1. サカイク
  2. 連載
  3. 中村憲剛の「KENGOアカデミー」
  4. サッカー選手は性格が悪い方がいい!?相手をだます術を身に付けよう

中村憲剛の「KENGOアカデミー」

サッカー選手は性格が悪い方がいい!?相手をだます術を身に付けよう

2015年7月13日

キーワード:JリーグKENGOアカデミー中村憲剛川崎フロンターレ練習

中村憲剛選手が、これまでのサッカー人生で培ってきたサッカーがうまくなるヒントをお届けする「KENGOアカデミー」。第九回目は相手との駆け引きで優位に立つためのテクニックを紹介します。
 
<< 前回 | 記事一覧 | 次回 >>
 
kengo9.JPG
 

■サッカー選手に必要なこと

僕はサッカーのうまい選手には共通点があると思っています。
 
それが「性格が悪い」こと。
 
ビックリしましたか(笑)? もちろん、みんなが憧れているあの選手が本当は性格が悪かった……という話ではありません。僕が言っているのは、あくまでもピッチの上での話。サッカー選手にとって「性格が悪い」は「駆け引きがうまい」という意味だからです。
 
サッカーは相手がいるスポーツ。自分がドリブルで抜きたいと思っていても、相手がそれを読んで止めてくれば不利になります。パスを出す方向があからさまにバレていたら、簡単にカットされてしまう。
 
そのために、ドリブルで仕掛けないフリをして一気にスピードアップしたり、ノールックでパスを出したりする。日常生活ではウソをついたり、相手をだましたりすることは「良くないこと」「やっちゃいけないこと」ですが、サッカーでは「良いこと」「やらなきゃいけないこと」になるんです。
 
だから、サッカーのうまい選手というのは、例外なく駆け引きをする力に優れています。小さい頃から駆け引きをすることを習慣にして、相手をだます術を身につけることは大事だと思っています。
 
特に、僕のようにカラダがそれほど強いわけではない、わかっていても止められないようなスピードがあるわけじゃない、そんな“普通の選手”にとって駆け引きができるかどうかは生命線です。むしろ、それができなければトップレベルでは戦っていけません。
 
だから、ピッチの上では「相手が嫌がることは何だろう?」と常に考え、どんどん性格が悪くなってほしいと思います(笑)。
 
 

■カードを使い分ける

僕は試合中、常に相手がどんな出方をしてくるかを観察しています。
 
例えば、前線の選手にクサビのパスを出した後、相手がボールを目で追っている間に、素早く裏をとってリターンをもらったプレーをしたとしましょう。当然、ディフェンスの選手には、「あそこで裏をとられた」という記憶が頭の中に残ります。
 
「KENGO Academy~サッカーがうまくなる45のアイデア~」より
kengo9-1.JPG
 
そのプレーがあった後、同じような状況があったとします。僕だったら、こんな風に考えます。相手は裏をとられたことを覚えているだろうから、パスを出した後に裏に走るプレーには最大限の警戒をしているはず。
 
ディフェンスの立場からすれば、1回やられたプレーを2回もやられるわけにはいかない。だから、僕が2、3歩ダッシュしただけで、「ヤバい! 裏をとられる」と感じて必死になって下がります。
 
kengo9-3.JPG
 
こうなったら僕の狙い通りです。裏に走るフリをした後、僕はピタッと止まります。相手はスペースを埋めるために下がっていますから、自分の周りにはマークがいません。2、3歩の移動だけで、余裕を持ってパスをもらえる状態を作り出せるんです。
 
kengo9-2.JPG
 
kengo9-4.JPG
 
僕はカードを使い分けるようなものだと思っています。「A」と「B」というカードがあって、最初に「A」を見せておいて、相手が「A」への対策を立ててきたら、今度は「B」というカードを出す。
 
駆け引きがうまい選手、つまりサッカーがうまい選手というのは、このカードをたくさん持っています。だから、激しくマークされてもボールを失わないし、「アイツは要注意」だとみんなわかっているのにゴールを決めることができます。
 
どんなに優れた武器を持っていても、1枚しかカードを持っていない選手、つまり一つしか選択肢がない選手はサッカーでは良いプレーはできません。何よりも、駆け引きの楽しさを覚えれば、サッカーがもっと楽しくなるはずです。
 
<< 前回 | 記事一覧 | 次回 >>
 
【告知】
■KENGO Academy~サッカーがうまくなる45のアイデア~
中村憲剛が自身の選手経験の中で積み重ねてきた「サッカーがうまくなる45のアイデア」をひとつにまとめた教材ができました。全て本人出演・解説による本物の「技術」と「駆け引き」を学んでください。
kengodvd.JPG
・DISC1:ベーシックスキル編
・DISC2:ゲームメイク編
2枚組DVD、解説テキスト付き(A4、36ページ)
詳しくはこちら>>
 

中村憲剛が教える
「サッカーがうまくなる5つの秘訣」を配信中!

KENGO Academy

サッカー上達のコツを知りたいならKENGO Academyメルマガ(無料)に登録しよう!
今なら中村憲剛のメソッドをまとめた70ページにおよぶ特典PDFも無料プレゼント!

※メールアドレスを入力して「メルマガに登録する」ボタンをクリックしてください。

※このメール配信はいつでも簡単に解除することが可能です。

 
kengo.jpg
中村憲剛(なかむら・けんご)
1980年10月31日生まれ。東京都小平市出身。小学生時代に府ロクサッカークラブでサッカーを始め、都立久留米高校(現・東京都立東久留米総合高校)、中央大学を経て03年に川崎フロンターレ加入。06年10月、日本代表としてデビュー。国際Aマッチ68試合出場6得点(2015年2月現在)。05年から14年まで10年連続Jリーグ優秀選手賞を受賞。Jリーグベストイレブン5回選出。
1
構成:北健一郎 協力:ケンプランニング

関連記事

関連記事一覧へ

中村憲剛の「KENGOアカデミー」コンテンツ一覧へ(24件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 中村憲剛の「KENGOアカデミー」
  4. サッカー選手は性格が悪い方がいい!?相手をだます術を身に付けよう

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  10. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日

一覧へ