1. サカイク
  2. 連載
  3. U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2014特集
  4. 打倒バルサもあり得る!?タレント擁するセレッソ大阪U-12

U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2014特集

打倒バルサもあり得る!?タレント擁するセレッソ大阪U-12

2014年8月22日

キーワード:ジュニアサッカーワールドチャレンジセレッソ大阪全日本少年サッカー大会

今年は、前回大会優勝チームのバルセロナに加え、イタリアの強豪ACミランも参加します。バルセロナ、ACミランが来日するとなると、どうしてもこの2チームの注目したくなりますが、海外の強豪にも劣らない魅力的な選手達を揃えたチームが日本にもあります。それは、セレッソ大阪U-12です。
 
セレッソ大阪の育成機関は、日本代表FW柿谷曜一朗選手をはじめ、多くの優秀な選手を輩出していることで有名です。そのため、U-12にも高いポテンシャルを持つ選手が在籍しています。特に、今年のチームは魅力的な選手を取り揃えています。その証拠に、セレッソ大阪は、8月3日から9日にかけて行われた全日本少年サッカー大会で、初優勝を成し遂げています。しかも、選手の成長を重視し、ミスを覚悟でたくさんのチャレンジを促した上での優勝ですから、その価値は非常に大きなものです。そこで、今回はそんなセレッソ大阪の中でも特に注目して欲しい選手たちを紹介します。
 

■信頼高き守護神、上林豪

DSC_3747.jpg
 
セレッソ大阪の大谷武文監督は、成長をうながすために選手たちにチャレンジを求めます。先にも述べましたが、チャレンジを心がけるということは成功だけでなくミスが増えることも意味します。そのミスは、失点に直結することもあります。そんな味方のミスの多くを救ってくれるのが、守護神の上林選手です。
 
上林選手は、コーチング、セービング、飛び出しの状況判断、浮き球処理、ビルドアップ、どれも高水準でこなす小学生離れした非常に優れたGKです。特にコーチングに関しては、本人も「コーチングが自分の武器」と自信があるようです。また、「みんなが焦っていて流れが悪い状況なら、優しい口調にしたりとか、次に繋がるポジティブなことを言って、自分が流れを変えようと意識しています」と、勝利のために、工夫しながらチームを支えていることを明かしてくれました。上林選手がいるからこそ、フィールドの選手たちはミスを恐れず、思い切ったプレーができているのかもしれません。
 
 

■チームを支えるキャプテン、川上航立

DSC_3418.jpg
 
どのチームにもエースナンバーというものが存在していますが、セレッソ大阪の場合は、森島寛晃、香川真司、清武弘嗣、柿谷など、そうそうたるメンバーがつけていた8番がエースナンバーです。そのNo.8をU-12でつけているのが、キャプテンの川上選手です。左サイドでプレーする次世代のエース候補は、足下の技術がしっかりしているだけでなく、インテリジェンスも高い選手です。また、嗅覚も優れているため、こぼれ球を押し込んで点を決めたかと思えば、チームの危機を抜群のカバーリングで救うこともあります。
 
また、キャプテンを務めているだけあって、チームの精神的支柱としても欠かせない存在です。そんな川上について大谷監督は、「しんどい時こそ、チームを優先できる。川上がいないと、チームが成り立たない」と語るほどに、高く評価しています。そんな川上の責任感の強さを象徴するエピソードがあります。全国少年サッカー大会決勝、柏レイソル戦では、全後半でお互い1点ずつ取り合った後、延長戦に突入しましたが、勝敗は決まらず、試合の行方はPK戦にもつれ込みました。そのPK戦で、誰よりも先に、PKキッカーを務めることを川上選手は希望したそうです。試合後、川上選手はその理由に関して「まず自分が決めることで、チームを楽にしたい」と、明かしてくれました。この大人顔負けの責任感の強さは、川上選手の魅力の一つです。

1  2
取材・文・写真/内藤秀明

関連記事

関連記事一覧へ

U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2014特集コンテンツ一覧へ(14件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2014特集
  4. 打倒バルサもあり得る!?タレント擁するセレッソ大阪U-12

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  3. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  4. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  5. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  6. 「褒める」も「叱る」も大事! 子どもの状態に応じて使い分けることが自立のサポートになる
    2017年8月 8日
  7. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  8. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  9. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  10. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日

一覧へ