1. サカイク
  2. 連載
  3. 全日本少年サッカー大会
  4. 【全日本少年サッカー大会】-バルセロナと柏レイソルU-12の共通点

全日本少年サッカー大会

【全日本少年サッカー大会】-バルセロナと柏レイソルU-12の共通点

2011年8月 9日

キーワード:8人制全日本少年サッカー大会知のサッカー

■[大会総括]バルサの教えと共通する柏レイソルのパス&コントロール

11-08-09-01.jpg 11-08-09-02.jpg

8月2日から6日に渡り、静岡県で全日本少年サッカー大会が開催されました。優勝は柏レイソル。準優勝は名古屋グランパス。3位が大宮アルディージャとディアブロッサ高田FCでした。

優勝したレイソルは選手個々の力が際立っていて、なかでもパス&コントロールの技術・判断が抜きん出ていました。

パス&コントロールとは、動きながらボールを『止めて、蹴る』プレーのことです。レイソルの選手たちは、ボールが来た方向とは反対の足で止め、視野を確保した状態でボールをコントロールする動作が徹底されていました。彼らは顔を上げ、周りの状況を見ることができているので、判断の質も高く、次のプレーにスムーズに移ることができます。そうして、ボールを持っていない選手がスペースに顔を出し、精度の高いパス&コントロールで相手を崩していきました。

筆者は全日本少年サッカー大会準々決勝の前日まで、日本で行われたFCバルセロナのキャンプを3日間、取材していました。これは、日本のU-12年代の選手にバルサのカンテラ(下部組織)コーチが指導をするというクリニックで、バルサのコーチが日本の選手に何度も伝えていたのが、パス&コントロールであり、『ボールを受けるときの身体の向き』でした。

■10歳から身につける実践で必要な判断と技術

レイソルの選手たちを見ていると、バルサのコーチが要求していた動きを、高いレベルで身につけているように見えました。そこで、松原直哉監督に「パス&コントロールの質、身体の向きを作る部分は、かなりトレーニングしていますね」と水を向けると、胸を張って「そこは小学4年生の段階から徹底しています。うちの一番スペシャルなところだと思います」と即答してくれました。

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

全日本少年サッカー大会コンテンツ一覧へ(20件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 全日本少年サッカー大会
  4. 【全日本少年サッカー大会】-バルセロナと柏レイソルU-12の共通点

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 練習、試合で声が出ず活気のないチーム。子どもたちが声を出すようになる「声かけ」はある?
    2017年9月22日
  2. 小4からでは遅い? 息子のスポ少入団を反対する妻をどうしたらいいの問題
    2017年9月21日
  3. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  4. 足元だけに集中しない!! 試合で使えるボールコントロールが身につくリフティング
    2017年9月14日
  5. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  6. 子どもたちを暴力・暴言から守るために、大人がすべき事とは 「暴力・暴言」への対処法(1)
    2017年9月19日
  7. 楽しんで続ける土台を築くために、ゴールデンエイジまでにどんな接し方をすればいいの?
    2017年9月15日
  8. グラウンド確保に苦しむサッカー協会が模索する みんなが楽しめる工夫とは
    2017年9月20日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. 回数は重要じゃない! サッカーが上手くなるリフティングの身につけ方
    2017年9月 8日

一覧へ