1. サカイク
  2. 連載
  3. JFAグラスルーツ推進部部長が行く!あなたの街のサッカーチーム訪問

連載

JFAグラスルーツ推進部部長が行く!あなたの街のサッカーチーム訪問

全 16 記事

「障がい者を教えることは、健常者を教えるうえでも役に立つ」障がいを特別扱いしないサッカーコーチの言葉
「障がい者を教えることは、健常者を教えるうえでも役に立つ」障がいを特別扱いし...
2017年1月27日
北海道・石狩市を中心に活動するシーガルサッカークラブを、日本サッカー協会グラスルーツ推進部の松田薫二部長が訪れたのには理由があります。松田部長は日本障がい者サッカー連盟の専務理事も...続きを読む
とあるコーチが少年サッカーチームにハンディキャップ部門をつくった理由
とあるコーチが少年サッカーチームにハンディキャップ部門をつくった理由
2017年1月25日
全国の少年サッカーチームの中には、特段強いわけではなくとも、子どもの成長や地域貢献にとても役立つ活動をしているチームがあります。 今回、日本サッカー協会(JFA)グラスルーツ推進部...続きを読む
「ここにいなさい!」子どもたちの居場所づくりのために
「ここにいなさい!」子どもたちの居場所づくりのために
2016年12月27日
山形県米沢市のフットサルクラブ、プチユナイテッドアスリートクラブを日本サッカー協会(JFA)、グラスルーツ推進部松田薫二部長が訪ねた連載の2回目は、特定非営利活動法人(NPO)とし...続きを読む
フットサルは年齢も性別も関係なく、とにかく楽しめるのが良いところ
フットサルは年齢も性別も関係なく、とにかく楽しめるのが良いところ
2016年12月26日
まだ見ぬグラスルーツの原風景を求めて日本サッカー協会(JFA)、グラスルーツ推進部の松田薫二部長が全国を訪ね歩くこの連載。今回、松田部長が降り立ったのは、雪がちらつく山形県。訪ねた...続きを読む
サッカーは楽しくなければいけないし、みんながプレーできるのが理想
サッカーは楽しくなければいけないし、みんながプレーできるのが理想
2016年11月17日
福岡県春日市、春日イーグルスを訪れた日本サッカー協会、グラスルーツ推進部松田薫二部長。総合スポーツクラブとして歴史を重ね、地域に根付いてきたイーグルスの魅力のひとつは、試合の勝敗や...続きを読む
「大会でいい成績を収めるより、子どもにとって楽しい居場所に」スポーツクラブのあるべき姿とは
「大会でいい成績を収めるより、子どもにとって楽しい居場所に」スポーツクラブの...
2016年11月15日
日本サッカー協会、グラスルーツ推進部松田薫二部長がやってきたのは福岡県春日市。今回訪ねたのは「幼児から高齢者まで、身近に気軽に楽しめるスポーツクラブ」を掲げ、30年以上の歴史を持つ...続きを読む
「100回失敗してみよう!」子どもがサッカーを心から楽しむための合言葉
「100回失敗してみよう!」子どもがサッカーを心から楽しむための合言葉
2016年10月25日
"誰でもJoin"を体現している茨城県ひたちなか市を拠点にしているバンクル茨城ダイバーシティフットボールクラブを訪れた松田薫二部長(日本サッカー協会グラスルーツ推進部)。数時間の練...続きを読む
減点方式ではなく加点方式が子どもの可能性を引き出す
減点方式ではなく加点方式が子どもの可能性を引き出す
2016年10月19日
あなたの街のクラブをグラスルーツ推進部松田薫二部長が訪ねるサカイクと日本サッカー協会(JFA)のコラボ企画。 今回のテーマは"誰でもJoin♪"。JFAのグラスルーツ推進・賛同パー...続きを読む
熱心に指導することを勘違いしている!サッカーを楽しむために白岡市サッカー協会が取り組むこと
熱心に指導することを勘違いしている!サッカーを楽しむために白岡市サッカー協会...
2016年9月30日
前回につづき、日本サッカー協会グラスルーツ推進部の松田薫二部長が、埼玉県は白岡市サッカー協会会長の秋月さんにお話を伺いました。話の内容は補欠ゼロから少子高齢化、サッカーの楽しさにま...続きを読む
そこに行けばサッカーができる場所を用意したい!白岡市サッカー協会の挑戦
そこに行けばサッカーができる場所を用意したい!白岡市サッカー協会の挑戦
2016年9月29日
日本サッカー協会、グラスルーツ推進部松田薫二部長があなたの街のサッカーチームを訪問し、少年サッカーの課題解決に努めていく当連載。今回、松田部長が訪ねたのは埼玉県白岡市。きっかけは白...続きを読む
