1. サカイク
  2. エンタメ
  3. 動画
  4. やってみよう! 岡田武史氏もすすめる「最強チームの作り方」

動画

やってみよう! 岡田武史氏もすすめる「最強チームの作り方」

2012年5月24日

キーワード:コミュニケーションコーチング育成

■チーム、保護者でも「体験活動」を試してみよう!

2010年、2011年に文部科学省が実施した『「最強チームの作り方」体験活動プロジェクト』の動画を紹介します。「最強チームの作り方」体験活動プロジェクトとは、W杯南アフリカ大会でサッカー日本代表を率いた岡田武史氏らの協力により、スポーツチーム等を対象にチームワークを向上させる体験活動を試行し、その魅力や成果を全国に普及啓発する活動です。
 
チームワークを向上させる体験活動をとおして、

・チームはお互いの助け合い(グループとチームの違いは何か?)
・みんなで考える、意見を出し合うことの重要性
・誰かがミスをしたときにどうサポートすればいいのか
・全員で目標を共有することの大切さ

などを学ぶことができます。動画では、Jリーグ新人研修会や、ハンドボール日本代表チーム、サカイクでも紹介した早稲田大学アーチェリー部などで行われた様々なトレーニング方法が紹介されています。
 
小学生でもできる内容ですし考えるトレーニングにもなりますよ。また、保護者の一体感を作ったり、お互いを理解しあうレクリエーションとして行うのもよいかもしれません。ぜひチームで試してみてはいかがでしょう?
 
 
●早稲田大学 競技スポーツセンター アーチェリー部
 
●太田市立尾島中学校硬式テニス部
 
●藤井寺避球倶楽部大和魂
 
●ハンドボール日本代表チーム(岡田武史氏も登場)
 
●Jリーグ新人研修会
 
【関連リンク】
「最強チームの作り方=体験活動」プロジェクト(文部科学省)
 
【この記事を読んだ人にはこちらもオススメ!】
「関係の質」を高めることが強いチームを育てる
 
 

【PR】チームの「関係の質」を高める少年サッカーフェスティバルを開催!!

サカイク主催のサッカーフェスティバルを開催します。イベントでは、組織の「関係の質」を変えることが、選手の「思考の質」を高め、チーム力向上につながることに着目。指導者向けのコミュニケーションセミナーを実施し、指導者と選手の対話の場を設けます。大人が答えを与える、やらせるではなく、子どもが自分で考え判断し、チャレンジできる環境と子どもにやる気や自信を与えるコミュニケーションの場を提供します。選手、指導者ともに成長できるイベントです。
 
詳しくはこちら↓↓
サカイクフェスティバルお申し込み概要>>
 
festival3.jpg
1

関連記事

関連記事一覧へ

動画コンテンツ一覧へ(32件)

コメント

  1. サカイク
  2. エンタメ
  3. 動画
  4. やってみよう! 岡田武史氏もすすめる「最強チームの作り方」

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 試合を想定した練習で止める、蹴る、運ぶなど個人技術を磨く! ブラジル名門クラブの「パス&コントロール」トレーニング
    2017年6月16日
  2. 【速く走るための参考にしたい記事】ふくらはぎやアキレス腱の使い方をマスターしてスピードアップ!
     
  3. 次のプレーを考えず、ボールが来るととりあえず蹴ってしまう子どもたち。プレーの判断をどう指導したらいい?
    2017年6月16日
  4. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日
  5. 新しいクラブで試合に出られない プレーが消極的な息子をどう支えたらいいの問題
    2017年6月22日
  6. 「運動中は水飲むな」は昔の話! 現役時代とこんなに違う、お父さんコーチに知ってほしいサッカー今昔物語
    2017年6月20日
  7. ボールを奪うための準備が課題の子どもたち 相手にボールが渡る前の動きをどう指導すればいい?
    2017年6月23日
  8. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  9. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  10. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日

一覧へ