1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. 賢い選手はピッチで何を観て、何を予測しているのか?

考える力

賢い選手はピッチで何を観て、何を予測しているのか?

2014年12月 8日

キーワード:サッカーサービススペイン知のサッカー認知

スペイン・バルセロナを拠点に、日本サッカー協会のプロジェクトコンサルティングディレクターを務めるなど日本でも活動するサッカーサービス社が『知のサッカー第2巻』を発売してから1年半。多くの購入者からの「もっと深く知りたい!」という声に応え、セミナーが開催されました。講師はサッカーサービス社の分析担当、ポール・デウロンデルコーチ。UEFA・A級ライセンスを持つ分析と指導のスペシャリストで、日本で開校している、サッカーサービススクールのメインコーチでもあります。
 
ポールコーチのセミナーに集まったのは、指導者だけでなくサッカーをするお子さんをお持ちの保護者の方など、総勢50人以上。セミナールームは参加者の熱気が充満していました。まず、ポールコーチはサッカーサービスの指導コンセプトを説明します。
 
DSC06132.JPG
取材・文 鈴木智之
 

■意図をもってプレーするために周りを観る

「サッカーサービスの指導コンセプトは『賢い選手を育てる』ことです。我々が掲げる理想像はピッチの中で、いま何が起きていて、どのようにプレーをすれば良いかを考え、正しい認知(状況把握)とプレーの決断、実行ができる選手です」
 
自ら進んで考え、ピッチの中で自立した賢い選手。これこそがサッカーサービスが考える理想像です。保護者の方々も、『自分の子どもには、自立して欲しい』と思っているのではないでしょうか。では、そのような選手になるために、必要なことはなんでしょうか? ポールコーチが説明します。
 
「まずは意図をもってプレーすること。常に何も考えず、直感だけでプレーすると、なかなかうまくはいきません。意図をもってプレーするために必要なのが、周りを観ること。つまり、認知です。我々が提唱する“エコノメソッド”は認知力や判断力など、頭の中を鍛えるトレーニングです。ボールを使った練習をしながら、技術やフィジカルだけでなく、インテリジェンスも同時に鍛えていきます」
 
ポールコーチによると、エコノメソッドは次の4つのポイントが含まれた指導法だと言います。
 
1:習得テーマを伴ったトレーニング
2:気付き(問いかけ)
3:コンセプト
4:認知
 
そして、選手の年齢に合わせて、段階的にトレーニングを組み立てていきます。
 
「U13の年代はトレーニング初期に当たります。ここでは身体の動かし方、周りを観ること(認知)、そしてテクニックと関連した個人戦術の基礎を作ります。将来、サッカー選手になるための基礎作りとなる、重要な段階と言えるでしょう」
 
DSC06150.JPG
 
 

■周りを観る力を高める4つのポイント

今回のセミナーのテーマは『認知力を高める』です。指導者の方は選手に「周りを見ろ!」といったコーチングをしていると思いますが、子どもたちは「なにを、どう観ればいいのか?」を教えてもらわなければ、周りを観て効果的なプレーにつなげることができません。ポールコーチは、認知のポイントを4つ挙げます。
 
(1)スペースの変化を認知しておく
(2)情報を集めるために首を振る
(3)味方に有利なスペースを認知しておく
(4)近くにいる相手選手の状況を認知しておく
 
サッカーの試合中、ボールの動きに合わせて選手の動きが変わり、スペースができたり、消えたりします。この「スペースができる、消える」というのがスペースの変化です。選手が密集している場所にスペースはありませんが、誰もいない場所はぽっかりと空いています。ポールコーチは、スペースの認知に対して、重要なことは次の部分だと言います。
 
「すでに大きくなっているスペースよりも、今後、大きくなるスペースを優先すること。いま、どこにスペースがあるかではなく、1秒後、2秒後、3秒後、どこにスペースができそうかを選手の動きやボールの動きから予測すること。これがとても大切なことです。世界のトップレベルでプレーする賢い選手の多くが、この視点を持っています」
 
 

■相手にとって危険なスペースを予測せよ!

