1. サカイク
  2. 連載
  3. 子どもがみるみる伸びる フィンランド式キッズスキル
  4. スキルに名前をつけよう フィンランド式15のステップで問題解決

子どもがみるみる伸びる フィンランド式キッズスキル

スキルに名前をつけよう フィンランド式15のステップで問題解決

2013年12月26日

キーワード:育成

連載方式でフィンランド式キッズスキルをご紹介しています。3回目の今日はステップの4~11までをご紹介します。ここまで進めばキッズスキルの全貌が見えてきます。フィンランドが教育大国として注目を集めているのは、単にテストの結果がいい高学力というだけでなく、学力差がほとんどない、落ちこぼれを作らない仕組みが徹底されているからです。どんな方法論やアプローチで子どもたちの学ぶ意欲を引き出しているのでしょう? 今日もサッカーの事例を交えてご紹介してきましょう。
 
<< PREV | 記事一覧 | NEXT  >>
 
130731_0777_600.jpg
 

■子どもの視点で楽しみながら学ぶ

「子どもたちは楽しいと感じることはすぐに取り組めるはずです。保護者の方もお子さんと同じ視点に立って、楽しみながら取り組んでみてください」
 
 日本で唯一フィンランド式キッズスキルを広めるプログラムを提供しているランスタッド株式会社EAP総研の川西由美子所長は、キッズスキルへの取り組み方についてこう話します。
「楽しみながらできる仕組みが用意されているのもキッズスキルのいいところです」同じく、キッズスキルアンバサダーの資格を持つ、EAP総研の山越薫さんもこう続けます。
 
 まずは、フィンランド式キッズスキルの15のステップをおさらいしましょう。
 
   ステップ1  問題をスキルに変換する
    ステップ2  学習するスキルを決める
    ステップ3  スキルを学ぶことの利点を探る
    ステップ4  スキルに名前をつける
    ステップ5  味方になってくれるヒーローを選ぶ
    ステップ6  サポーターを募る
    ステップ7  自信をつける
    ステップ8  お祝い会を企画する
    ステップ9  スキルを明確にする
    ステップ10 学んでいるスキルを公表する
    ステップ11 スキルを練習する
    ステップ12 リマインダーを作る
    ステップ13 お祝い会を開く
    ステップ14 スキルを他の人に伝える
    ステップ15 新しいスキルを決める
 
 前回はステップ3「スキルを学ぶことの利点について学ぶ」までをご紹介しました。さて、次のステップはどんな項目なのでしょう?
「スキルを決めるときに子どもたちとしっかり話し合って『こうありたい』という理想をイメージしました。ステップ4からはそれをさらに具体化していく段階になります」
 
130731_0825_600.jpg
 

■スキルの名前は「ロナウド!」子どもとイメージを共有する

 川西さんは、ステップ4の自分の獲得したい「スキルに名前をつける」ということ自体が、ぼんやりとしていたイメージを具体的にしてくれるスイッチになると言います。
 
「サッカーを楽しくやる」ためにドリブルの技術が必要! 親子で話し合った結果、学習したいスキルに一番サッカーらしい「ドリブルの技の習得」というスキルを選んだとします。このスキルにたとえばクリスチャーノ・ロナウドからとった「ロナウド」という名前を付けてみるのです。こうすることで、まずは親子の間で「ロナウド」という言葉が特別な意味を持つようになります。
 
「ドリブル練習」では味気ないし、具体的なイメージが湧きません。しかし、「ロナウド」と一言声に出せば、子どもたちには明確なイメージが浮かび、それをお父さん、お母さんも共有できるようになるのです。
 
「親子の間でも、信頼関係は大切です。日常生活でのこうした共感と対話が信頼関係を生むのです」
 
 川西さんは、名前のつけ方も自由に、親子で話し合いながら一緒に考えて、最終的には子どもたちに任せるのがポイントだと言います。
「子どもは自分で決めた名前に愛着を持つものです。名前を決めるときは、否定したりせず、すべてを肯定的に受け入れてあげてください」
 こうした小さな積み重ねで子どもたちは自信を身につけていくのだそうです。
 
130731_0797_600.jpg
 

■お父さん、お母さん、ヒーロー、サポーター 周囲の人たちを巻き込んで学習する

ステップ5はスキルを学ぶ際に自分を助けてくれるヒーローを選ぶというステップです。好きなサッカー選手やマンガのヒーロー、動物など子どもがヒーローと思う人物やモノならどんなものでも構いません。子どもたちは想像力をフル稼働して自分のヒーローを探すはずです。
 
「ありたい自分」の憧れのヒーローは、○○だったらこうするはず! ○○ならこんなことはしない! というように子どもたち自身が自分で正しい行動をするようになるきっかけや示唆を与えてくれる存在です。
 
 ステップ6ではヒーローよりもさらに身近なサポート役を探します。「サポーター」というのはサッカーと馴染みがいい言葉ですよね。おじいちゃん、おばあちゃんや、サッカーのチームのコーチ、学校の先生、友だち、周りにいる身近な人たちにスキルを学ぶための応援をお願いするのです。このとき、子ども自身がお願いすることで、自分が学ぶスキルで何をすべきかを再認識でき、スキル学習への意欲をより高まるのだそうです。
 
