1. サカイク
  2. 連載
  3. 中村憲剛の「KENGOアカデミー」
  4. カラダの小さい選手は必見!中村憲剛の「相手にぶつからない技術」

中村憲剛の「KENGOアカデミー」

カラダの小さい選手は必見!中村憲剛の「相手にぶつからない技術」

2015年6月22日

キーワード:JリーグKENGOアカデミー中村憲剛川崎フロンターレ練習

中村憲剛選手が、これまでのサッカー人生で培ってきたサッカーがうまくなるヒントをお届けする「KENGOアカデミー」。第六回目は大柄な選手に勝つための「ぶつからない技術」について話をしてもらいました。
 
<< 前回 | 記事一覧 | 次回 >>
 
6-1.jpg
 

■勝つためにはぶつからなければいい

ぶつかられたら、倒されてしまう——。
 
そんな悩みを抱えているサッカー少年・少女は多いと思います。人によって体格は違いますし、有利・不利はどうしてもあります。そういう僕も、フィジカルコンタクトにはずいぶんと悩んできました。
 
この連載でも何度か話していますが、僕は小学生まではスピードもあって、ドリブルで相手をかわしていくプレーを得意にしていました。でも中学生になったときに、周りの選手に身長で追い抜かれ、線も細かった僕は、厳しい現実を思い知らされます。
 
ボールを受けようとしても、ガツーンとぶつかられて吹き飛ばされてしまう。ドリブルで相手を抜いたと思っても、後からやってきた相手にカラダを入れられて奪われてしまう。自分の良さを全く出せなくなってしまったんです。
 
自分の方がうまいはずなのに——。
 
悔しくて、ショックで、僕は中学1年生の途中でサッカーを止めてしまったほどです。カラダの強さというのは先天的なものもあるので、線が細い選手がフィジカルモンスターになろうとしても限界がある。
 
じゃあ、線が細くて、身長が低い選手は、プロになれないのか? そんなことはありません。世界のサッカーを見ても、それほど大柄じゃなくても活躍している選手はたくさんいますよね。そこにヒントがあります。
 
大柄な選手に、小柄な選手が勝つためには何をすれば良いのでしょうか。答えは、とてもシンプル。
 
ぶつからなければいいんです。
 
とはいえ、ぶつかりたくないからといって、誰もいないところに逃げてボールをもらおうとする選手は、相手にとっては全く怖くありません。そんなところにいてもボールは回ってこない。大事なのは相手がたくさんいる中でも、ぶつからずにボールをもらえるようなることです。
 
6-5.jpg
 
 

■大柄な選手に勝つための3つのコツ

ぶつからないようにするには3つのコツがあります。
 
・相手の動きを見る
・相手の視野から消える
・パスの出し手を見る
 
「KENGO Academy~サッカーがうまくなる45のアイデア~」より
6-2.JPG
 
一つ目のコツは相手の動きを見ること。相手の近くで止まってボールを受けていると、すぐに相手のプレッシャーを受けてしまいます。だから、ボールをもらう前に自分の近くに相手がいないかを確認して、相手が見えたときは距離を作って、パスをもらうことを心掛けます。
 
ただし、何メートルも遠くに行く必要はありません。2、3メートル移動するだけでいい。それだけで、相手との距離ができるので、プレッシャーが来るまでの時間を稼ぐことができて、その間に余裕を持って考えることができます。
 
6-3.jpg
 
二つ目のコツは相手の視野から消えること。相手の視野から消える動きができれば、極端なことを言えば、相手との距離が1メートル以内でもパスを受けられるようになります。どういうことか説明したいと思います。
 
パスをもらおうとしている自分の近くに相手選手がいるとします。このとき、まともにパスをもらおうとすれば、ガツーンとぶつかられてしまう。でも、相手の背後に回って、いったん視野から消えてから、素早くボールを受ける動きをすれば、ぶつかられない距離で受けることができます。
 
6-4.jpg
 
三つ目のコツがパスの出し手を見ること。せっかく相手の視野から消えても、その動き出しに味方が気付いていなければ、パスが出てくるタイミングが遅れて、マークにつかまってしまう。だから、味方が顔を上げていて、パスを出せる状態になっているときに、動き出すようにしましょう。
 
とても奥が深いけれど、これができるようになれば、どんなに狭いスペースでも、どんなに大柄な相手がいても、ボールを受けられるようになるはずです。
 
フィジカルに優れた選手だったら、プレッシャーの厳しい場所でもガンガン身体をぶつけて受けられるだろうし、弾き飛ばしながらゴールに向かうこともできるかもしれません。でも、フィジカルに頼ってプレーしていると、自分より強い選手と当たったときに持ち味を出せなくなってしまう。
 
だから、「ぶつからない技術」は身体が小さい選手だけでなく、自分は身体が強いと思っている選手にとっても重要なものです。
 
<< 前回 | 記事一覧 | 次回 >>
 
【告知】
■KENGO Academy~サッカーがうまくなる45のアイデア~
中村憲剛が自身の選手経験の中で積み重ねてきた「サッカーがうまくなる45のアイデア」をひとつにまとめた教材ができました。全て本人出演・解説による本物の「技術」と「駆け引き」を学んでください。
kengodvd.JPG
・DISC1:ベーシックスキル編
・DISC2:ゲームメイク編
2枚組DVD、解説テキスト付き(A4、36ページ)
詳しくはこちら>>
 

中村憲剛が教える
「サッカーがうまくなる5つの秘訣」を配信中!

KENGO Academy

サッカー上達のコツを知りたいならKENGO Academyメルマガ(無料)に登録しよう!
今なら中村憲剛のメソッドをまとめた70ページにおよぶ特典PDFも無料プレゼント!

※メールアドレスを入力して「メルマガに登録する」ボタンをクリックしてください。

※このメール配信はいつでも簡単に解除することが可能です。

 
kengo.jpg
中村憲剛(なかむら・けんご)
1980年10月31日生まれ。東京都小平市出身。小学生時代に府ロクサッカークラブでサッカーを始め、都立久留米高校(現・東京都立東久留米総合高校)、中央大学を経て03年に川崎フロンターレ加入。06年10月、日本代表としてデビュー。国際Aマッチ68試合出場6得点(2015年2月現在)。05年から14年まで10年連続Jリーグ優秀選手賞を受賞。Jリーグベストイレブン5回選出。
1
構成:北健一郎 協力:ケンプランニング

関連記事

関連記事一覧へ

中村憲剛の「KENGOアカデミー」コンテンツ一覧へ(24件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 中村憲剛の「KENGOアカデミー」
  4. カラダの小さい選手は必見!中村憲剛の「相手にぶつからない技術」

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 熱心なあまり子どもたちにダメ出し、試合で指示する保護者をどうしたらいいか?
    2017年5月22日
  2. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  3. 厳しい父親と膝痛に苦しむ息子をどうすればいいの問題
    2017年5月24日
  4. 【動画1】大人は消える、失敗させる ― 池上正さんの「魔法のコーチング」を動画で紹介
    2017年5月23日
  5. 過去には中井卓大くんも参加! レアルのカンテラコーチに直接指導を受けられるチャレンジキャンプを開催
    2017年5月23日
  6. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  7. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日
  8. 「伸ばしたいから離れる」方法がわかる!子どもを伸ばす「魔法のコーチング」とは?
    2017年5月24日
  9. 自分で考えるサッカーを身につけさせるために参考にしたい記事5選
     
  10. 足の速さは遺伝がすべてじゃない! 子どもに教えたいサッカーで速く走るコツ
     

一覧へ