1. サカイク
  2. 連載
  3. 「考える力」が身につくサカイクキャンプ2013春
  4. マークを外すために、動き方と身体の向きは?サカイクキャンプ2013その③

「考える力」が身につくサカイクキャンプ2013春

マークを外すために、動き方と身体の向きは?サカイクキャンプ2013その③

2013年4月10日

キーワード:マーク

IMG_4607_600.jpg
 
 
<< PREV | 記事一覧 | NEXT >>
 
 
 キャンプ2日目のトレーニングはよりグループとしての動き方を意識したものになりました。」
 
 
「まず初日が個人のスキルにフォーカスしたメニューだったのに対して、2日目は徐々にチームプレーに近づけていくために、グループ戦術、そしてチーム戦術という段取りで必要な要素をメニューに入れました」
 
 須田コーチは2日目のトレーニングのコンセプトをそう話します。
 
メニューとしては「ドリブル」「マークを外す動き」「チャレンジ&カバー」「攻撃の幅」「攻撃の厚み(深み)」などなど。
 
「ドリブル」については、メッシやロナウドを例に挙げて「下を向いてボールばかり見ていないで、姿勢をよくして、視野を確保すること」を強調しました。
 
ここまでは子どもたちもすんなり理解できているようでしたが、「マークを外す動き」以降のメニューについてはなかなか苦労している様子でした。たとえば、「マークの外し方」は、コーチがポイントを伝えた前と後では、子どもたちのプレーがガラリと変わりました。
 
zuhan2.jpg
 
 図のようなラインを引いての3対3。一人はパスを出すだけのサーバーという役割を担います。他の3人はいかにサーバーからボールをフリーで受けられるか。それをスムーズにこなせるようになることが目的です。
 
 まずは、子どもたちが自己流で相手のマークを外しにかかります。しかし、マークされている相手の前後をダラダラと走り回るだけで、なかなかマークを外せません。
 
「マークを外すときは大きく動く必要はないよ!」
 
 須田コーチが子どもたちに伝えます。
 
「パスを受ける直前に、相手の逆を突いて、一歩でも二歩でも瞬間的に動けば相手から少し離れることができるよね?」
 
「このときにボールだけ見ないでしっかり相手の動きも見ておくこと。相手の逆を突いたときに、もしも相手がついてこなかったらその位置でボールをもらえるよね?」
 
須田コーチが実際に身体を動かして実践しながら子どもたちへ伝えます。
 
「そして、このときに相手がマークについて来たら、すかさず相手の背後をとってボールをもらう」
 
 実際、須田コーチのコーチングのとおりに実践すると、相手の逆を突いてマークを外せる子も出てきました。さらに須田コーチが続けます。
 
「いったん下がって相手を釣り出すときは、身体の向きにも注意しようね。(相手ゴールに対して)背中を向けたままボールをもらってしまったら、どうなると思う?」
 
 須田コーチが問いかけると、子どもたちが考え込みます。ある子は「相手にプレスをかけられちゃう?」と答えます。
 
「そうだね。ボールをもらったときに相手に押し込まれて自分が苦しくなっちゃう。だから、いったん下がって相手を釣り出すときは、必ず相手のゴール方向におへそが向くように身体の向きを意識しよう。相手の動きもしっかり見られるように」
 
 ポイントを踏まえて実践してみると、ずいぶんと子どもたちの動きに緩急のメリハリが出てきました。
 
IMG_4697_600.jpg
 

■瞬間的な動きを入れながら、ボールをもらう意識を持つことが大事

須田コーチがさらにポイントを伝えます。
 
「まっすぐ後ろに下がってしまうと視野が狭くなってしまうから、できるだけ斜め後ろに下がってピッチを広く使うように。ボールも、相手も、そしてピッチ全体まで広く見られるようにしよう」
 
 すべての子どもが理解し、それを実践するまでには至りませんでしたが、須田コーチは「日頃から意識を持つことが重要」だと言います。
 
「頭で理解をしてもフィジカル的なスピードやコーディネーション(自分が思うように身体やボールをコントロールする能力)がない子は、なかなか相手を振り切れない場合があります。それは、ある程度は仕方がありません。でも、多くの子どもが瞬間的な動きを入れながら、何とかマークを外してボールをもらう意識をもちながらプレーしてくれました。まずはそれが重要なんです」
 
 この「マークを外す動き」は、バルセロナのシャビやイニエスタが得意とするところ。「彼らは全然動いていないように見えるけれど、瞬間的にマークを外してボールをもらうことができます。ただし、バルセロナの選手たちのマークの外し方は、今日伝えたポイントにさらに高度な技術を取り入れたものなので、中学生になってから取り組めばまったく問題ありません」と須田コーチ。
 
「マークを外す動き」については、まずここに書いた基本なポイントだけをしっかり抑えておきましょう。
 
 
<< PREV | 記事一覧 | NEXT >>
 
 
1
取材・文/鈴木康浩 写真/山本善弘

関連記事

関連記事一覧へ

「考える力」が身につくサカイクキャンプ2013春コンテンツ一覧へ(5件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 「考える力」が身につくサカイクキャンプ2013春
  4. マークを外すために、動き方と身体の向きは?サカイクキャンプ2013その③

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 練習、試合で声が出ず活気のないチーム。子どもたちが声を出すようになる「声かけ」はある?
    2017年9月22日
  2. 小4からでは遅い? 息子のスポ少入団を反対する妻をどうしたらいいの問題
    2017年9月21日
  3. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  4. 足元だけに集中しない!! 試合で使えるボールコントロールが身につくリフティング
    2017年9月14日
  5. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  6. 子どもたちを暴力・暴言から守るために、大人がすべき事とは 「暴力・暴言」への対処法(1)
    2017年9月19日
  7. 楽しんで続ける土台を築くために、ゴールデンエイジまでにどんな接し方をすればいいの?
    2017年9月15日
  8. グラウンド確保に苦しむサッカー協会が模索する みんなが楽しめる工夫とは
    2017年9月20日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. 回数は重要じゃない! サッカーが上手くなるリフティングの身につけ方
    2017年9月 8日

一覧へ