1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 「どれだけ練習したか」ではなく「試合でどれだけ使ったか」サッカー少年を育む4つの栄養素

テクニック

「どれだけ練習したか」ではなく「試合でどれだけ使ったか」サッカー少年を育む4つの栄養素

2015年10月 5日

キーワード:やる気クラウスサポートトレーニングモダンフットボールモチベーション子どものやる気子育て

「フォルカー・フィンケがこんなことを言っていたよ。『選手の立場に立って練習を考えてみろ』と。自分がやりたいと思うトレーニングこそが、子どもたちにとっても楽しいトレーニングのはずだ。子どもがサッカーの練習に来るのはなぜだ? それはサッカーがしたいからだ。それならばできるかぎり多くサッカーをさせることだよ。そこでコーチが複雑にいろいろなことを考えてやろうとするから、子どもたちのサッカーを壊してしまうんだ」
 
練習メニューを考えるときはどういった点に注意した方がいいかと尋ねると、クラウスは即座にそう指摘しました。子どもたちをうまくしてあげたいという気持ちは素晴らしいものです。その熱意から「サッカーを楽しむのはいいとしても、ただ楽しんでいるだけではうまくはなれない。何事も基本が大切なのだから、まずはみっちり基礎技術を叩き込むべき」という意見もよく聞かれます。しかし、子どもたちの技術力をつけるうえで大切なのは「どの技術をどれだけ練習したのか」ではなく、「ゲームの中でどんな技術をどれだけの頻度で使ったのか」なのです。(取材・文 中野吉之伴)
 
IMG_3451_s.jpg
 

■上達する練習には楽しさと喜びが不可欠

クラウスも「練習の間ずっと4対4や5対5を続けて、子どもたちがすごく楽しそうに集中して取り組んでいたら、それはありきたりのドリルトレーニングを延々と繰り返す1000倍、子どもたちを成長させる」と強調します。集中するのに何よりの秘訣は楽しさと喜び。やっていて楽しいから、ずっとがんばれる。時間がたつのを忘れるほど夢中にさせることができたら、それは素晴らしい練習と言えるでしょう。
 
もちろん、「技術トレーニングをする必要がない」というわけではありません。技術は選手としての大切なベース。ボールを止める、運ぶ、蹴るという技術は常に取り組む必要があります。それにミニゲームだけをやっているとだらけてしまうこともあるでしょう。練習に様々なバリエーションがあったほうが、選手もリフレッシュすることができます。その際に気を付けなければならないのは技術練習をサッカーと切り離しすぎないこと。インサイドキックならインサイドキックだけと単純化すればするほど、練習は退屈になってしまいます。
 
クラウスは「私のDVD『モダンフットボール』もその分野に関する内容を網羅しているけど、ボールコントロール、キック、ドリブル、パスといったベーシックテクニックをシュートや1対1と組み合わせることで、子どもたちが退屈することなく、モチベーションを持って取り組むことができる」と話します。集中する秘訣が楽しさならば、退屈は子どものモチベーションを奪う一番の悪因です。待ち時間の長いトレーニングをアレンジしておいて、「集中しろ!」「我慢が足らない!」というのはあまりにも理不尽。選手それぞれが頻繁にボールに触れるように考慮されなければなりません。それに子どもたちは競争が好きですから、そうした特性を利用することも大切でしょう。リレーやポイントを競うゲーム要素を加えることで、自然と子どもたちのモチベーションを高めることができます。特にシュートは最も熱中するもの。準備の段階で子どもたちのレベルに応じて難易度を調整できるようにしておくことも必要です。
 

■サッカー少年を育む4つの栄養素

まとめると「それぞれのボールタッチ頻度を多くするようにオーガナイズする」、「競争要素を入れる」、「難易度を調整する」、「シュートと結びつける」の4点が退屈させないためのポイントとして挙げられます。
 
 さて、基本技術と言っても、選手それぞれ得手不得手があります。得意なプレーはやればできるのだから楽しい。苦手なプレーはやってもできないからやりたがらない。あなたのチームでもそうした傾向は見られるのではないでしょうか?クラウスは苦手なことにも取り組む大切さを認めたうえで、子どもに対してはうまくトリックを使うことが大事だと説きます。
 
「苦手意識のある子にただ”やれ!”といってもダメ。自然とやりたくなる環境を作り出さないと。例えば利き足じゃない方のキックを鍛えようとするなら、ミニゲームの時に利き足でゴールしたら1点、逆足でゴールしたら3点というルールを加える。あるいはマーカーにボールを当てるチーム対抗戦で、利き足で当てたら1点、逆足なら3点というルールにする。子供は基本負けず嫌いだし、向上心があるんだから、挑戦するようになる。苦手なことに取り組むのは大人でも大変なんだ。わかりやすいルールを加えることで、モチベーションアップにつなげる」
 
こどものチャレンジしたいと思う気持ちをくすぐる。苦手だけどチャレンジしたら少しずつできるようになった。できるようになったら、なんでできたほうがよかったのかがわかった。そうやって少しずつ成長へと導くことが大事なのです。
 
次ページ:がんばった量だけで成長率は決まらない!
 

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

 

●この記事を読んだ方へおすすめ●

ボランティアコーチにオススメのトレーニングメニュー集

MF_banner_300x250_08.jpg

負けず嫌いな子どもの「やる気」を引き出しながら、1対1や球際の強さ、シュートへの意識などもしっかり身につけられるトレーニングメニュー集。ボランティアコーチのみなさんにもっと使っていただきたいとの思いから40%OFFになりました!

商品詳細はこちら
サカイク編集部が厳選したオススメ商品が満載!
E-3ショップ
サッカー育成メディアNo.1のサカイクが自信をもってオススメする商品を集めました。ここだけのオリジナル商品もあり!
1  2

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 「どれだけ練習したか」ではなく「試合でどれだけ使ったか」サッカー少年を育む4つの栄養素

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. ゴールキーパーの練習メニュー ~シュートブロック編~
    2017年8月21日
  2. サッカーが上手くなるためのビデオ映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  3. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  4. 夏休み、ちゃんと休んでますか? サッカーが上手くなるのに大事な2種類の休み方
    2017年8月21日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日
  7. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  10. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     

一覧へ