1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. 引いた相手を崩せないのはなぜ?『遊びごころ』と『自立』の価値

考える力

引いた相手を崩せないのはなぜ?『遊びごころ』と『自立』の価値

2014年10月 1日

キーワード:U-16アジア吉武監督日本代表自立

前回配信した記事『U-16日本代表監督が強調する『自立』の本当の意味とは』で説いた自立した選手の重要性は、技術面にも大きく波及する。近年のジュニア、ジュニアユース世代は個の技術の向上にフォーカスが当てられており、年々選手たちは確実にうまくなっている。しかし、それと反比例するように、自立や自己判断の質は落ちている。一見、スムーズにパスがつながっているサッカーが、判断の質も高いように見えるが、じつは相手が見えていないケースも多い。実際にAFCU-16選手権でも、ビハインドの状況でパススピードが上がらなかったり、消極的なパスが目立るシーンは多く見られた。さらに今大会の兆候として、すべての対戦相手が、日本のポゼッションサッカーに対して、徹底したブロックディフェンスを敷き、日本にあえてパスを回させてミスを待ちカウンターを狙っていた。

 
IMG_9129.JPG
取材・文・写真 安藤隆人
 
<<U-16日本代表監督が強調する『自立』の本当の意味とは
 

■日本に失われつつある『遊びごころ』

香港、中国、オーストラリア、韓国の4チームと戦い、すべての試合で日本がボールポゼッションで圧倒するも、内実はポゼッション“させられている”ことが多かった。そして、香港(2-0)、中国(3-0)には勝利できたが、オーストラリア(2-4)、韓国(0-2)には敗北。オーストラリアと韓国には前線に高い能力を持った選手がおり、カウンターの精度が高かったことが負けた要因。それを差し引けば、この4チームは日本に対してほぼ同じ戦い方をしてきた。
 
結局、ポゼッション“させられる”時間が長くなり、そこで生じたミスをしたたかに突かれた。このミスを突かせないように戦うには、やはり試合を読む眼や、ピンチやチャンスを逃さない眼を持たないといけない。
 
「いまの子どもたちは、正直、遊びがないと思います。サッカーをやらされている感覚があると思う。サッカーは遊びです。むかしは、近所の広場や学校のグラウンドにみんなで集まって、木や自転車をゴールに見立てたりして、みんなで楽しくアイディア豊かに自分たちでルールを作って、そのルールの中で良い汗をかきながら、プレーを工夫していました。でも、いまはそういう遊びがなくなってきている。結局、誰かに決められたルールがあらかじめあって、それになんとなく従っていることが多すぎる気がします」(吉武監督)。
 
遊びの中で創意工夫をしながら、イマジネーションを膨らませてプレーする。この『遊び心』が、いつしかこうしなければいけない、こうやらないといけないという『義務』に変わってしまっている。戦術論が発達し、海外サッカーやJリーグなど、子どもたちにいろいろな情報が入ってくる中で『サッカーはこうあるべき』ということを育成年代から決めてしまう傾向がある。
 
もともと技術というのは、生かさなければ意味がない。技術を生かすということは、止めて蹴る精度を高めるための地道な基礎練習を繰り返すこと。戦術の理解力はもちろん必要だが、それを応用する力がなければ『宝の持ち腐れ』で終わる。応用力こそ豊富なイマジネーションや状況や流れを読む目、直感的な本能を必要とする。そういうものを指導で引き出すのは、なかなか難しい。ジュニア、ジュニアユース年代でそういうものを身につけることができなかった選手が、高校やJユース、そして今回のU-16日本代表のように、明確な指針や戦術を持つ集団に入った時に、そこで独創性やイマジネーションを発揮することは非常に難しい。
 
1  2
取材・文・写真 安藤隆人

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(260件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. 引いた相手を崩せないのはなぜ?『遊びごころ』と『自立』の価値

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 練習、試合で声が出ず活気のないチーム。子どもたちが声を出すようになる「声かけ」はある?
    2017年9月22日
  2. 小4からでは遅い? 息子のスポ少入団を反対する妻をどうしたらいいの問題
    2017年9月21日
  3. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  4. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  5. 足元だけに集中しない!! 試合で使えるボールコントロールが身につくリフティング
    2017年9月14日
  6. 子どもたちを暴力・暴言から守るために、大人がすべき事とは 「暴力・暴言」への対処法(1)
    2017年9月19日
  7. グラウンド確保に苦しむサッカー協会が模索する みんなが楽しめる工夫とは
    2017年9月20日
  8. 楽しんで続ける土台を築くために、ゴールデンエイジまでにどんな接し方をすればいいの?
    2017年9月15日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. 【10月関東開催!】試合中の一歩目が速くなる!『タニラダー講習会』
    2017年9月14日

一覧へ