1. サカイク
  2. 連載
  3. 少年サッカーあるあるお悩み相談室
  4. チームの輪から離れてひとりでいるわが子、親としてどうすればいいの?

少年サッカーあるあるお悩み相談室

チームの輪から離れてひとりでいるわが子、親としてどうすればいいの?

2016年10月 3日

キーワード:コミュニケーション小島洋邦

チームメイトたちが楽しそうに会話をしているのに、その片隅で一人グラウンドに佇んでいるわが子。一人だけチームの輪から離れて砂いじりなどをしていると、親としては「あの子、これから大丈夫かしら……」と、言いようのない不安を覚えてしまうもの。
 
こんな状況のとき、親としてはどういう心構えでいればよいのでしょうか。
 
東京都武蔵野市の強豪町クラブ、関前SCを率いて約25年。教え子になでしこジャパンの岩渕真奈選手や多くのJクラブ下部組織選手がいる小島洋邦さんにお話を伺いました。(取材・文 杜乃伍真)
 
D75_1424_s.jpg
 
<<エースからチームメイトへの罵声、どうすればなくなるの?
 

■とくに心配することはない

「たとえば、子どもがチームの輪から離れて一人で地面に絵を描いていたり、所在なく佇んでいるとします。一学年が20人くらいのグループであれば、だいたい子どもは3つくらいのグループにわかれるもので、さらに一人だけぽつんとしている子どもがいる光景は、どんなチームにもあるものだと思います。その一人になっている子どもは、いざ練習になると一緒にプレーはするけれど、休憩時間になると輪のなかには入っていかない。ただ、そういう光景は昔からよくありました。ぼくは他のコーチたちに『放っておきなさい』と言うんです。ただし、どこかにいなくなるようなことがあるといけないから、『しっかり目はかけておきなさない』とも伝えます」
 
小島さんは、とくに心配することはないと言います。
 
「低学年になればなるほど、生まれつきの性格は出るものです。集団でいるのが苦手だったり、みんなと一緒にいられないというようなことは、どうしても直しようがないところがあります。心配している親御さんに自分自身の子どもの頃を聞いてみれば、『確かに自分もおとなしい子どもでしたねえ……』という答えが返ってくることもしばしば。親が過剰に心配していることがほとんどで、子どもの気が向けば次第に輪の中に入っていくし、子どもが大きくなっていく過程のなかで何らかのきっかけがあって輪の中に入っていくことがほとんどです。ぼくはとくに心配するようなこともないと思っています」
 
次ページ:あなたのお子さんは、自分の意思でサッカーをしたいと思っていますか?
 

 
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

1  2
取材・文 杜乃伍真

関連記事

関連記事一覧へ

少年サッカーあるあるお悩み相談室コンテンツ一覧へ(6件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 少年サッカーあるあるお悩み相談室
  4. チームの輪から離れてひとりでいるわが子、親としてどうすればいいの?

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 熱心なあまり子どもたちにダメ出し、試合で指示する保護者をどうしたらいいか?
    2017年5月22日
  2. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  3. 厳しい父親と膝痛に苦しむ息子をどうすればいいの問題
    2017年5月24日
  4. 【動画1】大人は消える、失敗させる ― 池上正さんの「魔法のコーチング」を動画で紹介
    2017年5月23日
  5. 過去には中井卓大くんも参加! レアルのカンテラコーチに直接指導を受けられるチャレンジキャンプを開催
    2017年5月23日
  6. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  7. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日
  8. 「伸ばしたいから離れる」方法がわかる!子どもを伸ばす「魔法のコーチング」とは?
    2017年5月24日
  9. 自分で考えるサッカーを身につけさせるために参考にしたい記事5選
     
  10. 足の速さは遺伝がすべてじゃない! 子どもに教えたいサッカーで速く走るコツ
     

一覧へ