチから首を触れと言われたこともない。当時はまだ首を振ることの重要性が浸透していなかったからだと思います。
 
では、僕はいつから、どうやって首を振って周りを見るようになったのか。正直言って、覚えていません……。気がついたら、首を振るようになっていたとしか言いようがないのです。
 
kengo151210_2.jpg
 

■首を振る意味を理解しよう

今は小学生のチームでも「首を振って、周りを見ろ!」と指導者に言われることが珍しくないようです。そもそも、どうして首を振ることが必要なのでしょうか。
 
人間の視野というのは基本的には180度です。よく、視野が広い選手に対して「後ろに目がついているようだ」と言われたりもしますが、どんなに優れた選手であっても自分の後ろを見ることはできません。自分の背後の状況を確認するには、首を振ることが必要になります。
 
みんなは「首を振る」ことは、サッカーで周りを見るための特別な技術だと思っていませんか? 決してそうではありません。みんな、日常生活で普通にやっているはずです。
 
例えば、交差点の横断歩道を渡るとき。みんなは正面だけを見て歩きますか? 交差点のカーブを曲がってくる車は来ていないか、自転車がスピードを上げて走ってこないか、首を振って確認しているはずです。自分が危険だと思えば、誰に言われなくても自然と首を振る。
 
サッカーでも同じことが言えます。味方からパスをもらうとき、首を振らなければ背後から来ている相手に気がつかず、ボールを奪われてしまうかもしれない。ボールを奪われるのがイヤだったら、自然と首を振るようになるはずです。僕が誰にいわれなくても首を振るようになったのも、ボールを奪われたくないからという気持ちがあったからだと思います。
 
周りを見るために、首を振らなきゃいけないと思う必要はありません。自分がどんなプレーをしたいのか、何をされたくないのかを考えていけば、自然とそれに合わせた行動をとるはずです。
 
 

■中村憲剛の視野はどうなっている?

よく、「中村憲剛選手は試合中にどんな視野でプレーしているのですか?」と質問されることがあります。これに答えるのは本当に難しい。そこでKENGOアカデミーのDVDでは、小型カメラをセットしたヘッドギアをつけて、僕が実際にプレーしているときの目線を見てもらっています。
 
DVDを見てもらった人ならわかると思うけど、首を振っている時間は本当に一瞬です。首を振っている間は、自分の背後の状況を確認できるけど、ボールを見ることはできません。だから、ずっと見ているのではなく、短い時間で、どれだけ正しい情報を得られるかが重要になってきます。
 
▼憲剛選手の視野を映像で見てみよう

「KENGO Academy~サッカーがうまくなる45のアイデア~」より
 
自分がパスを受ける前に首を振るとき、しっかり見ておきたいのが近くにいる相手の「位置」と「距離」と「勢い」です。どこからボールを奪いに来ているのか、どのぐらい離れているのか、どのぐらいのスピードで動いているのか。言葉にするのが難しいけど……「見る」というよりは「感じる」といったほうがいいかもしれない。
 
 

■ボールに触らずに試合を動かす楽しさを知ろう

相手が速く動いているときは、ボールを足元に止めると危ないから、ファーストタッチでボールを相手のいないほうに運んでかわす。逆に、相手がゆっくりと動いているときは、ボールをコントロールして前を向く。
 
タイミングも重要です。基本的には、味方がボールを持っているときや、パスを出した後など、ボールの軌道が変化しないタイミングで首を振るようにします。
 
良くないのは、味方がこちらにパスを出そうとしているタイミングで首を振ること。ボールを蹴る瞬間を見逃してしまうと、パスの軌道やスピードに気付くのが遅れて、ミスにつながります。
 
それから、自分がボールをもらえそうなときだけじゃなくて、ボールを受けられそうにないときでも周りを見ることが重要です。自分とボールの関係だけじゃなく、客観的な視点で自分を見ることで、どこに動けば良いのかがわかってきます。
 
例え自分がボールに絡めなかったとしても、ポジショニングによって相手を引き付けて、間接的にゴールを演出することもできます。質問してくれた彼は「スルーパスを出すことが大好き」ということだけど、ボールに触らずに試合を動かす楽しさにも、ぜひ気付いてもらえたらなと思います。
 
今回はここまで。引き続き、「KENGOアカデミー」ではみなさんからの質問をお待ちしています!
 
【告知】
■KENGO Academy~サッカーがうまくなる45のアイデア~
中村憲剛が自身の選手経験の中で積み重ねてきた「サッカーがうまくなる45のアイデア」をひとつにまとめた教材ができました。全て本人出演・解説による本物の「技術」と「駆け引き」を学んでください。
kengodvd.JPG
・DISC1:ベーシックスキル編
・DISC2:ゲームメイク編
2枚組DVD、解説テキスト付き(A4、36ページ)
詳しくはこちら>>
 
【中村憲剛選手への質問を募集】
サッカーをうまくなりたい皆さんの質問に中村憲剛選手が答えます!
shitsumon.PNG
 
<< 前回 | 記事一覧 | 次回 >>
 

中村憲剛が教える
「サッカーがうまくなる5つの秘訣」を配信中!

KENGO Academy

サッカー上達のコツを知りたいならKENGO Academyメルマガ(無料)に登録しよう!
今なら中村憲剛のメソッドをまとめた70ページにおよぶ特典PDFも無料プレゼント!

※メールアドレスを入力して「メルマガに登録する」ボタンをクリックしてください。

※このメール配信はいつでも簡単に解除することが可能です。

 
kengo.jpg
中村憲剛(なかむら・けんご)
1980年10月31日生まれ。東京都小平市出身。小学生時代に府ロクサッカークラブでサッカーを始め、都立久留米高校(現・東京都立東久留米総合高校)、中央大学を経て03年に川崎フロンターレ加入。06年10月、日本代表としてデビュー。国際Aマッチ68試合出場6得点(2015年2月現在)。05年から14年まで10年連続Jリーグ優秀選手賞を受賞。Jリーグベストイレブン5回選出。
1
構成:北健一郎 協力:ケンプランニング

関連記事

関連記事一覧へ

中村憲剛の「KENGOアカデミー」コンテンツ一覧へ(24件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 中村憲剛の「KENGOアカデミー」
  4. 「後ろに目がついている?」中村憲剛がピッチで見ている世界とは

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 動画で解説!なぜバルセロナの選手は、ボールを失ってもすぐに奪い返せるのか?
    2017年2月13日
  2. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  3. 男子による女子への集団いじめをどうするか問題
    2017年2月15日
  4. 動画で解説!相手の攻撃を前進させないためにバルセロナの選手が行っていること
    2017年2月16日
  5. 親子でサッカーを楽しもう!サカイク親子キャンプ開催
    2017年1月16日
  6. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  7. 【東京/福岡/広島/鹿児島/千葉/埼玉】足の速さに自信がつく『タニラダー講習会』
    2017年2月14日
  8. あなたが"つい"差し伸べた手が、子どもの成長を止めている
    2015年2月18日
  9. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  10. 子どもの意欲、積極性を引き出す記事7選
     

一覧へ