1. サカイク
  2. 連載
  3. 中村憲剛の「KENGOアカデミー」
  4. パスは味方へのメッセージ。いつも「強くて速いパス」が正解ではない

中村憲剛の「KENGOアカデミー」

パスは味方へのメッセージ。いつも「強くて速いパス」が正解ではない

2015年6月15日

キーワード:JリーグKENGOアカデミー中村憲剛川崎フロンターレ練習

中村憲剛選手が、これまでのサッカー人生で培ってきたサッカーがうまくなるヒントをお届けする「KENGOアカデミー」。第五回目は憲剛選手が得意とする「パスの駆け引き」について話をしてもらいました。
 
<< 前回 | 記事一覧 | 次回 >>
 
pass6.jpg
 

■味方のどちらの足に出すかを考える

現代サッカーは「パスゲーム」だと言われています。当たり前ですが、ドリブルだけでサッカーをすることはできません。ボールを持った選手がシュートばっかり狙っていては試合にならない。
 
サッカーの最大の目的である「ゴール」を決めるためには、パスをつないで、ドリブルを仕掛けやすい状況や、高い確率でシュートが決まる状況を作り出すことが重要になります。
 
では、しっかりとパスをつなぐためにはどんなことが大事になるでしょうか? 僕はパスに「メッセージ」をつけることだと思います。
 
サッカーの試合中にゆっくりと話したり、声をかけたりしている時間はありません。だからこそ、ボールを使って「しゃべる」ことが必要になるのです。
 
例えば、ボールを受けようとしている選手に対して、マークする相手が距離を空けているときは、「前を向いて仕掛けろ」というメッセージを込めて、ゴールに近い方の足を狙ったパスを出します。
 
逆に、相手が距離を詰めてきていて、しっかりとキープしたほうがいいと思った時は、相手から遠い方の足を狙ってパスを出します。このパスには「相手が来ているぞ」というメッセージが込められています。
 
メッセージをつけることによって、パスを受けた選手は相手が来ていないのにスピードを落としたり、相手が来ているのにドリブルを仕掛けたりするというミスがなくなるし、次に何をすればよいのか判断が早くなるので、プレーのテンポが上がります。
 
pass8.jpg
 

■弱くて遅いパスもうまく使う

パスへのメッセージの付け方は、どちらの足を狙って出すかだけではありません。ボールのスピードを変えることでも、メッセージは伝わります。
 
練習中や試合中、監督やコーチから「強くて速いパスを出せ!」と言われることはありませんか?
 
確かに、相手にカットされないように、強くて速いパスを出すことは大事です。僕自身もコンパクトなフォームから、強く速いパスを出すことを心掛けています。
 
でも、どんな場面でも強くて速いパスが“正解”になるわけではありません。シチュエーションによっては、むしろ弱くて遅いパスのほうが効果的な場合もあるのです。
 
中盤でボールを持っていて、前線の選手に縦パスを入れようとしている場面をイメージして下さい。前線の選手に対して、ピッタリとDFがマークしています。ここで、セオリー通りに強くて速いパスを出してしまうと、どうなるでしょうか。
 
「KENGO Academy~サッカーがうまくなる45のアイデア~」より
pass1.jpg
 
前線の選手は背後からボールを奪いに来ているDFのことを気にしながら、強くて速いパスをコントロールすることが求められます。そうなると、正確にボールを止めることが難しくなって、せっかくキープしていたボールを失ってしまうことになります。
 
僕がボールを持っている選手だったら、こういうときは「DFが後ろから来ているから、ワンタッチで返せ」というメッセージをつけて、わざと弱くて遅いパスを、DFから遠い方の足を狙って出します。
 
pass2.jpg
 
前線の選手からすれば、パススピードが遅い分、時間ができるので余裕を持ってプレーできますし、DFから遠い方の足に出すことでカットされるという心配もなくなります。また、相手DFが遅いパスに食いつくことで、その背後に攻撃のスペースを生み出すこともできます。
 
pass3.jpg
 
レベルの高いチームは、言葉でコミュニケーションをとっていないのに、まるで味方同士が会話をしているかのようにお互いの意図を汲み取ってプレーします。それは1本1本のパスにメッセージが込められているからなのです。
 
今度、もし僕の試合を見る機会があれば、それぞれのパスにどんなメッセージが込められているのか、ぜひ想像してみてください。
 
<< 前回 | 記事一覧 | 次回 >>
 
【告知】
■KENGO Academy~サッカーがうまくなる45のアイデア~
中村憲剛が自身の選手経験の中で積み重ねてきた「サッカーがうまくなる45のアイデア」をひとつにまとめた教材ができました。全て本人出演・解説による本物の「技術」と「駆け引き」を学んでください。
kengodvd.JPG
・DISC1:ベーシックスキル編
・DISC2:ゲームメイク編
2枚組DVD、解説テキスト付き(A4、36ページ)
詳しくはこちら>>
 

中村憲剛が教える
「サッカーがうまくなる5つの秘訣」を配信中!

KENGO Academy

サッカー上達のコツを知りたいならKENGO Academyメルマガ(無料)に登録しよう!
今なら中村憲剛のメソッドをまとめた70ページにおよぶ特典PDFも無料プレゼント!

※メールアドレスを入力して「メルマガに登録する」ボタンをクリックしてください。

※このメール配信はいつでも簡単に解除することが可能です。

 
kengo.jpg
中村憲剛(なかむら・けんご)
1980年10月31日生まれ。東京都小平市出身。小学生時代に府ロクサッカークラブでサッカーを始め、都立久留米高校(現・東京都立東久留米総合高校)、中央大学を経て03年に川崎フロンターレ加入。06年10月、日本代表としてデビュー。国際Aマッチ68試合出場6得点(2015年2月現在)。05年から14年まで10年連続Jリーグ優秀選手賞を受賞。Jリーグベストイレブン5回選出。
1
構成:北健一郎 協力:ケンプランニング

関連記事

関連記事一覧へ

中村憲剛の「KENGOアカデミー」コンテンツ一覧へ(24件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 中村憲剛の「KENGOアカデミー」
  4. パスは味方へのメッセージ。いつも「強くて速いパス」が正解ではない

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 熱心なあまり子どもたちにダメ出し、試合で指示する保護者をどうしたらいいか?
    2017年5月22日
  2. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  3. 子どもに「来ないで!」と言われないために......。知っておきたい応援の心得
     
  4. 「ディフェンスは腰を落とせ!」は間違いだった
    2014年5月20日
  5. 厳しい父親と膝痛に苦しむ息子をどうすればいいの問題
    2017年5月24日
  6. 【動画1】大人は消える、失敗させる ― 池上正さんの「魔法のコーチング」を動画で紹介
    2017年5月23日
  7. 足の速さは遺伝がすべてじゃない! 子どもに教えたいサッカーで速く走るコツ
     
  8. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  9. 過去には中井卓大くんも参加! レアルのカンテラコーチに直接指導を受けられるチャレンジキャンプを開催
    2017年5月23日
  10. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日

一覧へ