1. サカイク
  2. サカイクまとめ
  3. 注目ワード
  4. U-23日本代表MF中島翔哉も輩出!東京ヴェルディのサッカー少年の育て方
サカイクまとめ
サカイクまとめ

U-23日本代表MF中島翔哉も輩出!東京ヴェルディのサッカー少年の育て方

サカイクまとめキーワード:

なぜ、東京ヴェルディは優秀なサッカー選手を育てられるのか?

 
数あるJクラブの中でも、選手育成に定評の高い東京ヴェルディ。U-23日本代表の10番を背負ってきた中島翔哉選手もこのクラブで育ったひとりです。そのほかにも、森本貴幸(川崎フロンターレ)選手、永木亮太(鹿島アントラーズ)選手、高木俊幸(浦和レッズ)選手をはじめ、Jリーグで活躍する選手を数多く育ててきました。
 
なぜ、東京ヴェルディはJリーグ創成期から長年にわたり優秀なサッカー選手を輩出しつづけられるのでしょうか?
 
今回は、サカイクで過去に配信したヴェルディの育成に関する記事をピックアップしました。サッカー少年・少女のお父さんお母さんも必見の内容です。
 

U-23日本代表MF中島翔哉も輩出!東京ヴェルディのサッカー少年の育て方

verdy_matome_01.jpg
 
東京ヴェルディでは、定期的に早朝親子サッカーを開催しています。そこに広がっていたのは、少年団で見るような真剣なまなざしよりも、お父さんやお母さんと子どもたちが、一緒になってサッカーを楽しむなんとも牧歌的な風景。子どもは、下は年中から上は小学4年生まで。親は、サッカー経験者もいれば未経験者もいます。競技レベルの差は関係なく、みんなが楽しそうで、そこにはたくさんの笑顔が溢れていました。

この記事を読む

家族同士の付き合いも増える!親子サッカーのススメ

verdy_matome_02.jpg
 
早朝だと練習の後に時間があるので、自分の好きなサッカーをした後に家族と一緒に過ごす時間が持てるんです。それはお父さんお母さんからもありがたいと言ってくれます。昼間にサッカーに行くと奥様から非難がくるお父さんもいると思うんですけど(笑)。それと、自分はサッカー経験がないけど、子どもがサッカーを始めたから自分もやってみるという人もいます。子どもと一緒に成長したいという親もいます。参加してくれた人の中には、ヴェルディが開催する他の合宿やイベントに来てくれたりもします。

この記事を読む

我慢できずに怒ったり強制してしまう!それは大人の指導力不足

verdy_matome_03.jpg
 
子どもが自分の意志で出てきてくれるまで、コーチはとにかく我慢が必要です。我慢できずに怒ってしまったり、強制してしまったりしたら、それはコーチの指導力不足だと考えています。そうして、みんなの前で意見を言ってくれる子どもが出てきたら、全員が拍手で迎え入れてあげる。すると、その様子を見届けたほかの子どもたちが、自分もやってみようかな? という気持ちにだんだんなってくる。そう思わせるような環境をコーチは用意してあげることが大事です。子どもの背中を押せるかどうか。そうやって小さな壁を乗り越える経験をさせてあげて、次の壁を乗り越えるための経験をつくってあげる。その壁の高さが物足りないなと判断したら、少し大きめの壁を用意してあげればいいんです。

この記事を読む

最優秀育成クラブに学ぶ!些細な会話の積み重ねで子どもは振り向く

verdy_matome_04.jpg
 
東京ヴェルディの松本哲男スクールコーチは、子どもたちの指導のなかでミニゲームをうまく利用するといいます。
 
「ぼく自身が選手だったころ、ただ単に体力を上げるためのダッシュを繰り返すようなトレーニングが嫌でした。試合が一番楽しいので、スクールではミニゲームをよくやります。一生懸命プレーすればくたくたになるまで疲れるし、夢中になると知らない間にすごく走っていて、気づけば足を攣っているなんてこともある。今日は疲れた、だからしっかり眠る、そしてまたスクールに来て一生懸命にボールを追う、いつの間にかうまくなっている、そういうサイクルを作りたいなあと、常々思っています」

