1. サカイク
  2. 連載
  3. 全日本少年サッカー大会
  4. 【全日本少年サッカー大会】ルールのまとめ

全日本少年サッカー大会

【全日本少年サッカー大会】ルールのまとめ

2011年8月 2日

キーワード:8人制ルール全日本少年サッカー大会審判

110802.JPG

■8人制で行われる2011年大会。ルールをおさらい

2011年大会から、大会の形式に大きな変更があります。これは35年に及ぶ、全日本少年サッカー大会の歴史上、もっとも重大な変更といえるでしょう。それは「8人制の導入」です。今大会から11人制ではなく、8人制で争われることになります。 ※8人制についての詳細はこちら

8人制の導入により、レギュレーションやルールが大きく変わっています。大会が始まる前に、おさらいしておきましょう。参加するのは、47都道府県の代表チームです。(前回優勝の神奈川県からは2チームが参加)。計48チームを12のグループに分け、1次ラウンド(1グループ4チームのリーグ戦)をおこないます。各グループから、2次ラウンドに進むことができるのは、成績上位の2チームです。

2次ラウンドは、24チームを8グループに分け、1グループ3チームのリーグ戦を戦います。1グループ3チームのうち、決勝トーナメントに進むことができるのは、わずか1チームだけ。準々決勝からは、トーナメント方式のノックアウトステージとなります。

■ドリームリーグって何!?

2011年大会から、通常のレギュレーションと異なる部分があります。それは『ドリームリーグ』の導入です。1次ラウンドで敗退したチームであっても、『ドリームリーグ』と呼ばれるリーグ戦に参加することができるのです。ドリームリーグは1次ラウンドの各グループの中で3、4位の2チームが参加します。つまり、1次ラウンドの上位2チームが2次ラウンドに、下位2チームがドリームリーグに進むことになります。試合をたくさん経験できることから考えると、これはすばらしい試みです。ドリームリーグの各グループ1位は『ドリームトーナメント』に進み、2回戦までを戦います。

1  2
取材・文/鈴木智之、写真/小川博久(2011全日本少年サッカー大会より)

関連記事

関連記事一覧へ

全日本少年サッカー大会コンテンツ一覧へ(20件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 全日本少年サッカー大会
  4. 【全日本少年サッカー大会】ルールのまとめ

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 練習、試合で声が出ず活気のないチーム。子どもたちが声を出すようになる「声かけ」はある?
    2017年9月22日
  2. 小4からでは遅い? 息子のスポ少入団を反対する妻をどうしたらいいの問題
    2017年9月21日
  3. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  4. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  5. 足元だけに集中しない!! 試合で使えるボールコントロールが身につくリフティング
    2017年9月14日
  6. 子どもたちを暴力・暴言から守るために、大人がすべき事とは 「暴力・暴言」への対処法(1)
    2017年9月19日
  7. グラウンド確保に苦しむサッカー協会が模索する みんなが楽しめる工夫とは
    2017年9月20日
  8. 楽しんで続ける土台を築くために、ゴールデンエイジまでにどんな接し方をすればいいの?
    2017年9月15日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. 【10月関東開催!】試合中の一歩目が速くなる!『タニラダー講習会』
    2017年9月14日

一覧へ