 スキルを習得する際に一番必要なのが、子どもたちが「自分にはできる」と信じられる自信を手に入れることです。ステップ7の「自信をつける」スキル習得の成否を左右する大きなステップになります。川西さんは「サッカーの選手がよくつけている、サッカーノートは、このステップの大きな助けになるのでは?」と言います。
 
 練習したことを記録するサッカーノートで自分の積み重ねた努力を明示化して、自信を深める。それを見た親が到達度を測りながらしっかり褒めてあげる。そして自分の気持ちを書く欄に悩みやヒーロー、サポーターに助けて欲しいことを書き出す。こんな風な使い方ができれば、スキルの習得がさらにスムーズになるというのです。
 
 ステップ8の「お祝い会の企画」はステップ13のお祝い会のための準備です。スキルを習得する前に子ども自身にどんなお祝いをしたいのか、細かいところまで計画を立てましょう。この際に「これができたらあれを買ってあげる」など、ご褒美やプレゼントで釣るのは絶対NG。このお祝い会はその子がスキルを習得したことのお祝いというよりは、子どもたちは支えてくれた両親やサポーターにお礼を言い、周りのサポーターは頑張った子どもを褒めてあげるというのが主旨なのです。
 
 未来の楽しみを計画することは子どもたちの創造力を引き出すスキルにもつながり、キッズスキル達成のイメージを湧かせる手伝いもしてくれます。
 
130731_0863_600.jpg
 

■あくまでも子ども主体! 計画はできるだけ具体的に

 ステップ9,10はスキルを具体化していく準備です。
 
「保護者の方はついつい試合の勝ち負けやボールに何回触った、シュートを何回打ったという目に見える成果を求めがちですが、子どもにとっては『こんな感じだった』『こういう風に身体が動いた』というボディイメージの方が強いものです。やはりここでも子ども感覚を大切にしましょう」
 ステップ9「スキルを明確にする」ステップでは、子どもたちが感じたことを手がかりに、
 
・いつやるか(どのくらいやるか)
・どこでやるか(家、学校)
・だれがチェックするか(保護者、サポーター)
・どのようにやるか ・どのように評価するか
 
を細かく決めていきます。そして、学んでいるスキルをできるだけオープンに周りの人に伝えていくのです。こうすることで、いまはできないことでも絶対にできるようになる! と子どもたちが強い決意を持つことができます。
 
 ステップ11ではいよいよ「スキルの練習」に入ります。ステップ9で決めた細かい手順に従って、練習を始めるのです。まずは簡単にできることからスタートしてそれが習慣になるになるまで続ける。保護者の方は子どもたちが「できるようになった」ときはどんな小さなことでも、そのタイミングを逃さず、何がどのようにいつできるようになったか細部まで伝えて、褒めてあげることを忘れないでください。
 
 次回はいよいよ最終回。ステップ12~15でキッズスキルの総仕上げを行います。
 
 
<< PREV | 記事一覧 | NEXT  >>
 
 
 
kawanishi_200.jpg
川西由美子
キッズスキルアンバサダー、リチーミングコーチ。フィンランド式キッズスキルを広める日本で唯一のトレーニング機関であるランスタッド株式会社EAP総研の所長を務める。自身も数多くのアスリート、企業所属のスポーツチームをサポートした経験を持つ。
 
Kaoru-Yamakoshi_200.jpg
山越薫
キッズスキルアンバサダー、リチーミングコーチ、医療コンシュルジュ、メディカルアシスタントとして基礎心理学の分野からキッズスキルにアプローチする。EAP総研Behavioral Healthコンサルタント。
 
ben.jpg
ベン・ファーマン
フィンランドの精神科医。ヘルシンキ・ブリーフセラピー・インスティテュート(フィンランドが国家レベルで認定しているサイコセラピスト=精神療法家のトレーニング機関)代表。キッズスキルの著者であり、キッズスキルプログラムの開発者。同じく開発に携わった問題解決、チーム再構築プログラム「リチーミング」は多くの世界的企業で研修や人材育成に活用されている。
 
1
取材・文/大塚一樹 写真/新井賢一(第37回全日本少年サッカー大会決勝大会より)

関連記事

関連記事一覧へ

子どもがみるみる伸びる フィンランド式キッズスキルコンテンツ一覧へ(4件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 子どもがみるみる伸びる フィンランド式キッズスキル
  4. スキルに名前をつけよう フィンランド式15のステップで問題解決

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 押し出すインサイドキックはNG?長い距離でも減速しない正確で速いパスの蹴り方
    2016年11月28日
  2. 意外と知らない!メッシやクリロナのように速くドリブルをする3つのコツ
    2016年11月25日
  3. 『リスペクト宣言』って知ってる⁉ 公式戦で大声や怒声を響かせるのは、もう止めよう
    2016年11月30日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 中澤佑二選手に聞く、周りに差をつけた食事へのこだわりとは?
    2016年11月29日
  6. みんなドン引き。怒鳴るコーチどうするんだ問題
    2016年11月24日
  7. サッカー少年を伸ばす親はなにが優れているのかがわかる記事7選
     
  8. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  9. ジャージorピステ 寒い日に用意したいのはどっち!?
    2011年10月16日
  10. 知らないと損!子どもの「悪い姿勢」がプレーのスピードを遅らせている
    2016年11月21日

一覧へ