1. サカイク
  2. 連載
  3. JFAグラスルーツ推進部部長が行く!あなたの街のサッカーチーム訪問
  4. 熱心に指導することを勘違いしている!サッカーを楽しむために白岡市サッカー協会が取り組むこと

JFAグラスルーツ推進部部長が行く!あなたの街のサッカーチーム訪問

熱心に指導することを勘違いしている!サッカーを楽しむために白岡市サッカー協会が取り組むこと

2016年9月30日

キーワード:グラスルーツボランティア少年サッカー白岡市サッカー協会

SAKAIKU_banner-2.jpg
 
前回につづき、日本サッカー協会グラスルーツ推進部の松田薫二部長が、埼玉県は白岡市サッカー協会会長の秋月さんにお話を伺いました。話の内容は補欠ゼロから少子高齢化、サッカーの楽しさにまで展開。地域で起こっている問題、少年サッカー事情の一端も見えてきました。(取材・文 大塚一樹)
 
IMG_9575_ss.jpg
 
 
【今回訪問した白岡市サッカー協会は以下の賛同パートナーです】
partner_img_01.jpgpartner_img_02.jpg
 
<<そこに行けばサッカーができる場所を用意したい!白岡市サッカー協会の挑戦
 

■補欠ゼロの市協会主催の大会を実現したい!変化する環境の中で

松田「みんなPlayの部分はどうですか? 補欠ゼロとなるように、グラスルーツ推進では勝利至上主義ではなく、レベルに応じてみんなが試合に出られる環境づくりを啓発しています」
 
秋月「正直に言えばまだそこには手を付けられていません。少子化でこの地域のサッカーの在り方も少しずつ変わってきているんです。去年まで白岡市の4種は、ボランティアコーチが指導し所属する子どもたちの親がお手伝いして運営する、いわゆるスポーツ少年団がメインになっていました。それが今年になって少年団が減り、ひとつだけです。プロのサッカーコーチが運営するような、いわゆるクラブチームは4つあります。少年団はサッカー協会の管轄外ということもありますが、そういうのもみんな一緒にできるといいんですけどね」
 
松田「少年団の数が減ったというのは?」
 
秋月「少子化ですよね。団地造成で宅地や家はあるけど高齢化が進んでいます。子育て世代は実家から東京のほうに出るケースが多いんです。子どもの数は本当に減りましたよ。もう一つは忙しいお父さんお母さんがお手伝いに時間を割けなくなって、クラブチームに入れたいという希望が増えたことでしょうか。最大で8チームあったスポーツ少年団がいまは1チームになりましたから」
 
松田「試合環境はどうなんですか?」
 
秋月「4種は8人制で埼玉県の東部地区中ブロックとしてリーグ戦を行っています。リーグ戦でもみんなが試合に出て、『サッカーを楽しんでくれ』というのが私の本心ですが、まだ全体に向けてそういうアクションを起こすチャンスはありませんね」
 
松田「一番楽しいのは試合だと思うので、試合環境は大切ですよね」
 
秋月「リーグ戦の他にみんなが楽しめる、全員が出られる試合があればいい。補欠ゼロを掲げた協会の冠大会をやりたいです」
 
松田「それはぜひ実現してほしいですね」
 

■楽しくなければサッカーじゃない

秋月「勝利至上主義というか、補欠を生む土壌の根底にあるのは、熱心に指導する、子どもたちががんばるってことをみんな誤解していることだと思うんですよ。違うんだよね。サッカーっていうのは楽しみだからね。楽しむために練習をしてうまくなる」
 
松田「うまくなりたいからがんばるんですもんね」
 
秋月「監督が『何ぼやぼやしているんだ』と怒鳴ったりするのは間違いですよ。それでは楽しくないですよね。子どもたちも『ミスしたら怒られるからボールがこない方がいい』と思ってしまいます。優秀な選手ばかりが楽しむのがサッカーじゃありませんよね。優秀な選手なんて10年に1人いるかいないかです。じゃあその他の選手はどうするんだとなる。誰のためのサッカーなのかということは大切だと思います。
 
松田「楽しくなければ優秀な選手もやめてしまいますからね」
 
秋月「そうなんです。楽しませるサッカーがメインじゃないと10年に1人の選手も生まれないんです。だから白岡市サッカー協会のスローガンは『サッカー楽しい!』なんですよ。大会とか、集まる機会があるとみんなで叫ぶんです。『サッカー楽しい!』って」松田部長「子どもたちも一緒に叫ぶんですね」
 
秋月「この前、ある大会で今日はいいかなあと思ってスローガンを言わなかったんですね。そうしたら子どもたちの方から『今日は言わないんですか?』って言ってくれて、結局みんなで『サッカー楽しい!』って叫んで締めくくったんです。そういう風に浸透してくれると嬉しいなと思っているんです」
 
松田「サッカーが楽しいとか好きとかいう気持ちは、グラスルーツにとってとても大切なことですよね。それが一番大切かもしれません」
 
秋月「そこを基本に考えていけば問題は起きないと思うんです。良い選手を育てることも重要ですが、私はそこが協会のメインの仕事ではないと思っているんです。無理に意識付けをしなくても実際、サッカーって楽しいじゃないですか。私は有名な選手がプレーしているのを見るより、地元の子どもたちのサッカーを観ている方が楽しいんです。
 
松田「レベルが高いから面白いとかじゃなくて、サッカー自体が楽しい、面白いんでしょうね」
 
秋月さん「日本代表にしたって、点を取られるときは中学生がやるようなポカをやるわけです。こんなことを言ったら失礼なのかもしれませんけど、サッカーの本質自体はあまり変わらない。だからどのレベルのサッカーも面白いんです」
 
