1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. 「間違いなく親御さんたちの応援のおかげ」グランセナ新潟の全少初出場をたぐり寄せた親の力

考える力

「間違いなく親御さんたちの応援のおかげ」グランセナ新潟の全少初出場をたぐり寄せた親の力

2016年2月25日

キーワード:グランセナ新潟全日本少年サッカー大会少年サッカー応援指導者

昨年、新潟県代表として全日本少年サッカー選手権大会に初出場を果たしたのが、グランセナ新潟フットボールクラブです。グランセナの選手たちは全少に出場するため、新潟県予選で8試合を勝ち抜かなければいけませんでした。グランセナの育成強化部長を務める須田敏男さんによると、厳しい戦いを勝ち上がり、クラブ史上初の全国大会出場を決めた理由に、選手、コーチ、親の“三位一体”となって臨む姿勢があったそうです。(取材・文 鈴木智之 写真提供 グランセナ新潟フットボールクラブ
 
guransena_01_s.jpg
 

■親たちが、チーム全員を自分の子どものように応援してくれていた

全国大会に出場した学年は、クラブを立ち上げた時にスクール生として入部した選手たちでした。選手同士はもちろんのこと、親同士の結束も強く、須田さんは「どの親も、チーム全員を自分の子どものように応援していました。その姿を見たとき、この学年は良い成績を残すんじゃないかと思いました」と語ります。
 
全少出場枠を争う新潟県大会、一番の山場は準々決勝でした。前半は1-2で折り返し、残り時間もあとわずか。ここで負ければ、全少に出られなくなってしまう……。そんなとき客席から選手たちの背中を押したのが、親御さんたちの応援でした。須田さんは言います。
 
「監督の高井に後から聞いた話ですが、この試合は親御さんたちが選手たちにかける言葉がすごく前向きで、みんなでチームを応援していました。結局、試合終了間際に追いつくのですが、この試合に勝てたのは間違いなく応援の力だと思っています」
 

■チームを変えた縦割りのチーム作り

チームと親がどうコミュニケーションをとっていくか。これは小学生年代のチームを運営するうえで、避けて通ることのできないものです。グランセナは、須田さんが就任した2年前から、選手のレベルによって“飛び級”をする『縦割りのチーム作り』を導入しました。チームの方針を発表した当初は、親から「せっかく学年ごとのまとまりがあって、チームワークも良いのに、なぜ縦割りでチームを作るのですか?」という意見もあったそうです。
 
そこで須田さんはチームの考えを丁寧に親に伝え、理解をしてもらったうえで、縦割りのチーム作りを進めていきました。須田氏が親に話をした縦割りのメリットは「競争をすることで、サッカー選手として人間として成長する」ことです。須田さんは言います。
 
「縦割りのメリットは、チーム内で競争が増えることで切磋琢磨し、人間的にも成長すること。そして、結果として選手間でのコミュニケーションも増えることです。うちの選手たちを見ていると、仲良しグループではなく、お互いになんでも言い合える集団になったと思います。上級生が下級生に伝えてくれるので、言葉や行動をより考えるようになりましたし、それによって人間的な成長のスピードも速くなったと思います。デメリットとしては、低学年は高学年の言動を見て真似をするので、言葉遣いが乱暴になったり、相手をリスペクトしないプレーが出ることもあります。それも親に対して、事前に"そういうこともあります"と伝えました」
 
 
次ページ:過保護になるのはやめましょう
 
グランセナサッカースクール 春の短期スクール開催>>

<PR>
参加者の85%が、考える力が身についたと回答!サカイク春キャンプ参加者募集中>>
サカイク2016春300×250.jpg
 
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

1  2
取材・文 鈴木智之 写真提供 グランセナ新潟フットボールクラブ

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(260件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. 「間違いなく親御さんたちの応援のおかげ」グランセナ新潟の全少初出場をたぐり寄せた親の力

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 小4からでは遅い? 息子のスポ少入団を反対する妻をどうしたらいいの問題
    2017年9月21日
  2. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  3. 練習、試合で声が出ず活気のないチーム。子どもたちが声を出すようになる「声かけ」はある?
    2017年9月22日
  4. 足元だけに集中しない!! 試合で使えるボールコントロールが身につくリフティング
    2017年9月14日
  5. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  6. 楽しんで続ける土台を築くために、ゴールデンエイジまでにどんな接し方をすればいいの?
    2017年9月15日
  7. 子どもたちを暴力・暴言から守るために、大人がすべき事とは 「暴力・暴言」への対処法(1)
    2017年9月19日
  8. 回数は重要じゃない! サッカーが上手くなるリフティングの身につけ方
    2017年9月 8日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. グラウンド確保に苦しむサッカー協会が模索する みんなが楽しめる工夫とは
    2017年9月20日

一覧へ