1. サカイク
  2. 連載
  3. JFAグラスルーツ推進部部長が行く!あなたの街のサッカーチーム訪問
  4. サッカー少年に補欠ゼロのリーグ戦を!上鷺宮SCがはじめた"あすなろリーグ"とは

JFAグラスルーツ推進部部長が行く!あなたの街のサッカーチーム訪問

サッカー少年に補欠ゼロのリーグ戦を!上鷺宮SCがはじめた"あすなろリーグ"とは

2016年7月25日

キーワード:JFAグラスルーツ推進・賛同パートナー制度上鷺ノ宮サッカークラブ松田薫二補欠ゼロJFA

partner_img_00_s.jpg
 
日本サッカー協会のグラスルーツ推進部松田薫二部長があなたの街のサッカーチームを訪問し、少年サッカーの課題解決に努めていく当連載。今回は、松田部長がついに街クラブのグラウンドへ! 松田部長が訪れたのは、JFAの『みんなPlay』の賛同パートナーに応募してくれた東京都中野区の『上鷺宮少年サッカークラブ』。
 
うまいか下手かは関係なく、レベルに応じて必ず試合を楽しめるようにしたい!“補欠ゼロ”を掲げる『みんなPlay』を独自に実践しているサッカーチームでした。(取材・文 大塚一樹)
 
IMG_8989_s.jpg
 
【今回訪問した上鷺ノ宮サッカークラブは以下の賛同パートナーです】
partner_img_01.jpgpartner_img_02.jpg
 

■一人ひとり、それぞれがサッカーで成長してほしい

「うまいとか下手とかよくわからないんですよね。下手ってどういうこと? って思います」
 
上鷺宮少年サッカークラブの監督を務める西村英次郎さんは、グラウンドで練習に励む子どもたちを見ながら、誰に言うでもなくこんなことをつぶやきます。
 
「技術的なことを言うなら、この時期は下手っていうのはあります。でも、だから練習するんだし、みんな変わっていくんですよ」
 
西村さんの言葉に、松田さんもうなずきます。
「そうですよね、こうやって楽しそうにプレーしている子どもたちを見ていると、うまいからとか、下手だからとかじゃなくて、サッカーを楽しくやって欲しい、続けて欲しいという気持ちが強くなります」
 
中野区立上鷺宮小学校と武蔵台小学校を主な活動場所にする上鷺宮少年サッカークラブ、通称KFCは今年で創立36年目、親子3代で所属するメンバーもいるという歴史あるクラブ。現在も代表を務める吉田豊さんが、サッカーを練習する場所がなく公園でプレーしていた地域の子どもたちのために立ち上げたクラブだそうです。KFCのOBには、Fリーガーで日本代表選出歴のある清水和也選手、女子U-17ワールドカップ代表候補になった安部藍里選手などのサッカー選手もいるが、他競技、他分野で活躍している先輩も数多くいます。
 
「サッカー選手になるのが目標ではなく、KFCでサッカーをしたことでそれぞれが何かを得て欲しい。だから、サッカー選手じゃなくても、がんばっている先輩は二重丸なんです」
 
西村さんは、「サッカーを通じて一人ひとりが成長すること」こそが、地域にKFCがある意味、存在理由だと言います。そのために欠かせないのが、サッカーでいろいろなことを経験すること。
 
IMG_8819_s.jpg
長年、上鷺ノ宮サッカークラブを運営してきた監督の西村英次郎さん
 
「特に試合に出るって大事なんですよ。練習も大切ですが、試合に出ることで選手が大きく変わるのを何度も見てきました」
 
今回の訪問のきっかけは、KFCが中心になって今年の4月から始めた、普段なかなか試合に出られない選手同士で行うリーグ戦、『あすなろリーグ』でした。西村さんは「みんな試合に出られたらもっとサッカーが楽しくなる、もっといろんな経験ができる」と、近隣の10クラブに声をかけてリーグ開催にこぎ着けたそうです。
 

■みんなが感じていたもどかしさを形に『あすなろリーグ』誕生

松田「あすなろリーグというのはどういう経緯で始めることになったんですか?」
 
西村「少年サッカーのリーグ戦化、いろいろなルール改正があって、現場としてもバタバタしていました。そんな中、昨年末だったかなぁ、地域の若手の指導者と意見交換する機会がありました。みんないろいろな思いを抱えていて、それを形にできないもどかしさも感じられたんです。そこで、『みんながプレーできるリーグ戦やるぞ。だから協力してくれ』となったわけです」
 
松田「いいですねぇ。あすなろリーグは通常のリーグ戦の他にやっている試合なんですね?」
 
IMG_8840_s.jpg
子どもたちのトレーニングを見つめる松田薫二部長。上鷺ノ宮サッカークラブの考え方に深く共感していた
 
西村「いわゆる“Bチーム”中心の試合です。この“Bチーム”という言い方にいろいろ思うところがある人もいると思うんですけど、大会に出られるチームには限りがあります。チームを二つに分けることで、試合に出られる。しかもレベルに合わせてプレーできるんですから、選手は楽しいですよ」
 
松田「選手のためのリーグ戦というわけですね」
 
西村「AとBで差別するなという声もありました。でも、分けることで試合に出られるならいいじゃない。これは区別ですよと説明していったんです」
 
コンセプトを説明し、なんとか形が見えてきたすべての選手が試合に出場するための『あすなろリーグ』誕生には、まだまだハードルが待ち構えていました。
 
西村「公式戦と並行して開催することになると、会場や引率の問題が出てきます。参加してくれるクラブからも『ぜひ参加したいが、連れて行く指導者がいない』『会場やスケジュールの調整が難しい』と言われました。指導者はたしかに足りない。でも、安全面さえ気をつければ保護者の方に引率だけお願いすればいいじゃない、子どもたちが来てプレーできれば面倒見るよと説得して回りました」
 
