1. サカイク
  2. 連載
  3. 全日本少年サッカー大会
  4. 【全日本少年サッカー大会】-サッカーと勉強の両立【英語を話そう】

全日本少年サッカー大会

【全日本少年サッカー大会】-サッカーと勉強の両立【英語を話そう】

2011年8月 8日

キーワード:8人制全日本少年サッカー大会文武両道語学力

■選手同士の交流会『サッカードリームキャンプ』って!?

11-08-08-01.jpg

全日本少年サッカー大会では、試合だけでなく、さまざまなイベントがおこなわれていました。準決勝終了後には、将来、世界の舞台での活躍を夢見る選手たちが、コミュニケーションの基本となる、英語を使って他チームの選手と交流を楽しむ『サッカードリームキャンプ』がおこなわれました。

ドリームキャンプは、コカ・コーラ提供のもと、JNSA(日本学生協会)のメンバーを中心としたイベントで、いろいろな英語のプログラムが用意されています。参加する選手たちは、ゲームを通じて英語を学んでいきます。

ゲームは簡単で、楽しめるものばかり。最初のウォーミングアップは「ハンズアップゲーム」です。これは、「ハンズアップ(両手を上げる)」や「クラップユアハンズ(手を叩く)」など、リーダーの掛け声にあわせて、同じ動作をするというもの。選手たちは、ゲームを通じて身体と頭を動かし、英語に親しんでいきます。

ウォーミングアップが終わると、次は、英語で周りの人たちに自己紹介をします。紙に書かれた例文を見ながら、英語で自分の名前を告げ、「I Like Keisuke Honda」などと自己紹介をしていきます。最初は恥ずかしがっていた選手も、時間が経つに連れて積極的に、知らない人に話しかけていました。このイベントの目的のひとつが「他チームの選手と交流を持つ」なので、選手たちはチームの垣根を越え、楽しんでコミュニケーションをとることができたようです。

その後は、サッカーにまつわる英語の意味を考える「ワールドサッカークイズ」にチャレンジ。「日本で司令塔はゲームメーカーといいますが、英語圏ではなんという?(答え:プレイメイカー)」などのクイズに対して、4択の中から答えをひとつ選びます。試合後の疲れている中でも、楽しそうに話し合いながら、答えを考えていました。

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

全日本少年サッカー大会コンテンツ一覧へ(20件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 全日本少年サッカー大会
  4. 【全日本少年サッカー大会】-サッカーと勉強の両立【英語を話そう】

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 保護者が知っておくとためになる映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  4. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日
  10. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日

一覧へ