1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 強い決断力がシュートを決める!チャンスに弱い子に伝えたいこと

テクニック

強い決断力がシュートを決める!チャンスに弱い子に伝えたいこと

2015年1月28日

キーワード:アジアカップ日本代表

日本代表はUAEを圧倒的に押し込みながらもPK戦の末に敗れ、アジアカップ敗退が決まった。スペイン・バルセロナを中心に世界中で活躍する指導者集団『サッカーサービス』のポール・デウロンデルコーチは、日本代表の攻撃をどう見たのか。UEFA・A級ライセンス保持者の分析をお届けする。(取材・文/鈴木智之)
 
MKP_0636.jpg
日本代表はなぜ決定的なチャンスを外し続けたのだろうか(撮影/松岡健三郎)
 
 
まずは、レジェンドスタジアムの動画で試合を振り返ってみよう>>
 
 

■“ピッチの幅”を取ったほうがいい理由

UAE戦、日本はシュート35本と圧倒的に攻め込みながらも、1ゴールしか奪うことができませんでした。日本の攻撃がうまくいかなかったポイントのひとつに「攻撃時の幅の欠如」があります。
 
試合を通じて、両ウイングの本田選手と乾選手(途中から武藤選手)が、ピッチの中央地帯に入ってきてプレーする場面が多く見られました。
 
これ自体は良いプレーなのですが、両ウイングが中に入ったためにできた、ピッチの外側のスペースを長友、酒井の両サイドバック、またはその他の選手が使うシーンがあまり見られませんでした。つまり、サイドのエリアにどの選手もいない時があり、サイドをうまく使えていない場面が見受けられました。
 
相手チームがピッチの中央を固めて守備をする場合、ピッチを縦に4分割した、もっとも外側のスペースをつかうことが鉄則です。両ウイングやサイドバックがピッチの幅を取って、相手がマークに来ざるをえない状況をつくり、選手同士の距離を広げさせます。そしてピッチ中央にできたスペースを、他の選手が突きます。これが相手の守備を崩すために必要な“スペースを作り、使うプレー”です。
 
UAE戦は、中央ばかりではなくサイドのスペースを有効に使うことができていたら、チャンスの質も変わっていたのではないでしょうか。

1  2
取材・文/鈴木智之

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 強い決断力がシュートを決める!チャンスに弱い子に伝えたいこと

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 「子どものやる気を引き出すために、親がやる気になっていませんか?」風間八宏流・子どものやる気を引き出す方法
    2017年1月18日
  2. 「君ならできるのになんでやらないの?」風間八宏流・子どもを伸ばす"褒めながら怒る"方法
    2017年1月20日
  3. JリーグMVP中村憲剛がサッカー少年に伝えたい、うまくなるための「考え方」とは
    2017年1月17日
  4. 目標を達成するために重要な「自信」の育て方
    2017年1月19日
  5. ジャージorピステ 寒い日に用意したいのはどっち!?
    2011年10月16日
  6. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  7. 父は思春期とどう向き合えばよろしいか問題
    2017年1月16日
  8. "対戦相手を思いやれる"バルサの12歳は、どのように育てられるのか
    2016年9月 1日
  9. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  10. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日

一覧へ