1. サカイク
  2. 連載
  3. 中村憲剛の「KENGOアカデミー」
  4. ボールに触らなくてもゲームをコントロールする「賢い選手」とは?

中村憲剛の「KENGOアカデミー」

ボールに触らなくてもゲームをコントロールする「賢い選手」とは?

2015年7月27日

キーワード:JリーグKENGOアカデミー中村憲剛川崎フロンターレ練習

中村憲剛選手が、これまでのサッカー人生で培ってきたサッカーがうまくなるヒントをお届けする「KENGOアカデミー」。第11回目となる今回は、味方の選手を生かし、良い状況を作るための“オトリの動き”の重要性を解説します。
 
<< 前回 | 記事一覧 | 次回 >>
 
11-4.jpg
 

■試合中のほとんどがボールに触れていない時間

サッカーでは1人の選手が試合中ボールに触っている時間は90分間のうち、たったの2、3分だと言われています。つまり、試合中はほとんどがボールを持っていない、「オフ・ザ・ボール」の状態なのです。
 
現代サッカーでは「オフ・ザ・ボール」で何ができるかがますます大事になってきています。優れたパスセンスを持っていても、ドリブルでかわせる技術があっても、ボールをもらうことができなければ、それを発揮することができません。
 
だから、このKENGOアカデミーのコラムでもオフ・ザ・ボールについては何度も話をしてきました。
 
カラダの小さい選手は必見!中村憲剛の「相手にぶつからない技術」
 
試合から"消えない"ために。走れない選手はアタマを使おう!
 
オフ・ザ・ボールはとても奥が深い技術です。何よりも、人よりカラダが大きい、足が速いなどの特徴がない、“普通の選手”にとって、オフ・ザ・ボールの質を高めることは、上のレベルでプレーするためには必要不可欠です。
 
オフ・ザ・ボールには大きく分けて3つの目的があります。
 
1つ目が「自分が良い状態で受ける」。自分より大きい相手にマークされていても、相手の視野から外れるタイミングで動けば、ボールを受けても相手にぶつかられることなく、余裕を持ってプレーできます。
 
2つ目が「味方がパスを出せるところに動く」。がむしゃらに動き回るのではなく、味方がパスを出しやすいところにポジションをとったり、カラダの角度を工夫することで、効率的にボールに触れるようになります。
 
3つ目が「味方を助けるために動く」。自分がボールをもらう確率が低かったとしても、自分が動くことで、味方の選手が良い状態でパスを受けられるようになります。これが「オトリの動き」と呼ばれるプレーです。
 
パス回しが上手なチームを見れば、全員がボールをもらおうとするのではなく、パスを受ける選手のために、他の選手がオトリの動きをしていることがわかります。こうしたボールを持っていない人も含めた駆け引きがサッカーにおいてはとても重要なのです。
 
 

■「オトリの動き」でチームを助けよう! 

それでは、「オトリの動き」とは、どんな場面で必要になるのでしょうか。
 
例えば、中盤でパスを回しているとき。FWの選手にパスを通したいけれども、ディフェンスが立っているので、パスコースがない。このようなときは、ボールを持っていない選手が、わざと相手の前を通りながら、別のスペースに移動していきます。ディフェンスとしては、パスを受けるかもしれない選手を放っておくわけにはいかないので、そこについていきます。
 
「KENGO Academy~サッカーがうまくなる45のアイデア~」より
11-1.JPG
 
パスコースに立っていた選手がずれることで、つまり、1秒前までなかったパスコースが、ほんの数メートル動くだけで生まれるのです。ポイントはわざと相手の視界に入ることと、全力でダッシュするのではなく、ジョギング程度でゆっくりと動くこと。そうすることで相手の意識をより引き付けやすくなります。
 
11-2.JPG
 
あるいは、DFラインの背後にスルーパスを出したいとき。ディフェンスとしては裏のスペースでパスを受けられるとピンチになるので、最も警戒しています。もしもFW2人が同時に裏を狙えば、DFラインを下げられて対応されてしまうでしょう。
 
そこで、FWのうちの1人はボールを受けるために、ボールを持っている選手のほうへ下がってきます。それにディフェンスがついてきたら、もう1人のFWが裏のスペースへ飛び出します。DFラインの人数が少なくなるので、パスを受けやすくなります。
 
11-3.JPG
 
自分が動くことで、どこにスペースができて、誰がフリーになるのか。そこまで考えて動ける、賢い選手を目指しましょう。
 
<< 前回 | 記事一覧 | 次回 >>
 
【告知】
■KENGO Academy~サッカーがうまくなる45のアイデア~
中村憲剛が自身の選手経験の中で積み重ねてきた「サッカーがうまくなる45のアイデア」をひとつにまとめた教材ができました。全て本人出演・解説による本物の「技術」と「駆け引き」を学んでください。
kengodvd.JPG
・DISC1:ベーシックスキル編
・DISC2:ゲームメイク編
2枚組DVD、解説テキスト付き(A4、36ページ)
詳しくはこちら>>
 

中村憲剛が教える
「サッカーがうまくなる5つの秘訣」を配信中!

KENGO Academy

サッカー上達のコツを知りたいならKENGO Academyメルマガ(無料)に登録しよう!
今なら中村憲剛のメソッドをまとめた70ページにおよぶ特典PDFも無料プレゼント!

※メールアドレスを入力して「メルマガに登録する」ボタンをクリックしてください。

※このメール配信はいつでも簡単に解除することが可能です。

 
kengo.jpg
中村憲剛(なかむら・けんご)
1980年10月31日生まれ。東京都小平市出身。小学生時代に府ロクサッカークラブでサッカーを始め、都立久留米高校(現・東京都立東久留米総合高校)、中央大学を経て03年に川崎フロンターレ加入。06年10月、日本代表としてデビュー。国際Aマッチ68試合出場6得点(2015年2月現在)。05年から14年まで10年連続Jリーグ優秀選手賞を受賞。Jリーグベストイレブン5回選出。
1
構成:北健一郎 協力:ケンプランニング

関連記事

関連記事一覧へ

中村憲剛の「KENGOアカデミー」コンテンツ一覧へ(24件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 中村憲剛の「KENGOアカデミー」
  4. ボールに触らなくてもゲームをコントロールする「賢い選手」とは?

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. レベルがバラバラの子どもたちの練習をどうすればいいか? [池上正コーチングゼミ]
    2017年3月22日
  2. あなたの言動で変わる!いまどきの子どもの「やる気」の引き出しかた
    2017年3月24日
  3. 負けん気が強いあまり暴言や暴力に及ぶ息子の問題
    2017年3月22日
  4. サッカーのケガには2種類ある!? 少年サッカーで起きやすいケガとその対処法とは
    2017年3月29日
  5. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  6. 元Jリーガー監督が語る「どこでも通用するのは"ボールを奪える選手"と"ボールを失わない選手"」
    2017年3月16日
  7. サッカーの攻撃、守備で重要なのは、常にゴールの位置を考えること
    2017年3月28日
  8. 失敗が怖いときは、やるべきことをシンプルにしてあげると緊張は小さくなる
    2017年3月27日
  9. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  10. 子どもが壁を乗り越える力を発揮するために親はどうあればいいのか
    2017年3月21日

一覧へ