ゆるくやるのがいいんです!あざみ野キッカーズが心掛けるサッカーを楽しむコツとは
ゆるくやるのがいいんです!あざみ野キッカーズが心掛けるサッカーを楽しむコツと...
2016年9月 9日
そもそもグラスルーツってなに? 日本サッカー協会の打ち出したグラスルーツ宣言の三本柱の一つ、「ずっとEnjoy? 引退なし」の賛同パートナーとなった、神奈川県横浜市のあざみ野キッカ...続きを読む
現役バリバリ71歳!あざみ野キッカーズの國方徳二さんが実践する"ずっとEnjoy"の精神
現役バリバリ71歳!あざみ野キッカーズの國方徳二さんが実践する"ずっとEnj...
2016年9月 6日
そもそもグラスルーツってなに? 老若男女を問わずに楽しめる――。 スポーツの魅力を語るときにしばしば用いられる常套句ですが、特に団体スポーツに関しては、これが実践できていているかと...続きを読む
「子どもが成長するために必要なのは練習よりも試合」上鷺ノ宮少年サッカークラブが"あすなろリーグ"をはじめた理由
「子どもが成長するために必要なのは練習よりも試合」上鷺ノ宮少年サッカークラブ...
2016年7月28日
日本サッカー協会のグラスルーツ推進部、松田薫二部長があなたの街のサッカーチームを訪問し、少年サッカーの課題解決に努めていく当連載。前回は上鷺ノ宮少年サッカークラブ(KFC)が&ld...続きを読む
サッカー少年に補欠ゼロのリーグ戦を!上鷺宮SCがはじめた"あすなろリーグ"とは
サッカー少年に補欠ゼロのリーグ戦を!上鷺宮SCがはじめた"あすなろリーグ"と...
2016年7月25日
日本サッカー協会のグラスルーツ推進部松田薫二部長があなたの街のサッカーチームを訪問し、少年サッカーの課題解決に努めていく当連載。今回は、松田部長がついに街クラブのグラウンドへ! 松...続きを読む
Jクラブも地域の少年団も関係ない!だれもが楽しくサッカーをつづけられる環境を増やしたい
Jクラブも地域の少年団も関係ない!だれもが楽しくサッカーをつづけられる環境を...
2016年7月 7日
2014年に日本サッカー協会(JFA)はJFAグラスルーツ宣言を高らかに打ち出しました。その実践部門と言うべきグラスルーツ推進部は、チーム単位でも参加できる新たなパートナーシップ制...続きを読む
なぜ、うまい子しかサッカーをつづけられないの? だれもがサッカーを楽しくつづけるために、わたしたち大人にできること
なぜ、うまい子しかサッカーをつづけられないの? だれもがサッカーを楽しくつづ...
2016年6月13日
「なぜ、うちの子は遠くまで遠征にいって試合に出られないの?」「なぜ、サッカーが上手くない子はサッカーが続けられないの?」 サッカー少年を子に持つお父さんお母さんの中には、きっとこん...続きを読む

全 16 記事

  1. サカイク
  2. 連載
  3. JFAグラスルーツ推進部部長が行く!あなたの街のサッカーチーム訪問

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 『遊び』を通してサッカーに必要なスキルを身につける!子どもが楽しんで取り組めるトレーニングまとめ
     
  2. いつものダッシュに"ひと工夫"で「とっさの判断力」を鍛える~アスリート版シナプソロジー~
    2017年2月23日
  3. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  4. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  5. 子どもが心からサッカーを楽しむためには、まず親自身が心を「良い状態」にすることが大事
    2017年2月24日
  6. FCバルセロナの下部組織&サッカーサービスのスペイン人コーチに学ぶ「13歳までに身につけたい守備戦術」など
     
  7. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  8. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  9. 親子でサッカーを楽しむ!会話が弾むDVD活用術&自宅でできる簡単トレーニングまとめ
     
  10. サッカーの基本となる5種類のキック
    2012年3月27日

一覧へ