1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. シャビを育てた元バルセロナカンテラコーチの教えに迫る!<5> U12クリニック・トレーニング法

考える力

シャビを育てた元バルセロナカンテラコーチの教えに迫る!<5> U12クリニック・トレーニング法

2011年5月12日

キーワード:スペインバルセロナフェイント海外サッカー知のサッカー

soccer-services.png

FCバルセロナ(スペイン)の下部組織監督として、数多くの選手を育ててきたジョアン・ビラ。彼の教え子であるシャビ、プジョル、V・バルデスたちは、現在のバルセロナの中心を担っています。ジョアン・ビラは現在、FCバルセロナを離れ、「サッカーサービス」という組織を作り、カタルーニャのみならず、ヨーロッパやアジア各国を回り、育成年代の選手を指導しています。

彼らは今年2月に来日し、日本のU-12年代を対象としたクリニックを行いました。密着取材を敢行したサカイク編集部は、ジョアン・ビラが考える「チャンピオンズリーグで活躍する選手になるための指導」について、様々な角度から迫っていきます。

今回は、クリニックの初めに行われていた、ウォーミングアップ用のトレーニングメニューを紹介します。

11.5.12-1.jpg

<練習1 手つなぎオニゴッコ>

《方法》

  1. 四角いスペースの中に選手が15人程度、入ります。
  2. オニは最初ひとりで、オニにタッチされた人はオニの仲間になり、手をつなぎます。
  3. 2人のオニは手をつないだまま、3人目の仲間を探しにいきます。
  4. オニにタッチされたら手をつないで仲間になり、オニが3人、4人と増えていきます。
  5. オニが4人になったら、2人ずつにわかれ、オニが2組になります。
  6. 2組がオニの仲間を探しに行き、オニの数が5組、6組......とある程度の数になったところで終了です。


《解説》

これはウォーミングアップとして、遊びながら体を動かすだけでなく、判断とコミュニケーションのトレーニングにもなります。オニは手をつないだ状態で、ひとつのかたまりとなって動かなくてはいけません。そこで「右にいこう」「あの選手を狙おう」などのコミュニケーションをとることができれば、スムーズに動くことができます。一方、オニ同士でコミュニケーションがとれないと、バラバラで動くことになり、行きたい方向に進めなくなります。オニが2人のうちは、意志の統一もしやすいですが、3人になると色々な意見が出て、足並みがそろわなくなります。ポイントはコミュニケーションをとって、チームで一緒にターゲットを狙いに行くことです。みんなで同じ方向を向いていれば、つかまえることができます。オニから逃げるときは、前後左右にフェイントを入れることを徹底しましょう。

1  2

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(246件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. シャビを育てた元バルセロナカンテラコーチの教えに迫る!<5> U12クリニック・トレーニング法

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 『遊び』を通してサッカーに必要なスキルを身につける!子どもが楽しんで取り組めるトレーニングまとめ
     
  2. いつものダッシュに"ひと工夫"で「とっさの判断力」を鍛える~アスリート版シナプソロジー~
    2017年2月23日
  3. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  4. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  5. FCバルセロナの下部組織&サッカーサービスのスペイン人コーチに学ぶ「13歳までに身につけたい守備戦術」など
     
  6. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  7. 子どもが心からサッカーを楽しむためには、まず親自身が心を「良い状態」にすることが大事
    2017年2月24日
  8. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  9. 親子でサッカーを楽しむ!会話が弾むDVD活用術&自宅でできる簡単トレーニングまとめ
     
  10. 動画で解説!なぜバルセロナの選手は、ボールを失ってもすぐに奪い返せるのか?
    2017年2月13日

一覧へ