1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. コンフェデレーションズカップで見た! ネイマールとバロテッリの華麗なテクニック

テクニック

コンフェデレーションズカップで見た! ネイマールとバロテッリの華麗なテクニック

2013年6月26日

キーワード:イタリアテクニックブラジル

130615_04_K.Arai_600.jpg
 
コンフェデレーションズカップ2013も、残るは準決勝ブラジル対ウルグアイ、スペイン対イタリア、さらに決勝と3位決定戦でフィナーレを迎えます。
 
今回はグループリーグの試合に見られた華麗なテクニックを分析!ワールドクラスの選手たちが繰り広げるプレーから、サッカーがうまくなるコツを盗んでみましょう。
 
 

■今大会No.1の注目選手、ネイマール(ブラジル代表)

【ボレーシュート】
日本戦のキックオフ直後、前半3分に見せたネイマールのボレーシュートは僕たち日本人としては非常に悔しい失点でしたが、今にして思えば、開催国のブラジルを熱狂させる素晴らしい大会のキックオフになりました。
 
まずは左サイドのマルセロがクロス。このボールが自分の頭を越えるとわかったネイマールは、素早く反転し、次のボールに反応するための体勢を作ります。そしてフレッジが胸で落としたボールを、余裕を持ってボレーシュートへ。
 
少し高めに浮いたボールを上から下へ打ち下ろすためには、ネイマールのように体を斜めに倒しながら足を振るのがポイントです。ダウンスイングでボールを斬るように蹴られたボレーシュートは、川島永嗣が守るゴールの隅に突き刺さりました。
 
【背面への胸トラップ】
メキシコ戦の前半23分、右サイドから蹴られた浮き球パスに対して、ネイマールが面白いトラップを見せました。
 
もともと浮き球を使うのが得意なネイマール。この場面はボールに対して寄って行き、胸トラップで足元に収めると見せかけて、胸を引きながら自分の後ろ側へボールを流し、食いついたメキシコのDFをかわしました。その後の左足のシュートは枠を外れましたが、グラウンドの足技だけでなく、浮き球に対してもさまざまな駆け引きができるネイマールの巧さが表れたシーンでした。
 
【足裏ダブルタッチ股抜き】
メキシコ戦の後半アディショナルタイム、パウリーニョが中央をドリブルで進み、左サイドのネイマールへパス。メキシコは右サイドバックのミエル、センターバックのハビエル・ロドリゲスが2人で守備を行いました。
 
まず、ネイマールは足の裏でボールを左へ転がし、そこからグッと前へ踏み込んで「行くぞ」という陽動のフェイントを仕掛けます。ここで、ハビエル・ロドリゲスとミエルの間に、わずかなすき間が生まれているのをネイマールは見逃しませんでした。
 
もう一度、足の裏でボールを左へ転がし、素早く左インサイドのダブルタッチでミエルの股へボールを通し、自分は相手2人の間を通り抜けます。2人を一気に抜き去ったネイマールは中央へパスを送り、ジョーのゴールをアシストしました。
 
一見すると1対2でネイマールが数的不利な状況に見えます。しかし、ディフェンス側の落とし穴は、ついついもう一人の味方に頼ってしまいがちになること。試合も終盤ということもあり、疲れていたのか、ハビエル・ロドリゲスは明らかに動きが緩慢で、しっかりとミエルの背後へのカバーが出来ていませんでした。その隙を見逃さなかったのも、さすがはネイマールと言えるでしょう。
 
130619_02_K.Arai_600.jpg
 

■強さだけでなく巧みなプレーで相手を魅了、バロテッリ(イタリア代表)

【しゃちほこパス】
強さと柔らかさを組み合わせた理想のフィジカルを備えたスーパーストライカー、バロテッリ。メキシコ戦のゴールも素晴らしかったですが、それ以上に圧巻だったのはブラジル戦の後半6分に見せたアシストです。
 
GKブッフォンからのロングパスを、体を半身にしながら左肩のほうでブラジルのセンターバック、ダンチを押さえ込み、右足のアウトサイドを高く上げて背後のスペースへ走り込むジャッケリーニへワンタッチでパスを流します。これをジャッケリーニが見事に沈めてイタリアは1点を返しました。
 
普通のFWなら、ダンチを押さえながらトラップを成功させるだけで充分に合格点ですが、バロテッリはダンチを押さえ込みつつ、アクロバティックな足の動きからアシストを成功させました。まさに圧巻のプレーでした。
 
明日は日本代表の香川真司選手と岡崎慎司、スペイン代表のジョルディ・アルバ選手をお伝えします。
 
 
日本代表2人のシンジ、スペインの得点源が見せた華麗なテクニック>>
 
 
清水英斗(しみず・ひでと)//
フリーのサッカークリエイター。ドイツやオランダ、スペインなどでの取材活動豊富でライターのほか、ラジオパーソナリティー、サッカー指導、イベントプロデュース・運営も手がける。プレーヤー目線で試合を切り取ることを得意とし、著書は、『イタリアに学ぶ ストライカー練習メニュー100 』『サッカー観戦力が高まる~試合が100倍面白くなる100の視点』『サッカー守備DF&GK練習メニュー100』『サイドアタッカー』 『セットプレー戦術120』など多数。
●twitterID:@kaizokuhide
 

 

1
取材・文/清水英斗 写真/新井賢一(コンフェデレーションズカップ2013より)

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. コンフェデレーションズカップで見た! ネイマールとバロテッリの華麗なテクニック

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 試合を想定した練習で止める、蹴る、運ぶなど個人技術を磨く! ブラジル名門クラブの「パス&コントロール」トレーニング
    2017年6月16日
  2. 【速く走るための参考にしたい記事】ふくらはぎやアキレス腱の使い方をマスターしてスピードアップ!
     
  3. 次のプレーを考えず、ボールが来るととりあえず蹴ってしまう子どもたち。プレーの判断をどう指導したらいい?
    2017年6月16日
  4. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日
  5. 新しいクラブで試合に出られない プレーが消極的な息子をどう支えたらいいの問題
    2017年6月22日
  6. 「運動中は水飲むな」は昔の話! 現役時代とこんなに違う、お父さんコーチに知ってほしいサッカー今昔物語
    2017年6月20日
  7. ボールを奪うための準備が課題の子どもたち 相手にボールが渡る前の動きをどう指導すればいい?
    2017年6月23日
  8. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  9. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  10. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日

一覧へ