1. サカイク
  2. 連載
  3. 中村憲剛の「KENGOアカデミー」
  4. ドリブルしなくても相手を抜ける!?「駆け引きでDFを突破する方法」

中村憲剛の「KENGOアカデミー」

ドリブルしなくても相手を抜ける!?「駆け引きでDFを突破する方法」

2015年7月 6日

キーワード:JリーグKENGOアカデミー中村憲剛川崎フロンターレ練習

中村憲剛選手が、これまでのサッカー人生で培ってきたサッカーがうまくなるヒントをお届けする「KENGOアカデミー」。第八回目は目の前の相手を、ドリブルを使わずに抜くための技術を教えます。
 
<< 前回 | 記事一覧 | 次回 >>
 
kengo8-8.jpg
 

■ドリブルじゃなくても相手は“抜ける”

今回はみなさんに質問したいことがあります。
 
「相手を抜く」と聞いて、どんなシーンがパッと思い浮かびますか?
 
華麗なフェイントで相手の逆を突くプレーでしょうか。
 
正解です。
 
スピードで豪快に相手をぶっちぎるプレーでしょうか。
 
これも正解です。
 
おそらく、ほとんどの子供たちがこの2つを思い浮かべたはず。子供だけじゃなく、大人でも「相手を抜く」といえば「ドリブル突破」を思い浮かべる人が大多数です。
 
そもそも、「相手を抜く」とはどういうことか、考えてみましょう。サッカーは相手のゴールに向かっていくスポーツです。相手選手がたくさんいたら、ゴールを決めるのは難しくなるから、「相手を抜く」という行為が必要になります。
 
ドリブル突破というのは、サッカーの「目的」であるゴールを奪うための一つの「手段」でしかありません。それ自体が「目的」ではない。だけど、子供のサッカーを見ていると、目の前の相手をドリブルで抜くことに一生懸命になっているシーンをよく見ます。まるでドリブルで抜くことが「目的」になっているかのように——。
 
決してドリブル突破を否定しているわけではありません。目の前の相手をテクニックやスピードではがすことは価値がある。でも、ドリブルじゃなくても相手をかわすことはできるんだよ、ということはみなさんに伝えたいと思います。
 

■サッカーでは「いつ」が大事

それが「ボールに触らずに抜くプレー」です。
 
ボールに触らずに相手をどうやって抜くのか。とてもシンプルです。「パス」と「フリーランニング」を組み合わせれば、フェイントをたくさん仕掛けなくても、スピードがなくても抜くことはできます。
 
具体的なシーンを出して説明しましょう。中盤でボールを持っています。自分の正面には相手の選手が立っていて、その奥には味方のFWがマークを背負った状態でいる。
 
「KENGO Academy~サッカーがうまくなる45のアイデア~」より
kengo8-1.jpg
 
自分の正面にいる選手を抜くために、僕だったらどうするか。
 
まず、味方のFWに縦パスを出します。いわゆる「クサビのパス」です。クサビのパスが入ったら、自分の正面にいる相手は、ボールが移動した方向に首を振ります。
 
kengo8-2.jpg
 
人間の視野というのは基本的に180度までしか見えません。自分の背後の状況を見るには首を振るしかない。後ろを見ているということは、前にいる自分のことは見えていません。このタイミングを利用するんです。
 
kengo8-4.jpg
 
首を振って、自分が視野から外れたとわかった瞬間、相手の背後のスペースに向かって動き出します。当然、相手は見えていないので、こちらの動きには気付かない。そして、相手の裏のスペースに入って、パスを出した味方FWからのリターンを受けます。
 
kengo8-5.jpg
 
僕がリターンパスを受けた時点で、相手は自分の背後にいます。つまり、相手を抜いている。僕はボールにたくさん触ってもいないし、スピードで振り切ったわけでもない。パスを出して、短い距離を走る。それだけで、相手を抜いたのです。
 
kengo8-6.jpg
 
大事なのは「いつ」です。
 
いつ動き出すか?
いつパスを出すのか?
いつスピードを上げるのか?
 
僕自身、試合中に何度もドリブルを仕掛ける選手ではありません。足が遅くて、フィジカルコンタクトが強い方ではない僕がドリブルを仕掛けても、成功する確率は高くないからです。だけど、相手を抜くことはできます。
 
それは「いつ」という部分に、徹底的にこだわっているからなのです。
 
<< 前回 | 記事一覧 | 次回 >>
 
【告知】
■KENGO Academy~サッカーがうまくなる45のアイデア~
中村憲剛が自身の選手経験の中で積み重ねてきた「サッカーがうまくなる45のアイデア」をひとつにまとめた教材ができました。全て本人出演・解説による本物の「技術」と「駆け引き」を学んでください。
kengodvd.JPG
・DISC1:ベーシックスキル編
・DISC2:ゲームメイク編
2枚組DVD、解説テキスト付き(A4、36ページ)
詳しくはこちら>>
 

中村憲剛が教える
「サッカーがうまくなる5つの秘訣」を配信中!

KENGO Academy

サッカー上達のコツを知りたいならKENGO Academyメルマガ(無料)に登録しよう!
今なら中村憲剛のメソッドをまとめた70ページにおよぶ特典PDFも無料プレゼント!

※メールアドレスを入力して「メルマガに登録する」ボタンをクリックしてください。

※このメール配信はいつでも簡単に解除することが可能です。

 
kengo.jpg
中村憲剛(なかむら・けんご)
1980年10月31日生まれ。東京都小平市出身。小学生時代に府ロクサッカークラブでサッカーを始め、都立久留米高校(現・東京都立東久留米総合高校)、中央大学を経て03年に川崎フロンターレ加入。06年10月、日本代表としてデビュー。国際Aマッチ68試合出場6得点(2015年2月現在)。05年から14年まで10年連続Jリーグ優秀選手賞を受賞。Jリーグベストイレブン5回選出。
1
構成:北健一郎 協力:ケンプランニング

関連記事

関連記事一覧へ

中村憲剛の「KENGOアカデミー」コンテンツ一覧へ(24件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 中村憲剛の「KENGOアカデミー」
  4. ドリブルしなくても相手を抜ける!?「駆け引きでDFを突破する方法」

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  3. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  4. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  5. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  6. 「褒める」も「叱る」も大事! 子どもの状態に応じて使い分けることが自立のサポートになる
    2017年8月 8日
  7. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  8. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  9. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  10. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日

一覧へ