1. サカイク
  2. 連載
  3. 中村憲剛の「KENGOアカデミー」
  4. 「攻撃のスイッチ」を入れられる選手とそうでない選手の違い

中村憲剛の「KENGOアカデミー」

「攻撃のスイッチ」を入れられる選手とそうでない選手の違い

2015年7月21日

キーワード:JリーグKENGOアカデミー中村憲剛川崎フロンターレ練習

中村憲剛選手が、これまでのサッカー人生で培ってきたサッカーがうまくなるヒントをお届けする「KENGOアカデミー」。第十回目となる今回は、攻撃のスイッチを入れるパスを出すために必要なことを教えます。
 
<< 前回 | 記事一覧 | 次回 >>
 
kengo10-4.JPG
 

■攻撃のスイッチを入れるとは?

「攻撃のスイッチ」この言葉を聞いたことはありますか?
 
攻撃のスイッチとは、これからゴールに向かっていくという合図のようなもの。1本のパスをきっかけにして、前線の選手が一気に動き出し、スピードアップしていくことです。川崎フロンターレでは、主に僕が「攻撃のスイッチ」を入れる役目を担っています。
 
攻撃のスイッチとなるのは、主に縦方向のパスです。このコラム『ドリブルしなくても相手を抜ける!?「駆け引きでDFを突破する方法」』でも説明しましたが、縦パスで攻撃のスイッチが入るのは、ディフェンスの視野と関係しています。
 
縦パスを通されると、ディフェンスの選手はボールの方を見ます。そうすると、ボールよりも手前側にいた選手は、自分がマークしている選手と、ボールを持っている選手を同じ視野に収めることが難しくなります。
 
「KENGO Academy~サッカーがうまくなる45のアイデア~」より
kengo10-3.JPG
 
この状態は、ボールだけを見ていることから「ボールウォッチャー」と呼ばれ、攻撃側にとってはチャンスになります。なぜなら、ディフェンスがボールを見ている間、味方の選手は自由に動き回れるので、攻撃を仕掛けやすくなるからです。
 
ただし、守る側も、縦パスが入ったら危ないということはわかっているので、縦パスを通されないように中央のコースを締めてきます。「攻撃のスイッチ」を入れるために出したパスをカットされて、カウンターを受けてしまうことも少なくありません。
 
縦パスはゴールにつながる確率もありますが、失点にもつながる諸刃の剣でもあるのです。
 
 

■パスコースは"最初からあるもの"じゃなくて"自分で作るもの"

同じように縦パスを出していても、味方の元にしっかり通る選手と、相手にカットされてしまう選手がいます。
 
この違いはどこにあると思いますか?
 
それはパスを出す前に相手をだませているかです。
 
ディフェンスの選手は、ボールを持っている選手を見て、さまざまな情報を得ます。ディフェンスが見ているのは、主にこの3つです。
 
・目線
・カラダの向き
・ボールを置いている位置
 
「攻撃のスイッチ」を入れるには、相手に“ウソの情報”を教えることが重要です。
 
例えば、僕が中盤の左寄りの位置でボールを持っているとします。前線へのパスコースには相手選手が立っています。僕だったら、右足の外側にボールを置いてから、チラッとサイドのスペースを見て、カラダをその方向に向けます。
 
kengo10-1.JPG
 
ディフェンスは「サイドを変えてくる(逆サイドにパスを出す)」と予想するので、そちら側にポジションを修正しようとします。1、2歩、距離にすれば数十センチぐらいかもしれませんが、それによって、わずかにパスコースができます。パスコースが空いた瞬間を狙って、素早く縦パスを入れます。
 
kengo10-2.JPG
 
相手に簡単にパスをカットされてしまう選手は、「目線」、「カラダの向き」、「ボールを置く位置」で相手をだますことを意識してください。最初は難しいかもしれませんが、慣れてくれば、パスを出すほうを見なくても出せるようになるはずです。
 
プロの世界ではこのような細かい駆け引きが常に行われています。常に「だまし合い」をしているようなイメージです。良いパスが通ったときは、どうして通ったのか、どんな駆け引きをしていたのか、そこにも注目してみてください。
 
<< 前回 | 記事一覧 | 次回 >>
 
【告知】
■KENGO Academy~サッカーがうまくなる45のアイデア~
中村憲剛が自身の選手経験の中で積み重ねてきた「サッカーがうまくなる45のアイデア」をひとつにまとめた教材ができました。全て本人出演・解説による本物の「技術」と「駆け引き」を学んでください。
kengodvd.JPG
・DISC1:ベーシックスキル編
・DISC2:ゲームメイク編
2枚組DVD、解説テキスト付き(A4、36ページ)
詳しくはこちら>>
 

中村憲剛が教える
「サッカーがうまくなる5つの秘訣」を配信中!

KENGO Academy

サッカー上達のコツを知りたいならKENGO Academyメルマガ(無料)に登録しよう!
今なら中村憲剛のメソッドをまとめた70ページにおよぶ特典PDFも無料プレゼント!

※メールアドレスを入力して「メルマガに登録する」ボタンをクリックしてください。

※このメール配信はいつでも簡単に解除することが可能です。

 
kengo.jpg
中村憲剛(なかむら・けんご)
1980年10月31日生まれ。東京都小平市出身。小学生時代に府ロクサッカークラブでサッカーを始め、都立久留米高校(現・東京都立東久留米総合高校)、中央大学を経て03年に川崎フロンターレ加入。06年10月、日本代表としてデビュー。国際Aマッチ68試合出場6得点(2015年2月現在)。05年から14年まで10年連続Jリーグ優秀選手賞を受賞。Jリーグベストイレブン5回選出。
1
構成:北健一郎 協力:ケンプランニング

関連記事

関連記事一覧へ

中村憲剛の「KENGOアカデミー」コンテンツ一覧へ(24件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 中村憲剛の「KENGOアカデミー」
  4. 「攻撃のスイッチ」を入れられる選手とそうでない選手の違い

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  2. 『遊び』を通してサッカーに必要なスキルを身につける!子どもが楽しんで取り組めるトレーニングまとめ
     
  3. 男子による女子への集団いじめをどうするか問題
    2017年2月15日
  4. 動画で解説!相手の攻撃を前進させないためにバルセロナの選手が行っていること
    2017年2月16日
  5. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  6. あなたが"つい"差し伸べた手が、子どもの成長を止めている
    2015年2月18日
  7. 動画で解説!なぜバルセロナの選手は、ボールを失ってもすぐに奪い返せるのか?
    2017年2月13日
  8. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  9. 「よのなか科」推進の藤原さんが大切と語る"縦"の親でも"横"の友達でもない、"ナナメの関係"がサッカー少年を成長させる
    2017年2月17日
  10. 【東京/福岡/広島/鹿児島/千葉/埼玉】足の速さに自信がつく『タニラダー講習会』
    2017年2月14日

一覧へ