1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 「広がれ」という指示はNG!与えるのは答えではなく少しのヒント【クラウスの金言】

テクニック

「広がれ」という指示はNG!与えるのは答えではなく少しのヒント【クラウスの金言】

2015年3月16日

キーワード:クラウスサッカードイツ

サッカーには「技術」「戦術」「フィジカル」「メンタル」「チームワーク」「コミニュケーション」など、様々な要素が必要です。どれもいきなり身につくものではなく、小さい時から少しずつ順序立ててやっていくことが大切。今回はその中から「戦術」をテーマとし、ドイツのプロサッカーコーチライセンス(日本で言うS級)保持者で、1.FCケルン元育成部長のクラウス・パプスト氏にいろいろと尋ねてみました。(取材・文 中野吉之伴)

PH3-thumb-580xauto-873.jpg

■不必要に多くゲームを止めないこと

戦術とはそもそも何でしょうか。ドイツでは「状況に応じた最適なプレー判断をするためのベースとなる考え方」と考えられています。つまり戦術とは、知ることでピッチ上でどのようなプレーをすべきかという判断の助けとなるものであり、戦術という鎖で選手のプレーをがんじがらめにするものではないのです。戦術理解を深めるのはもちろん大切ですが、年代にあった課題を与えることが重要。日本でもドイツでも、自分のイメージにそぐわないプレーに感情を露わにする大人が残念ながらまだ見られますが、特に小さい子どもから小学生年代では細かすぎる指示は弊害にしかなりません。
 
クラウスも「練習中でも不必要に多くゲームを止めないことが大切なんだ。9歳の子どもでも自分のこと、ボールのこと、ゴールのこと、あとは仲の良い友人のことくらいにしか意識を向けることができない。この年代の子どもにとってはこれが普通で、全体的な状況把握をするのはとても難しいこと。大人はすでに積み重ねがある。状況を把握できるし、どうしたらいいかの経験もある。子どもたちはその経験をしている段階なんだ。学校で算数を学ぶのもそうだろう。最初は1+1からだ。いきなり掛け算を学んだりはしないだろう?外から難しいことを怒鳴ったり、注意ばかりをしても何も伝わらないんだよ」と主張します。
 
次ページ:与えるのは答えではなくちょっとしたヒント
 

●この記事を読んだ方へおすすめ●

ボランティアコーチにオススメのトレーニングメニュー集

MF_banner_300x250_08.jpg

負けず嫌いな子どもの「やる気」を引き出しながら、1対1や球際の強さ、シュートへの意識などもしっかり身につけられるトレーニングメニュー集。ボランティアコーチのみなさんにもっと使っていただきたいとの思いから40%OFFになりました!

商品詳細はこちら
サカイク編集部が厳選したオススメ商品が満載!
E-3ショップ
サッカー育成メディアNo.1のサカイクが自信をもってオススメする商品を集めました。ここだけのオリジナル商品もあり!
 
1  2

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 「広がれ」という指示はNG!与えるのは答えではなく少しのヒント【クラウスの金言】

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 足元だけに集中しない!! 試合で使えるボールコントロールが身につくリフティング
    2017年9月14日
  2. 小4からでは遅い? 息子のスポ少入団を反対する妻をどうしたらいいの問題
    2017年9月21日
  3. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  4. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  5. 楽しんで続ける土台を築くために、ゴールデンエイジまでにどんな接し方をすればいいの?
    2017年9月15日
  6. 回数は重要じゃない! サッカーが上手くなるリフティングの身につけ方
    2017年9月 8日
  7. 子どもたちを暴力・暴言から守るために、大人がすべき事とは 「暴力・暴言」への対処法(1)
    2017年9月19日
  8. 【10月関東開催!】試合中の一歩目が速くなる!『タニラダー講習会』
    2017年9月14日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. 子どもが「ゴールキーパーを辞めたい」と言い出す前に!インナーパットで衝撃から身を守ろう
    2017年9月15日

一覧へ