松田「公式戦にはルールがありますが、安全面にさえ配慮してもらえればそういう形もあっていい。子どもたちにとっては試合ができることの方が大きいですよね」
 
西村「そこは自主リーグですから柔軟にやれればと思っています。6年生が公式戦でも他の学年は、練習しているわけですよね? だったらそこでいろいろな学年で試合すればいいし、お互いに会場を融通し合いながらやればいい」
 
松田「協会も努力していきますが、こういう工夫は地域で現場を見ている人にしかできませんよね。あすなろリーグみたいな自由な発想でやってもらえると心強いです」
 
西村「“うまいから”“下手だから”“子どもにサッカーを教える”って言いますけど、大人ができることなんてたかがしれています。私は、『環境作りと責任を負うこと』。これが大人のできる最大のことだと思っています。それしかないんじゃないですかね」
 
この記事のつづきは7月28日(木)配信予定>>
 

あなたの身近にいるサッカー少年のために!JFAグラスルーツ推進・賛同パートナー制度に登録しよう!

partner_img_00_s.jpg

すぐに!だれでも!簡単に!パートナー制度申請フォームはこちら>>

 

■グラスルーツ推進・賛同パートナー制度ってなに?
この制度の目的はJFAが掲げる『JFAグラスルーツ宣言』に賛同し、共に行動していただける団体と仲間になることで、グラスルーツサッカーの環境改善を推進することです。本制度の賛同パートナーになってもらい、その活動の理念や内容が好事例として日本全国に広く伝わり、JFAと同様の考え方で進められている活動であるという理解が深まることを期待しています。また、さまざまな好事例を多くの方々と共有することで、全国により良い環境が広がるきっかけになればと思っています。ぜひ賛同パートナーとなり、グラスルーツサッカーの環境改善にご協力下さい。
 
■グラスルーツ推進・賛同パートナー制度に申請する2つのメリット
1.あなたの団体・チームの宣言・活動内容等がJFA.jpに掲載されます。
2.松田部長とサカイク編集部が取材に伺うかもしれません。
 
■3つのテーマ
partner_img_01.jpgpartner_img_02.jpgpartner_img_03.jpg
 
今回取材した上鷺宮SCは、『ずっとEnjoy!』『みんなPlay!』の賛同パートナーです。
 
■こんな活動をしていると認定してくれる
 
ttl_enjoy_s.jpg
学校卒業、就職、転勤等、人生の節目で「引退」して終わるのではなく、サッカーをやりたい人は、どこにいても気軽にサッカーが継続できるように、子どもからお年寄りまで、生涯にわたってサッカーやスポーツを楽しめる場づくりに取り組む団体(※)を認定します。
 
※指導方法や選手への意識づけという面だけでなく、実際に切れ目なく定期的・継続的にプレーする場を提供している、または今後提供を予定している団体
 
ttl_play_s.jpg
『補欠ゼロ』には、「上手い・下手関係なく、その人のレベルに応じて必ず試合を楽しめるようにしたい」という思いが込められています。レギュレーションによって全員が試合に出られないこともあります。しかし、その試合に出られなくても他の試合でしっかりと出られるようにする等、万年補欠でサッカーを終えることなく、みんなが心からサッカーを楽しむことができるように取り組む団体を認定します。
 
ttl_join_s.jpg
サッカーはみんなのもの。障がいを持つ人も安心してサッカーを楽しめるようになれば、豊かな社会の実現の一助となるでしょう。そのためには、多くの人達が障がいのことを理解し、どうすればみんなが楽しめようになれるかを考え行動することが必要です。「障がいの有る無しに関わらず、サッカーやスポーツを通じて、安心して個性が発揮できる場づくりに取り組む団体を認定します。
 
すぐに!だれでも!簡単に!パートナー制度申請フォームはこちら>>
 
1
取材・文 大塚一樹

関連記事

関連記事一覧へ

JFAグラスルーツ推進部部長が行く!あなたの街のサッカーチーム訪問コンテンツ一覧へ(18件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. JFAグラスルーツ推進部部長が行く!あなたの街のサッカーチーム訪問
  4. サッカー少年に補欠ゼロのリーグ戦を!上鷺宮SCがはじめた"あすなろリーグ"とは

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. レベルがバラバラの子どもたちの練習をどうすればいいか? [池上正コーチングゼミ]
    2017年3月22日
  2. 負けん気が強いあまり暴言や暴力に及ぶ息子の問題
    2017年3月22日
  3. あなたの言動で変わる!いまどきの子どもの「やる気」の引き出しかた
    2017年3月24日
  4. 子どもが壁を乗り越える力を発揮するために親はどうあればいいのか
    2017年3月21日
  5. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  6. 元Jリーガー監督が語る「どこでも通用するのは"ボールを奪える選手"と"ボールを失わない選手"」
    2017年3月16日
  7. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  8. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  9. 失敗が怖いときは、やるべきことをシンプルにしてあげると緊張は小さくなる
    2017年3月27日
  10. 【PR】1対1が強くなる!と話題の「サッカー検定」をやってみた!(後編:検定の部)
    2017年3月21日

一覧へ