1. サカイク
  2. 連載
  3. 夏休みはサッカーで自由研究!
  4. サッカーへの熱意が勉強に繋がる!この夏おすすめの自由研究とは

夏休みはサッカーで自由研究!

サッカーへの熱意が勉強に繋がる!この夏おすすめの自由研究とは

2015年7月22日

キーワード:世界図鑑勉強夏休み自由研究

いつの時代も子どもたちの一番の天敵は"勉強"です。「せっかくの夏休みに勉強なんかしたくない」と思っている子どもは少なくないでしょう。思う存分友達と遊び、旅行に行き、ゲームをし、サッカーをする。手を付けていない自由研究をいつまでも放ったらかしにした結果、最終日に苦労するハメになるというのはよくある話です。そこで今回は、サッカー少年におすすめの勉強法をお教えします。
 
 記事一覧 | 次回 >>
 

■なぜ、スポーツに熱中し勉強は嫌がるのか

そもそもなぜ、子どもたちは勉強をいやがる一方で、遊びやスポーツには熱中するのでしょう? 日が暮れるまで飽きることなく校庭を走り回ったり、ゲームでレベルを上げてボスを倒すことに途方もない時間を費やしたり、多少の怪我なんかお構いなく泥だらけになってボールを追いかけたりするのはなぜなのでしょう?
 
sekaizukan20150722_03.JPG
 
答えはいたって簡単。それは"面白い"からです。子どもたちは、友達と協力して遊ぶことの楽しさや、ゲームでボスに勝ったときの達成感、シュートが決まったときの爽快感を知っているのです。そして"面白い"ことは続けたくなるモノ。だから子どもたちは"面白くない"勉強を後回しにして、"面白い"遊びやスポーツに熱中するのです。それは裏を返せば、勉強がゲームやスポーツのように面白ければ(一度面白いと思ってしまえば)、子どもたちはゲームやスポーツに熱中するように、自発的に勉強を楽しむようになるのではないでしょうか。
 

■昨日まで面白くなかったものを好きにさせる方法

しかし、昨日まで面白くなかったモノが、次の日に突然面白くなっているなんてことはありません。そしてその感覚はわれわれ大人が無理やり植えつけられるモノでもありません。「勉強って面白いかも」と子どもたち自身が思えるようなキッカケを作ることが必要なのです。では、何がキッカケとなるのでしょうか?
 
子どもたちがいま現在熱中している"何か"。その"何か"に対する「楽しい」、「好きだ」という感情を少し拝借してしまいましょう。子どもたちにとっての一番の先生は「好き」であることなのですから。例えばそれはサッカーです。「サッカーが好き」、「サッカーのことをもっと知りたい」という思いをキッカケにすれば、勉強は"面白くない"モノではなくなるはずです。
 
「レアル・マドリードとバルセロナの対戦があんなに白熱するのはなぜ?」
「日本人選手と違って、ブラジル人選手がさまざまな肌の色をしているのはどうして?」
「どうしてイングランドは国じゃないのにW杯に出場できるの?」
 
そんなサッカーの"なぜ"の答えはその国の文化や社会に隠れています。「サッカーが好き」をキッカケに、サッカーについて調べていたら、いつの間にかその背景にある国の地理や歴史が見えてきます。 サッカーをプレーしていて、メッシを知らない子どもはいないと思います。メッシがアルゼンチンの出身で、普段はスペインのバルセロナでプレーしているということもほとんどの子どもが知っているでしょう。でも、メッシがイタリア人の血を引いているということを知っている子どもはどれだけいるでしょうか?
 

■メッシの祖先はイタリア人? その好奇心を勉強にも活用しよう

この事について調べてみると、現在アルゼンチンに住む人びとの多くは、パンパという豊かな大地を求めて、かつて欧州から移り住んだ移民の子孫だということが分かります。同じことを社会の授業の中で扱えば、きっと子どもたちはあくびをしながら眠たそうに話を聞いているでしょう。しかし、これをメッシの話として扱えば、子どもたちの目の色が大きく変わるはずです。
 
勉強はテストの点数や進学のために我慢して続けなければいけないモノと思っている人は多いでしょう。勉強と遊び、勉強とスポーツを天秤にかけ、勉強のためには遊びやスポーツは我慢しなければいけないと思っている人も少なくないと思います。けれど、サッカーについてもっと知りたいという子どものエネルギーをキッカケにすれば、勉強とサッカーを両立させながら、楽しんで知識を深めることができるのです。 内容を決めず、放ったらかしにしがちな自由研究でさえも、サッカーをテーマにすれば子どもたちは進んでいろいろなことを調べ始めるでしょう。好きなチームや好きな選手、その背景にある国や社会について調べれば、大好きなサッカーについて詳しくなると同時に、いつの間にか歴史や地理についての知識も身に付くものです。
 
sekaizukan20150722_01.JPG
 
今年の夏休みは、そんなサッカーについての自由研究を作ってみてはいかがでしょう? 楽しみながら知識を深め、サッカーと勉強の両立への第一歩を踏み出せるはずです。
ただ、一言でサッカーについての自由研究と言っても、何をどうしたらいいのか、なかなか想像がつきにくいと思います。そんな場合は日本サッカーミュージアムで、7月25日(土)から8月31日(月)の期間に開催されている、夏休み自由研究イベントスペースを訪れてみるのもひとつの手です。また、サッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』が制作した『サッカー世界図鑑』も参考になるかもしれません。
 
そして8、9月には、そのサッカー専門新聞『エル・ゴラッソ』とサカイクが共同で、サッカーをテーマにした自由研究コンテストを開催します。ぜひ、出来上がった自由研究を応募してみてください。 さて、次回の連載では前述の『サッカー世界図鑑』のドイツのページを例に挙げ、サッカーをキッカケにしてどのような背景が見えてくるのか、どのような知識が身に付くのかを紹介したいと思います。
 
夏休みの自由研究コンテストの応募要項はこちらから>>
 

●この記事を読んだ方へおすすめ●

サッカーを知ると、世界が見えてくる

サッカー世界図鑑

サッカーを通して楽しみながら知識を深める。夏休みの課題のテーマとしてもピッタリの一冊。親子で学ぶ サッカー世界図鑑。

商品詳細はこちら
サカイク編集部が厳選したオススメ商品が満載!
E-3ショップ
サッカー育成メディアNo.1のサカイクが自信をもってオススメする商品を集めました。ここだけのオリジナル商品もあり!
1

関連記事

関連記事一覧へ

夏休みはサッカーで自由研究!コンテンツ一覧へ(6件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 夏休みはサッカーで自由研究!
  4. サッカーへの熱意が勉強に繋がる!この夏おすすめの自由研究とは

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 試合を想定した練習で止める、蹴る、運ぶなど個人技術を磨く! ブラジル名門クラブの「パス&コントロール」トレーニング
    2017年6月16日
  2. 【速く走るための参考にしたい記事】ふくらはぎやアキレス腱の使い方をマスターしてスピードアップ!
     
  3. ボールを奪うための準備が課題の子どもたち 相手にボールが渡る前の動きをどう指導すればいい?
    2017年6月23日
  4. 新しいクラブで試合に出られない プレーが消極的な息子をどう支えたらいいの問題
    2017年6月22日
  5. 「運動中は水飲むな」は昔の話! 現役時代とこんなに違う、お父さんコーチに知ってほしいサッカー今昔物語
    2017年6月20日
  6. 次のプレーを考えず、ボールが来るととりあえず蹴ってしまう子どもたち。プレーの判断をどう指導したらいい?
    2017年6月16日
  7. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日
  8. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  9. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  10. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日

一覧へ