1. サカイク
  2. サカイクリアル
  3. サカイクイベント
  4. サッカースクールを選ぶポイントは?運動ができる子どもにするには? 『ならいごと体験会』サカイク特別講演より

サカイクイベント

サッカースクールを選ぶポイントは?運動ができる子どもにするには? 『ならいごと体験会』サカイク特別講演より

2013年7月31日

キーワード:体験会指導

IMG_2962_600.jpg
 
楽しみながら子どもの“やる気”を伸ばす「ならいごと体験会」が、7月22日(月)吉祥寺の東急インにて開催されました。サッカー体験のほか、フラダンス体験、リトミック&音楽体験などが用意され、たくさんのキッズたちが体いっぱい『ならいごと』を体験していたこのイベントでは、子どもたちが体験をするだけではなく、保護者に向けた講演も実施されました。そこで今回は、サカイクより行われた講演の模様をお伝えします。
 
 

■子どもが習い事を続けるために親ができること

サカイクでもおなじみの、シンキングサッカースクール・須田敏男コーチによる講演では、教室選びのポイントから、習い事に通い始めたら親が気をつけるべきこと、辞めたいと言い出したら・・・などのお話がありました。
 
教室選びの第一のポイントは、気になるスクールがあったらまずは体験レッスンに参加すること。体験は実際に通う日時に行くことで、どんな先生がどのように教え、どんなお友達が一緒なのかを知ることができます。先生やお友達は曜日や時間によって変わることが多いので、実際に通う日時に行くことが大切です。また、家から遠い場所に通ってしまうと、親の送迎が大変で、子どもは続けたいのに辞めなければならなくなるケースも多く見られます。未就学児はもちろん、小学生でも送迎が必要な場合は、親の負担も考えてスクールを選びましょう。
 
スクールに入ったら、どんな風に楽しんだのかなど、子どもの話をしっかりと聞いてあげます。料理をしながら…ではなく、きちんと子どもと向き合って話を聞き、がんばったことをほめてあげましょう。子どもはほめられることで、さらにがんばれます。
 
子どもをほめる時は、結果ではなく努力している過程をほめること。例えば、テストで100点をとったことをほめると、次のテストで90点では自信をなくしてしまいます。結果ではなく、毎日続けられていることや、がんばっていることをほめましょう。
 
自分から「行きたい」とはじめたスクールでも、途中で辞めたいとなることも多々あります。辞めたいのには必ず理由がありますから、「続けなさい!」ではなくまずはその理由を聞き、受け止めてあげましょう。子どもが辞めたい理由の大半は解決できることなので、話を聞き対応を一緒に考えましょう。
 
子どもを習い事に通わせるのは、「子どもの視野と可能性を広げる、気づきを与えるため」。小さいときは興味のまま、いろいろな体験をさせてあげられると良いですね。
 
IMG_2912_300.jpgIMG_2914_300.jpg
 

■子どもの発育発達の概念~運動神経の良い子にするには~

今回、須田コーチの講演は2テーマで行われました。後半は、運動ができる子どもに育てたい、そんな願いを持つ親への提言です。
 
スポーツ万能、運動神経が良いという子どもは、コーディネーション能力が高い子どもです。コーディネーション能力とは、「定位能力」「変換能力」「連結能力」「反応能力」「識別能力」「リズム能力」「バランス能力」の7つの能力。目や耳などの五感で感じた情報を脳で処理し、神経を伝って筋肉を動かす能力で、さまざまなスポーツの場面で「状況判断がいい」「ボールコントロールがいい」「リズムがいい」などと表現されることがあります。
 
コーディネーション能力を高めるためのトレーニングに最適なのが、10歳くらいまでの子どもたち。脳をはじめとする神経系は、生後すぐから6歳ぐらいまで急激に発達し、10歳近くには大人と同様に発達します。
そのためには、ひとつのスポーツをとことん突き詰めるのではなく、さまざまなスポーツにチャレンジしたり、たくさんの外遊びをすることが大切です。以前は鬼ごっこで十分養われた能力でしたが、今は鬼ごっこをする場所もありません。7つの能力が育まれるカリキュラムを備えたスクールなどを通じて、脳と神経を刺激し、運動神経のいい子に育てましょう。
 
 
suda.jpg
須田 敏男//
・現職:
 シンキングサッカースクールコーチ
 サカイクキャンプヘッドコーチ
 千葉県八千代市トレセンスタッフ
 千葉県第5ブロックトレセンスタッフ
・取得資格:
 JFA公認A級ライセンスU-12
 JFA公認キッズリーダーインストラクター
・指導歴:
 バイヤー04レバークーゼン ユースアカデミーコーチ
 福島県トレセン U-13コーチ
 福島県トレセン U-11チーフコーチ
 福島ユナイテッドFC U-15監督
 
 
取材・文/kilohana 前田陽子 写真/サカイク編集部
1

関連記事

関連記事一覧へ

サカイクイベントコンテンツ一覧へ(4件)

コメント

  1. サカイク
  2. サカイクリアル
  3. サカイクイベント
  4. サッカースクールを選ぶポイントは?運動ができる子どもにするには? 『ならいごと体験会』サカイク特別講演より

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  3. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  4. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  5. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  6. 「褒める」も「叱る」も大事! 子どもの状態に応じて使い分けることが自立のサポートになる
    2017年8月 8日
  7. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  8. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  9. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  10. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日

一覧へ