1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. ゴールを決める!目的を持ったトレーニングが子どもを成長させる【クラウスの金言】

テクニック

ゴールを決める!目的を持ったトレーニングが子どもを成長させる【クラウスの金言】

2015年3月13日

キーワード:U-12コーチトレーニングモダンフットボール

最近ではインターネットや雑誌で、世界中の様々な最新戦術やトレーリング理論が紹介されています。日本サッカーが世界に追い付くためにもと、なんとかその秘密に迫ろうと躍起になっているのかもしれません。しかしサッカーでもどんな分野でも、まず大事にしなければならないのは基本ではないでしょうか。今回はドイツのプロサッカーコーチライセンス(日本で言うS級)保持者で、元1.FCケルンの育成部長を務めたクラウス・パプスト氏に、育成年代における取り組みの基本について語っていただきました。(取材・文 中野吉之伴)
 
klaus1-thumb-580xauto-864.jpg
 

■まずは、ボールを持ったときの安心感を持たせてあげること

日本人選手を評価する表現として、「技術はあるけど……」という飾り言葉をよく聞きませんか。フィジカルコンタクトでは他国の選手に負けるかもしれないが、ボール扱いは優れている。この認識は正しいのでしょうか。
 
そのためには技術に対する定義をしっかりとする必要があるはずです。まずプレッシャーがない状況でボールを操る技術とさまざまなプレッシャーがかかる試合での技術は分けて考えるべきではないでしょうか?
 
この問いかけに対してクラウスは「そのとおりだと思う。サッカーにおける一番の問題は相手選手の存在だからだ」と語り出します。「しかし段階がある事を忘れてはいけない。子どもの試合で一番悪いのは、子どもたちがゲームから隠れてしまうことだ。積極的に関わろうとしない子どもたちが出るのはどうしてだろうか。ボールを持つとみんながパスをくれと叫ぶ。何とかしないといけないと慌ててしまう。小学校低学年では、基本を身につけなければならない。ボールを扱うことができる技術、ボールを持った時の安心感がまず必要でなんだ」と説きます。
 
ボールを扱うことに自信を持てれば、1人は抜くことができるという気持ちの余裕も生まれてくる。1人抜けるようになると、2人に囲まれてもそこまで大きなストレスを感じることはなくなる。気をつけなくてはならないのは「基本技術=つまらない練習」にならないようにすること。待ち時間を極力なくすようにオーガナイズし、できるだけ競争意識を刺激するメニューを取り入れます。そして簡単な内容からスタートし、少しずつバリエーションを増やしたり、難易度を上げていきます。そうすることで子どもたちは集中力を欠くことなく、練習に取り組むことができるのです。
次ページ:ドリル+ミニゲームの組み合わせが重要>>

●この記事を読んだ方へおすすめ●

ボランティアコーチにオススメのトレーニングメニュー集

MF_banner_300x250_08.jpg

負けず嫌いな子どもの「やる気」を引き出しながら、1対1や球際の強さ、シュートへの意識などもしっかり身につけられるトレーニングメニュー集。ボランティアコーチのみなさんにもっと使っていただきたいとの思いから40%OFFになりました!

商品詳細はこちら
サカイク編集部が厳選したオススメ商品が満載!
E-3ショップ
サッカー育成メディアNo.1のサカイクが自信をもってオススメする商品を集めました。ここだけのオリジナル商品もあり!
 
1  2
取材・文 中野吉之伴

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. ゴールを決める!目的を持ったトレーニングが子どもを成長させる【クラウスの金言】

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 子どもの体を大きくするためにはマスト?牛乳について気になること
    2017年4月25日
  2. チームに期待を持てず移籍を迷うんだが問題
    2017年4月26日
  3. すぐ早く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の早く走る方法
    2013年6月13日
  4. 送迎も普段使いもレジャーにも!サッカーパパ&ママにとって「使い勝手がいい」3列シート
    2017年4月27日
  5. 東京国際ユース(U-14)サッカー大会の選手名簿が公開!
    2017年4月27日
  6. 「君ならできるのになんでやらないの?」風間八宏流・子どもを伸ばす"褒めながら怒る"方法
    2017年1月20日
  7. 基礎練習になると子どもたちが飽きてしまう。効果的かつ楽しめる練習メニューはある?
    2017年4月28日
  8. 子どもは失敗に敏感!うまくいっていない事には親が「無愛想」になって良いイメージを描かせよう
    2017年4月21日
  9. 子どもの足を速くしたいなら必見!足が速くなる記事まとめ
     
  10. 子どもを「勝たせたい」「うまくさせたい」よりも先に、大切にしてほしい"10の心得"
    2017年4月17日

一覧へ