IMG_9565_ss.jpg
 

■できるだけ早く土台をつくって次世代にバトンを渡したい

松田「秋月さんが協会としてこういう活動に熱意を持たれているのもサッカーが楽しいからというわけですね」
 
秋月「そうなんですけど、じつは私は早く引退したいんですよ(笑)。会長になって、規約を見ると白岡市全体のサッカーを統括するとかそんなようなことが書いてあって、だからやらなきゃいけないんだと全体になるべく統一感を持ってできるようにしようと思ったんです。でも、もう75ですからね。土台を作ってできるだけ早く次の世代に席を譲りたいと思っています」
 
松田「まだお元気ですから頑張っていただいて。こういう協会の活動を広く知ってもらうことも推進部の役割のひとつだと思っているんです。これからも白岡市サッカー協会の活動に注目しています」
 

■松田部長の感想

秋月さんが実現させようと取り組まれていることのベースにあるのは、サッカーが楽しいということでした。子どもたちが何のためにがんばるのか?と言えば、サッカーが楽しいから、もっとうまくなりたいと思うからだというのは本当ですよね。楽しくなければ練習もしないし、辞めてしまう。秋月さんの情熱が地域に、そしてグラスルーツ推進・賛同パートナー制度を通じて全国に広がっていって欲しいと強く思いました。
 

あなたの身近にいるサッカー少年のために!JFAグラスルーツ推進・賛同パートナー制度に登録しよう!

partner_img_00_s.jpg

すぐに!だれでも!簡単に!パートナー制度申請フォームはこちら>>

 

■グラスルーツ推進・賛同パートナー制度ってなに?
この制度の目的はJFAが掲げる『JFAグラスルーツ宣言』に賛同し、共に行動していただける団体と仲間になることで、グラスルーツサッカーの環境改善を推進することです。本制度の賛同パートナーになってもらい、その活動の理念や内容が好事例として日本全国に広く伝わり、JFAと同様の考え方で進められている活動であるという理解が深まることを期待しています。また、さまざまな好事例を多くの方々と共有することで、全国により良い環境が広がるきっかけになればと思っています。ぜひ賛同パートナーとなり、グラスルーツサッカーの環境改善にご協力下さい。
 
■グラスルーツ推進・賛同パートナー制度に申請する2つのメリット
1.あなたの団体・チームの宣言・活動内容等がJFA.jpに掲載されます。
2.松田部長とサカイク編集部が取材に伺うかもしれません。
 
■3つのテーマ
partner_img_01.jpgpartner_img_02.jpgpartner_img_03.jpg
 
今回取材した白岡市サッカー協会は、『ずっとEnjoy!』『みんなPlay!』の賛同パートナーです。
 
■こんな活動をしていると認定してくれる
 
ttl_enjoy_s.jpg
学校卒業、就職、転勤等、人生の節目で「引退」して終わるのではなく、サッカーをやりたい人は、どこにいても気軽にサッカーが継続できるように、子どもからお年寄りまで、生涯にわたってサッカーやスポーツを楽しめる場づくりに取り組む団体(※)を認定します。
 
※指導方法や選手への意識づけという面だけでなく、実際に切れ目なく定期的・継続的にプレーする場を提供している、または今後提供を予定している団体
 
ttl_play_s.jpg
『補欠ゼロ』には、「上手い・下手関係なく、その人のレベルに応じて必ず試合を楽しめるようにしたい」という思いが込められています。レギュレーションによって全員が試合に出られないこともあります。しかし、その試合に出られなくても他の試合でしっかりと出られるようにする等、万年補欠でサッカーを終えることなく、みんなが心からサッカーを楽しむことができるように取り組む団体を認定します。
 
ttl_join_s.jpg
サッカーはみんなのもの。障がいを持つ人も安心してサッカーを楽しめるようになれば、豊かな社会の実現の一助となるでしょう。そのためには、多くの人達が障がいのことを理解し、どうすればみんなが楽しめようになれるかを考え行動することが必要です。「障がいの有る無しに関わらず、サッカーやスポーツを通じて、安心して個性が発揮できる場づくりに取り組む団体を認定します。
 
すぐに!だれでも!簡単に!パートナー制度申請フォームはこちら>>
 
1
取材・文 大塚一樹

関連記事

関連記事一覧へ

JFAグラスルーツ推進部部長が行く!あなたの街のサッカーチーム訪問コンテンツ一覧へ(18件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. JFAグラスルーツ推進部部長が行く!あなたの街のサッカーチーム訪問
  4. 熱心に指導することを勘違いしている!サッカーを楽しむために白岡市サッカー協会が取り組むこと

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. レベルがバラバラの子どもたちの練習をどうすればいいか? [池上正コーチングゼミ]
    2017年3月22日
  2. 負けん気が強いあまり暴言や暴力に及ぶ息子の問題
    2017年3月22日
  3. あなたの言動で変わる!いまどきの子どもの「やる気」の引き出しかた
    2017年3月24日
  4. 子どもが壁を乗り越える力を発揮するために親はどうあればいいのか
    2017年3月21日
  5. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  6. 元Jリーガー監督が語る「どこでも通用するのは"ボールを奪える選手"と"ボールを失わない選手"」
    2017年3月16日
  7. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  8. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  9. 失敗が怖いときは、やるべきことをシンプルにしてあげると緊張は小さくなる
    2017年3月27日
  10. 【PR】1対1が強くなる!と話題の「サッカー検定」をやってみた!(後編:検定の部)
    2017年3月21日

一覧へ