この記事を読む

子どもの心に火をつけるのは、子ども自身!

verdy_matome_05.jpg
 
東京ヴェルディの中村一昭スクールコーチは、かつてジェフ千葉に所属し、現在は京都サンガの『つながり隊』としてホームタウンの学校巡回事業を展開する池上正さん(現京都サンガ普及部部長)とともに『サッカーお届け隊』の一員として活動していたひとりです。現在は、東京ヴェルディでスポーツお届け隊『ヴェルレンジャー』を結成し、ホームタウンを中心とする学校などの巡回事業を展開しています。中村コーチはいわば、60分や90分といった限られた時間のなかで、初めて出会う子どもたちの心に火をつけて、サッカーの魅力を存分に伝えることができるプロフェッショナル。

この記事を読む

全日本少年サッカー大会で優勝&得点王!勝利をつかむVメシに迫る!:高木大輔選手①

verdy_matome_06.jpg
 
早くから高いレベルで活躍をみせる高木選手。成長やプレーに大きな影響を与えたのは、やはり食生活だと言います。トップで活躍するための食事へのこだわり、そして高木選手の身体のことを考えて母が心をこめて作ってくれた毎日の食事とは何か。良いプレーをするためのポイントを2回にわたってお届けします。
 

この記事を読む

全日本少年サッカー大会に参加する皆さんへ!選手に贈るメッセージと母への感謝!:高木大輔選手②

verdy_matome_07.jpg
 
子どもの頃から家での食事は、母が作ってくれています。いつも、ご飯、おかず、野菜などの栄養バランスに加え、その日のコンディションも考えてくれています。たとえば、夏は暑さに負けないように酢の物を出してくれたりとか。小・中学生時代は食事に関心がなく、大切さもわからなかったので、作ってくれた物を残してしまって......、でも母は意地でも食べさせようとして我慢比べみたいになったこともありました(笑)。思い返すと、あの頃から好き嫌いなく、積極的に食べていたら、試合でもっと良いプレーができたかもしれない、とすら思います。
 

この記事を読む

 

●おすすめ商品●

東京ヴェルディトップチームも採用した「一歩目が速くなる」インソール

bmzstriker_300x250_01.jpg

インソールを入れ替えるだけ!「土踏まず」ではなく「立方骨」を支えることで足指がしっかり使えるようになります。姿勢が悪い、一歩目が遅い、転びやすい・・など気になる方はぜひお試しください。動画でもチェックできます>>

商品詳細はこちら
サカイク運営スタッフがセレクトしたアイテムが揃う!
E-3ショップ
サカイク、COACH UNITED、Spike!などの取材を通じて得たノウハウから、厳選した商品だけをセレクト。ここにしかないオリジナル商品を中心に、サッカー選手とコーチに本当に必要な商品だけをセレクトして取り扱っております。
 
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

コメント

  1. サカイク
  2. サカイクまとめ
  3. 注目ワード
  4. U-23日本代表MF中島翔哉も輩出!東京ヴェルディのサッカー少年の育て方

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 「厳しいサッカーよりも楽しいサッカーをしてもらいたい」徳永悠平のサッカー少年の育て方
    2017年1月10日
  2. ジャージorピステ 寒い日に用意したいのはどっち!?
    2011年10月16日
  3. 本来の力が発揮できなくなるかも?"ポジティブシンキングの罠"に注意
    2017年1月12日
  4. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  5. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  6. 「自分の内側からやりたいと思えることを続けてほしい」FC東京・徳永悠平の父親論
    2017年1月11日
  7. プレイヤーズファーストって知ってる?ただ褒めるだけではなく、然るべきタイミングに褒める親になろう
    2017年1月 6日
  8. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  9. 「緊張しても失敗しない!」子どもの自信を育てるメンタル・トレーニング
    2017年1月 5日
  10. フットサルでいじめ・虐待防止を訴える 川崎市が「オレンジリボン・ファミリーカップ」開催
    2017年1月13日

一覧へ