ポールコーチは具体的に、スペースの認知について説明します。
 
「まずはフィニッシュゾーン内のスペースを優先すること。相手にとって危険なスペースは、ペナルティエリアの中です。ここのスペースに侵入することができれば、ゴールを決める可能性が高くなります。そして、より効果的なのはピッチのサイドではなく内側にあるスペースです。もし、チームのコンセプトとして、サイドのスペースのみを使おうとすると、相手は前方を塞げばいいので、守備はしやすくなります。一方で、ピッチの内側(中央)のスペースを使うことができれば、守備側は的を絞ることが難しく、生まれたスペースを見逃さずに突けば、シュートまで持ち込むことができるでしょう」
 
otani.PNG
 
ポールコーチはそう言うと、知のサッカー第2巻に収録されている、浦和レッズ対柏レイソル戦のプレーを再生しました。柏レイソルのMF大谷秀和選手は中盤のスペースに入ってボールを受けると、前方にいるレアンドロ・ドミンゲス選手にスルーパスを通しました。大谷選手が最初にボールを受けた時、レアンドロ・ドミンゲス選手の前にはスペースがありませんでした。しかし、大谷選手がボールを受けて前方を見た瞬間、レアンドロ・ドミンゲス選手が相手ゴール前へとダッシュで進入しました。
 
二人のイメージがシンクロした結果、ディフェンスラインの裏にできたスペースを使うことに成功したのです。残念ながら大谷選手のパスの精度が低く、GKにキャッチされてしまいましたが、ボールを受けた時点では生まれていなかったスペースを予測し、使うプレーとしてはすばらしいものでした。
 
これはひとつの例ですが、保護者のみなさんも、子どものプレーを見るときに、ただドリブルをした、パスをしたというプレーの現象ではなく、「何を観て、どう判断をしてパスをしたのか」「どのような判断のもとにドリブルをしたのか」といった、頭の中について、考えてみてはいかがでしょうか。
 
そして、試合の後に「あの場面は、何が観えていた?」「なぜ、あそこにパスを出したの?」とプレーの選択について、質問をしてみるのも良いかもしれません。その繰り返しが「考えてプレーする選手」になるために重要なプロセスです。それは試合に勝った、負けたという結果よりも、成長に大切な気付きになるでしょう。次回の更新では、『認知に必要な、ピッチ内の情報を収集する方法』について、ポールコーチが解説します。
 
▼この記事の後編はこちら
周りを観てプレーできるようになる3つのポイント
 

サッカーサービスが教える
「世界で活躍するサッカー選手の育て方」を無料配信!

SOCCER SERVICES

サッカーサービスによる「知のサッカーメルマガ(無料)」に登録しよう!

※メールアドレスを入力して「メルマガに登録する」ボタンをクリックしてください。

※このメール配信はいつでも簡単に解除することが可能です。

 

 

【PR】周りを観る力(認知力)が身に付くサッカー教材

FCバルセロナの選手や世界のトッププロをサポートしてきたスペインの世界的プロ育成集団「サッカーサービス社」が、認知やサポートなど13歳までに身に付けておくべき戦術をプロの試合映像を使って解説。サッカーインテリジェンスを高めたい子ども達が見て学べる映像トレーニング。
知のサッカー第2巻の詳細はこちら>>
【12月15日まで限定
★サッカーサービス社オリジナルサッカーノートプレゼント!
★送料・クリスマスラッピング無料
 
think-soccer-vol2img2.png
1
取材・文 鈴木智之  写真 サカイク編集部

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(245件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. 賢い選手はピッチで何を観て、何を予測しているのか?

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 押し出すインサイドキックはNG?長い距離でも減速しない正確で速いパスの蹴り方
    2016年11月28日
  2. 『リスペクト宣言』って知ってる⁉ 公式戦で大声や怒声を響かせるのは、もう止めよう
    2016年11月30日
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 中澤佑二選手に聞く、周りに差をつけた食事へのこだわりとは?
    2016年11月29日
  5. 意外と知らない!メッシやクリロナのように速くドリブルをする3つのコツ
    2016年11月25日
  6. みんなドン引き。怒鳴るコーチどうするんだ問題
    2016年11月24日
  7. サッカー少年を伸ばす親はなにが優れているのかがわかる記事7選
     
  8. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  9. ジャージorピステ 寒い日に用意したいのはどっち!?
    2011年10月16日
  10. サッカーパパ・ママ必見!子どもの"積極性"を育むバディ流子育て7のコツ
    2016年12月 2日

一覧へ