1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 柿谷選手の注目すべきプレー『ファーストタッチ』に迫る

テクニック

柿谷選手の注目すべきプレー『ファーストタッチ』に迫る

2013年9月 4日

キーワード:テクニックトラップ日本代表

K-1.jpg
 
9月の日本代表2連戦、グアテマラ戦とガーナ戦のメンバーに選出されたFW、柿谷曜一朗選手。東アジアカップとウルグアイ戦に引き続き、今回もスタメン出場が期待されています。
 
柿谷選手はテクニック、スピードがあり、シュートも素晴らしい精度を持っていますが、その中でも特に見るべきプレーは『ファーストタッチ』でしょう。本人もメディアの取材に対しては「自分はトラップが最大の武器」としばしば語っており、「ディフェンスが立つ位置によってもトラップは変わる。何気なく止めているようでも、必ずトラップには意図がある」と強いこだわりを持っているようです。
 

■スーパーゴールの影に潜んだ直前の動き

思い返せば、柿谷選手が世間から広く注目を浴びるきっかけになったのは、2007年に行われたU-17ワールドカップのフランス戦、センターサークル付近から相手GKの頭上を越える超ロングシュートでした。ひらめき、勇気、そしてキックの技術。そして、このゴールに至る過程には、ファーストタッチの重要性も隠れています。
 
柿谷選手は相手ゴール側に背を向けた状態で味方のクリアボールを拾うとき、右足を引いてボールの勢いを殺しながら、ファーストタッチで素早く前へターンしています。しかもこのとき、自陣方向へグッと踏み込むフェイクを入れることで「ポストプレーか?」と相手に思わせ、自分に対するマークも外しました。このファーストタッチで余裕を作ったことで、スーパーゴールは生まれたと言えるでしょう。
 
重要なのは『次のプレーにつながるトラップ』、すなわちファーストタッチをする、という意識を強く持つことです。
 
K.Arai_130728_02.jpg
 

■“トラップ”という単体の動きで終わらせない

柿谷選手のトラップには、必ず「ながら」という言葉が付きます。トラップし「ながら」走る、トラップし「ながら」ターンする、トラップし「ながら」方向を変える、トラップし「ながら」シュートの踏み込み体制を作る……。そのプレーを見ると、トラップを止めてから次のボールタッチをするまでの動きが、一連の流れになっていることがよくわかります。これが平凡な選手の場合、トラップしたときに足がピタッと止まり、次の動きに入る前に相手のプレッシャーを受けてしまうのです。
 
2013年5月のJ1月間ベストゴールに選ばれた、名古屋戦のゴールも素晴らしいファーストタッチが隠れていました。センターバックの背後から飛び出した柿谷選手は、左サイド側からのスピードの速いパスを、左足のアウトサイドで受け、そのままシュートを決めました。このとき、左足で普通にトラップすると左足側にボールが置かれることが多いのですが、柿谷選手はあえてボールを右足側へ流すことで、相手センターバックから遠く、なおかつ自分の利き足でシュートを打てる場所にボールを置きました。まさに完璧なファーストタッチ、テクニックと状況判断がミックスされた素晴らしいゴールでした。
 
百聞は一見にしかず。柿谷選手がトラップし「ながら」何を成功させているのか。自らの目で確認してみてください。
 
明日は柿谷選手のドリブルに迫ります(9月5日更新予定)。
 
 
清水英斗(しみず・ひでと)//
フリーのサッカークリエイター。ドイツやオランダ、スペインなどでの取材活動豊富でライターのほか、ラジオパーソナリティー、サッカー指導、イベントプロデュース・運営も手がける。プレーヤー目線で試合を切り取ることを得意とし、著書は、『あなたのサッカー「観戦力」がグンと高まる本』『イタリアに学ぶ ストライカー練習メニュー100 』『サッカー観戦力が高まる~試合が100倍面白くなる100の視点』『サッカー守備DF&GK練習メニュー100』『サイドアタッカー』 『セットプレー戦術120』など多数。
●twitterID:@kaizokuhide
 

 

1
文/清水英斗 写真/新井賢一(東アジアカップ2013決勝大会より)

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 柿谷選手の注目すべきプレー『ファーストタッチ』に迫る

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. スペインで行われた大会で日本人の大西貫太郎君がMVPに選出!
    2017年6月26日
  2. 【速く走るための参考にしたい記事】ふくらはぎやアキレス腱の使い方をマスターしてスピードアップ!
     
  3. ボールを奪うための準備が課題の子どもたち 相手にボールが渡る前の動きをどう指導すればいい?
    2017年6月23日
  4. 新しいクラブで試合に出られない プレーが消極的な息子をどう支えたらいいの問題
    2017年6月22日
  5. しつもんが尋問になってない? 子供の考える力を促す「聞き方」のコツとは...
     
  6. 子どもたちに「気づかせる」ための6対3の練習メニュー
    2017年6月27日
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日
  9. 試合を想定した練習で止める、蹴る、運ぶなど個人技術を磨く! ブラジル名門クラブの「パス&コントロール」トレーニング
    2017年6月16日
  10. 「サッカーを教えていませんか? だから、うまくならないんです」川崎フロンターレ風間八宏監督に学ぶサッカー少年の育て方
    2016年6月14日

一覧へ