1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. なでしこジャパンの強さの秘密とは!? オランダ戦徹底分析

テクニック

なでしこジャパンの強さの秘密とは!? オランダ戦徹底分析

2015年6月26日

キーワード:なでしこジャパンサッカーサービス判断女子ワールドカップ実行認知

FIFA女子ワールドカップ2015カナダに出場中のなでしこジャパン。ラウンド16のオランダ戦に2対1で勝利し、ベスト8に駒を進めました。果たして、なでしこジャパンの戦いぶりはどうだったのでしょうか? このまま決勝戦まで、突き進むことができるのでしょうか? サッカーサービスのポール・デウロンデルコーチにオランダ戦の分析をしてもらいました。(取材・文 鈴木智之 写真 Getty images)
 
GettyImages-478226198.jpg
 
 

■ポゼッションとカウンター、ふたつの型を使い分ける攻撃陣

なでしこジャパンはオランダに2対1で勝ちました。この試合の両チームを比べると、技術的にも体力的にも、戦術的にもなでしこの方が、オランダを上回っていたと思います。なかでも、なでしこの選手たちのボールを扱う技術、身体を自在に動かすコーディネーションは、オランダよりも優れていました。もし、なでしこの選手たちが、もう少し速い判断のもとにプレーをすることができれば、3点、4点とゴールが決まっていたかもしれません。
 
まずは、この試合で良かった点から見て行きましょう。なでしこは、攻撃時に2つのパターンを使い分けることができるチームです。チームとしてボールを保持することができ、ボールを扱う技術が高いので、ポゼッションをしながら攻めることができました。一方で、前線からプレスをかけてボールを奪うと、時間をかけずに、素早く相手ゴールに迫る形も何度か披露しました。つまり、ポゼッション型の遅攻とカウンター型の速攻という、2つの攻撃パターンを使い分け、それをゴールに結びつけたのです。
 
攻撃に関して言うと、右サイドバックの有吉佐織選手が良いプレーをしました。有吉選手が攻め上がってサイドハーフの位置に入ることで、中盤の4人+有吉選手という形になり、最終ラインを2人のセンターバックと左サイドバックの3人で形成し、幅と厚みをともなった攻撃ができている時間をつくれました。
 

■認知・判断・実行のプロセスが的確に行われた先制ゴール

先制ゴールの場面、有吉選手はこぼれ球を予測して前進し、必要な場面に意図的に入っています。これは、我々サッカーサービスがU‐13年代から提唱している「周りの状況を認知し、予測し、判断する」というプレーです。認知・判断・実行のプロセスが的確に行われたことが、ゴールに結びついたのだと思います。もちろん、宮間あや選手のクロス、ゴールポストに当たった大儀見優季選手のヘディングも良かったと思います。
 
大儀見選手は、スペースで受ける、相手のマークを外す動きに秀でた選手です。有吉選手のゴールのひとつ前のプレーでは、大儀見選手はマーカー(DF)の裏に抜ける動きをし、相手がプレーしづらい状況を作り出してから、反対の動きをして中央に入り込んでいます。相手DFはボールとともに、大儀見選手の動きも見なければいけない状態でした。
 
大儀見選手のマークを外す動きはすばらしいものがありますが、その回数を増やし、精度を高めることはできると思います。オランダよりもレベルが上のチーム、相手と競り合う場合、さらなる動き出しの質が求められるでしょう。とくにマークを外すタイミングに関しては、さらに向上できると思います。
 
2点目の阪口選手のミドルシュートに至るコンビネーションは、良かったと思います。なかでも、シュートを打つまでの「ボールを奪う→速攻」という形は質の高いものでした。まず、オランダの左センターバックがボールを持った時に、岩渕真奈選手がプレスに行きます。これにより、オランダの左センターバックは左サイドバックへとパスを出します。そこには川澄奈穂美選手がプレスに行っており、縦のコースを塞いでいました。
 
そこで、左サイドバックの選手は中央にパスを出すのですが、そこには阪口選手がプレスをかけに行っていました。そこでボールを奪うと、川澄選手、岩渕選手とつなぎ、大儀見選手へスルーパスを出します。大儀見選手がペナルティエリアでキープしているところに、宮間選手が相手の逆をつく動き出しでフリーになってパスを受け、中央へ折り返したボールを岩渕選手がスルー。最後は阪口選手が左足でシュートを決めました。
 
次ページ:2点目を生んだなでしこの組織的なディフェンス
 

サッカーサービスが教える
「世界で活躍するサッカー選手の育て方」を無料配信!

SOCCER SERVICES

サッカーサービスによる「知のサッカーメルマガ(無料)」に登録しよう!

※メールアドレスを入力して「メルマガに登録する」ボタンをクリックしてください。

※このメール配信はいつでも簡単に解除することが可能です。

 

"世界で求められる「認知力」、「判断力」、「実行力」を身に付ける数日間!

1407292761__293643_961_424748_tn.jpgのサムネイル画像

⇒サッカーサービスキャンプ公式サイト
 
 
「予測し、判断するチカラ」を鍛えられるDVD!
FCバルセロナの選手や世界のトッププロをサポートしてきたスペインの世界的プロ育成集団「サッカーサービス社」が、認知やサポートなど13歳までに身に付けておくべき戦術をJリーグの試合映像を使って徹底解説。サッカーインテリジェンスを高めたい子ども達が「見て・学べる」映像トレーニング。
think-soccer-vol2img2-thumb-250x201-9799.png
選手向け「知のサッカー第2巻」の詳細はこちら>>
指導者向け「知のサッカー第1巻」の詳細はこちら>>
 
1  2
取材・文 鈴木智之 写真 Getty images

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. なでしこジャパンの強さの秘密とは!? オランダ戦徹底分析

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. レベルがバラバラの子どもたちの練習をどうすればいいか? [池上正コーチングゼミ]
    2017年3月22日
  2. 負けん気が強いあまり暴言や暴力に及ぶ息子の問題
    2017年3月22日
  3. あなたの言動で変わる!いまどきの子どもの「やる気」の引き出しかた
    2017年3月24日
  4. 子どもが壁を乗り越える力を発揮するために親はどうあればいいのか
    2017年3月21日
  5. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  6. 元Jリーガー監督が語る「どこでも通用するのは"ボールを奪える選手"と"ボールを失わない選手"」
    2017年3月16日
  7. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  8. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  9. 失敗が怖いときは、やるべきことをシンプルにしてあげると緊張は小さくなる
    2017年3月27日
  10. 【PR】1対1が強くなる!と話題の「サッカー検定」をやってみた!(後編:検定の部)
    2017年3月21日

一覧へ