1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. 「ハンド」はなぜ反則なのか?誰もが知っているルールをサッカーの歴史から考える

考える力

「ハンド」はなぜ反則なのか?誰もが知っているルールをサッカーの歴史から考える

2013年7月12日

キーワード:ルール

HT020587_600.jpg
 
 サッカーを知ることはサッカーをより深く考えること。過去にも『なぜファウルをしてはいけないのか』『「オフサイド」はなぜ反則なのか?』と、ルールにまつわるお話しをしてきましたが、今回はサッカーの大前提とも言うべき「ハンド」のルールについて考えます。
 
 

■サッカーの一番大切なルール「手を使ってはいけない」理由

「なぜ手を使ってはダメなの?」
 
 誰でも一度は不思議に思うこのルール。では、最初からサッカーは手を使ってはいけないスポーツだったのでしょうか? 少し難しくなるかもしれませんが、まずは歴史のお勉強から。
 
 サッカーの起源とされるものは世界中にあるのですが、スポーツとしてのサッカーのルールは19世紀の英国で定められたものがベースになっています。
 
 1863年「対抗戦をスムーズに行うために統一ルールを作ろう」という気運が高まって、世界で最初のサッカーのルールが作られました。それ以前はパブリックスクールがその学校ごとにローカルルールを作り、独自の競技としてプレーしていました。それをひとつにまとめてルールを作ったのですが、ここで問題になったのが「手を使ってはいけない」というルールを盛り込むかどうかでした。
 
 結局このルールの第9条に
 どのプレイヤーもボールを手に持って運んではいけない
 
 第11条には
 ボールを投げたり手で他人にパスしてはいけない
 
 12条に
 競技の進行中にグラウンドからボールを拾い上げてはいけない
 
 という条項が加えられ「手を使ってはいけない」ことが明記されました。
 
 実はこれより前はパブリックスクールのひとつ、ハロー校を中心とする「ドリブル派」と同じくラグビー校を中心とする「ランニング派」に分かれていて、「ランニング派」のサッカーはボールを手に持って走ってもいいというルールでした。
 ラグビー校! そうです。このルールを決める話し合いで、ラグビー校を主体とするランニング派は1871年にラグビーユニオンを結成、これが現在のラグビーになったのです。
 
 ラグビーとサッカーは兄弟スポーツと言われますが、本当に同じスポーツから派生してできた血を分けた兄弟だったんですね。
 
HT020063_600.jpg
 

■手ではなく足を使う理由を考える

“手を使うこと”を禁止した「ドリブル派」の言い分はこうでした。
 
 当時のサッカーは現在のものに比べると非常に荒々しかったようで、けが人が絶えず、サッカー自体を禁じる場所や学校も出てきていました。「ランニング派」の学校が主張するように手でボールを保持することを許しては、なかなかボールが奪えず、結果として足をかけたりヒザを蹴ったりするアンフェアなプレーにつながります。一方足でボールを扱うドリブルは不確実性が大きく、攻守の入れ替わりも増え、悪質なプレーもなくなる。
 
 どちらかというとボールを持って突進する選手をなんとか止める少々荒っぽいゲームと認識されていた「ランニング派」はその後、「ボールを持った選手が身体の三点を地面についたらボールを離さなければいけないればいけない」というルール、つまりタックルを発明し、ラグビーとして成立しました。「ドリブル派」は、それよりもはやく、ボールの使用を手よりも器用に扱えない足に限定することでボールの所有権を移りやすくし、紳士のスポーツとなっていったのです。
 
 サッカーで手を使ってはいけない理由は危険なプレーを減らすためだったんですね。
 
 普段は何も考えず「そういうルールだから」と当たり前に考えていることにも、きちんと理由があって、役割があります。「手を使ってはいけない」というルールにもサッカーの歴史やエッセンスが詰まっています。なぜこのルールが真っ先に決められたのか? そこに紳士のスポーツとしてのサッカーの理念が込められているわけです。
 
 ルールからサッカーの本質を考えるこのコーナー、次回は「アディショナルタイム」について考えてみましょう。
 
 
ロスタイム?アディショナルタイム?言葉で変わる残り時間の過ごし方>>
 
 
大塚一樹(おおつか・かずき)//
育成年代から欧州サッカーまでカテゴリを問わず、サッカーを中心に取材活動を行う。雑誌、webの編集、企業サイトのコンテンツ作成など様々 な役割、仕事を経験し2012年に独立。現在はサッカー、スポーツだけでなく、多種多様な分野の執筆、企画、編集に携わっている。編著に『欧州サッカー6大リーグパーフェクト監督名鑑』、全日本女子バレーボールチームの参謀・渡辺啓太アナリストの『なぜ全日本女子バレーは世界と互角に戦えるのか』を構成。
Facebookページはコチラ
1
文/大塚一樹 写真/田川秀之(JA杯全農チビリンピック2013全国決勝大会より)

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(245件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. 「ハンド」はなぜ反則なのか?誰もが知っているルールをサッカーの歴史から考える

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 「厳しいサッカーよりも楽しいサッカーをしてもらいたい」徳永悠平のサッカー少年の育て方
    2017年1月10日
  2. ジャージorピステ 寒い日に用意したいのはどっち!?
    2011年10月16日
  3. 本来の力が発揮できなくなるかも?"ポジティブシンキングの罠"に注意
    2017年1月12日
  4. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  5. 「自分の内側からやりたいと思えることを続けてほしい」FC東京・徳永悠平の父親論
    2017年1月11日
  6. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  7. 父は思春期とどう向き合えばよろしいか問題
    2017年1月16日
  8. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  9. プレイヤーズファーストって知ってる?ただ褒めるだけではなく、然るべきタイミングに褒める親になろう
    2017年1月 6日
  10. 「緊張しても失敗しない!」子どもの自信を育てるメンタル・トレーニング
    2017年1月 5日

一覧へ