1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. とにかくじっと待つ!子どものために今からあなたにできること

考える力

とにかくじっと待つ!子どものために今からあなたにできること

2015年8月25日

キーワード:サカイクキャンプ声掛け成長

前回記事『案ずるより産むが易し!親元を離れる機会が子どもの成長を早める』では、子どもたちの様子をお伝えしました。今回は、コーチたちが実践する子どもたちとのかかわり方について、レポートしたいと思います。
 
率直な感想は「コーチたちは本当にすごい」ということ。親ではつい声を荒げてしまったり、手を出したくなってしまうことでも、子どもたちが動き出すまで気長に待ってくれます。私たち親は、なぜ、急いで結論を出してしまうのだろう……。キャンプを通じてそんなことを考えさせられました。(取材・文 前田陽子)
 
IMG_6462_s.jpg
子どもと同じ目線まで下げることを実践する西牟田真也コーチ
 

■最初は、とにかく"見守る"ことと、"じっと待つ"こと

キャンプスタート直後は、子どもたちも緊張から少し浮き足立っているのか、落ち着きがありません。コーチが話を始めてもおしゃべりが止められなかったり、キョロキョロしたりしている子が多数います。それでもコーチは「静かに」などと注意することなく話を始めます。特にここは大切というポイントは何度も繰り返し、話をしながら子どもたちが聞く姿勢になるまで待ちます。
 
すると次第に子どもたちはおしゃべりをやめ、話を聞けるようになります。そこでコーチは「人の話を聞くときに大事なことは何だろう」と問いかけます。すると子どもたちから「おしゃべりをしない」「話している人を見て話を聞く」などの声があがります。ついさっきまで自分たちができていなかったことを、じつは“大事なこと”として理解できていることがわかります。ところが、子どもたちはまた同じことを繰り返します。それでもコーチは、話をするたびに子どもたちが聞ける姿勢になるのを待ち「話を聞くときに大事なことは何だろう」という声掛けを繰り返します。だんだんと話を聞ける姿勢になるまでの時間は短くなりましたが、この繰り返しはキャンプの間、ずっと続きました。
 
「子どもたちに聞いてほしいことは、必ず繰り返し話をして、聞ける姿勢になるのを待ちます。ですが、低学年は本当に大変でとても根気がいります。つい怒りたくなる親の気持ちは、僕も親ですからよくわかります。自分の子には怒ってしまうこともありますから。でもサカイクキャンプでは、危険なプレーや命に係わるような事件が起きない限り、コーチは怒りません。どんなプレーでも行動でも、認めてあげることが基本です」と高峯ヘッドコーチ。
 
私たち親は、一度話して理解できたことが、次にできないと「どうしてできないの?」と怒ってしまいがちです。けれど、自分を振り返ると同じ失敗を繰り返すことは多々あります。大人もそうなのですから、小学生の子どもができるはずはありません。コーチは親の立場では難しいと言ってくれますが、コーチたちのように完璧にできなくても“待つ姿勢”を取り入れることはできると感じました。また、行動を認めてあげると、怒りの感情は抑えられますね。
 
 

■指示は出すが強制はせず。危険なプレイには厳格に対応

ウォーミングアップでは、じゃんけんゲームは人数合わせなどで、子どもたち同士のコミュニケーションを図ります。仲良くなったところで、チームを分けてミニゲーム。1チーム7人ずつ分けられ、ゲームは6対6で進行するので、どのチームもひとりはベンチになります。「必ずルールを決めて交代すること」とコーチ。ですが、どの子もゲームに参加していたいので、なかなか交代しません。そんな状況でもコーチたちは「何で交代しないの?」とは言いません。「必ず交代するんだよ」程度です。ベンチの子が自ら仲間にアピールしたり、仲間同士の話し合いで交代のタイミングを決めさせます。すると『ゴールを決めたら、決めた子がベンチと交代』という案が出てきました。ゴールを決めた子は清々しく交代し、今度は自分が!と子どもたちも奮起します。もちろん、ポジションを決めるのも子どもたち。試合中はエキサイトして言葉がきつくなってしまう子もいますが、そんな時もコーチたちは言葉づかいについて言及することはありません。
 
いつも穏やかなコーチが豹変するのは、危険なプレイをした時のみ。プレイを止め、子どもの目を見て「何が悪かったのか」を本人にその場で理解させます。子どもたちはゲーム後に“さっきのプレイ”で話をしても、どのプレイのことかわかりません。その場できちんと理解させることが大切です。それまで穏やかで笑顔があふれていたコーチが急に厳しい顔つきになり、自分の目線に合わせて話し始めるものだから、子どもたちも「間違ったことをしてしまった」という状況がすぐに呑み込めます。そして何が悪かったのかが理解できると、次はしないと決めることができるのです。
 
このメリハリある対応は子どもたちには効果てきめん。いつも怒ってばかりでは、いつものことと流されてしまいます。また、ミニゲームのポジションや交代の方法などコーチが決めごとに関わらないからこそ、自分たちで考えて、実行に移すことができるようになります。
 
次ページ:ピッチの外でも"見守る"
 

sakaiku_camp_01.jpg
自分で考えることが楽しくなる!サカイクキャンプ>>
(※今夏のキャンプは全て終了しています。次回は冬休みに開催予定です)
 
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

 
1  2
取材・文 前田陽子

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(245件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. とにかくじっと待つ!子どものために今からあなたにできること

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 「厳しいサッカーよりも楽しいサッカーをしてもらいたい」徳永悠平のサッカー少年の育て方
    2017年1月10日
  2. ジャージorピステ 寒い日に用意したいのはどっち!?
    2011年10月16日
  3. 本来の力が発揮できなくなるかも?"ポジティブシンキングの罠"に注意
    2017年1月12日
  4. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  5. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  6. 「自分の内側からやりたいと思えることを続けてほしい」FC東京・徳永悠平の父親論
    2017年1月11日
  7. プレイヤーズファーストって知ってる?ただ褒めるだけではなく、然るべきタイミングに褒める親になろう
    2017年1月 6日
  8. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  9. 「緊張しても失敗しない!」子どもの自信を育てるメンタル・トレーニング
    2017年1月 5日
  10. フットサルでいじめ・虐待防止を訴える 川崎市が「オレンジリボン・ファミリーカップ」開催
    2017年1月13日

一覧へ