1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. ヨーロッパチャンピオンのメソッドに学ぶ チェルシーFCクリニック【後編】

テクニック

ヨーロッパチャンピオンのメソッドに学ぶ チェルシーFCクリニック【後編】

2012年8月30日

キーワード:クリニックチェルシー

120828_03.jpg
 
  チェルシーFCのエッセンスを日本の子どもたちに。先日行われた「adidas ChelseaFC Clinic 2012」のレポート第二弾はさらにステップアップして実戦モードへ突入! 今回は堅い守りとスピーディな攻撃、絶対に諦めないチェルシー魂が感じられる、今すぐ役立つトレーニングを紹介します。
 
<<前編はコチラ
 
 

3.決定機を逃さないシュートセクション シュートタイミングを逃すな!

チェルシーと言えば電光石火の速攻、カウンター。特にストライカーには「決定機を逃さない嗅覚」が求められます。これはある種、才能のようなものですが、普段の練習の意識付けで成長していく部分ももちろんあります。このシュートセクションでは、2つのゴールを2人のFWで攻め、1人のDFが守るという攻撃側が2対1の数的優位を持って行われます。
 
シュートセクション.jpg
 
ルールとして決められているのは
 
・ボールが攻撃側に渡ったら2タッチ以内にパスをしなければいけない
・DFを抜いたらできるだけ早くシュートを打つ
・二つのゴールの内どちらにシュートを打つかはシュートの直前に、コーチがかけ声で指示
 
ということです。少ないタッチでパス交換をし、数的優位を生かすことはカウンター成功の必須条件です。さらにDFを抜いた後の決定機を見逃さずすぐさまシュート体勢に入る鋭さ、コーチの指示に合せて、慌てずゴールネットを揺らす冷静さ・・・・・・一見単純なトレーニングですが、制約と意識付けによって様々な要素が学べる内容になっています。
 
 

4.正確な状況把握に欠かせないターンセクション 混雑するエリアで技術を発揮しろ! 

ターンセクションではウォーミングアップセクションと似た状況で、子どもたちが自らコースを見つけてターンによる方向転換を行う、より緻密なテクニックが求められるトレーニングです。
 
120828_04.jpg
 
コーンで区切られたピッチの中で選手たちがドリブルを開始。コーチの指示で周囲の状況を把握しつつ、方向転換を行います。このとき、コーチはターンの方法も指定します。「インサイド、アウトサイド!」といわれれば、インサイドでボールをタッチし、アウトサイドに置きながらのターン。指示はボールをまたいでフェイントをかけてからのターンなど、どんどん複雑なものになっていきます。もちろん足下に気をとられていては同じように動いているチームメイトにぶつかってしまいます。テクニックを発揮するエリアを目視で確保し、フリーになる瞬時の状況判断が養われます。
 
 

5.実戦を意識したゲームセクションチェルシー対バイエルン? 

チャンピオンズリーグ決勝の舞台に立てる?次はいよいよこの日の総仕上げ、ゲームセクションです。ここまで一緒にトレーニングをしてきたグループを7対7(もしくは8対8)になるようにチーム分けします。守備側はチェルシー、攻撃側はバイエルン。ピッチサイズは四分の一ですが、なんと今年5月に行われたチャンピオンズリーグ決勝のカードの再現です。
 
ゲームセクション.jpg
 
守備側のチェルシーは通常サイズのゴールを背負い、バイエルンの攻撃をしのぎます。さらにボールを奪ったらバイエルンチームの背後にある二つのミニゴールめがけてカウンターを仕掛けるのです。ゲームは2-0でバイエルンがリードしている想定でスタート。チェルシーの選手はカウンターの際、3タッチ以内にパスをしなければならず、得点の際もシュートではなく、ミニゴールに見立てられたコーンの間をドリブルで通過して得点となります。
 
  7分間の攻防の後、チームを入れ替えて全員が攻守両方を経験します。素早い攻守の切り替え、状況判断、個人技、決定機でのシュートなど、ここまでのセクションで学んだことを生かして「普段とは違うプレーができた」という子どももいたようです。ゲームセクションでコーチが強調していたのは「戦う気持ち」。不利な状況下でも諦めず、ゴールを目指すことを選手たちに求め、気持ちを押し出したプレーには賞賛の言葉をかけます。
 コーチたちが一番教えたかったことは、タフな延長戦を戦い抜き、PK戦で見事チャンピオンズリーグのトロフィーを勝ち得たチェルシーFCのフットボールの精神なのかもしれません。
 
 すべてのセクション終了後、今回指導してくれたコーチがMVPを選出。5人の選手がMVPに選ばれ、レプリカジャージ、記念のメダルをもらいました。
参加した選手からは「2対1のシュート練習がためになった」「この経験を生かしてもっとうまくなりたい」「試合が楽しかった」「チェルシーが好きになったので、応援したい」などの声が上がりました。
 
120828_08.jpg
 
 ヨーロッパ最高峰のトレーニングを体感した子どもたちは心からサッカーを楽しみました。スティーブ・ウィネットコーチは「日本の子どもたちのレベルの高さに驚いた。マンチェスターユナイテッドの一員になった香川選手のように、将来は君たちが日本を担うような選手になってほしい」と選手たちに語りかけました。
 チェルシーならではの魅力にあふれたクリニック。テクニック、スキル、対人プレー、ゲーム戦術につながる個人戦術・・・・・・。子どもたちは、世界の強豪クラブから世界基準のサッカー、そして何よりサッカーをプレーする楽しさを学びました。
 
チェルシーFCユース//
チェルシーFCトップチームにも選手を輩出、近年ユース世代での実績も目覚ましく、2010年度にはFAユースカップを制覇。
 
1
取材・文/大塚 一樹 写真提供/アディダスジャパン

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. ヨーロッパチャンピオンのメソッドに学ぶ チェルシーFCクリニック【後編】

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 「下手くそ」「センスない」コーチの暴言に耐えられない中1の息子を辞めさせていいのか問題
    2017年7月19日
  2. 「打撲にコールドスプレー」は昔の常識!? コーチ・保護者必見、最新の応急処置に欠かせないアイテムとは
    2017年7月12日
  3. 小さな成功体験を積むことが自信につながる! 自主性・主体性を育てる「しつもん」のしかた
    2017年7月14日
  4. サカイク読者のパパママならおさえておきたい プロテイン7つのポイント
    2017年7月18日
  5. あなたの子どもはきちんと「ごはん」を食べてますか? 多くても、少なすぎてもダメなお米の栄養素と役割
    2017年7月20日
  6. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  7. なぜ、全国経験のないサッカー部から毎年Jリーガーが輩出されるのか?
    2015年7月23日
  8. 自分は楽しくプレーさせたいのに同じチームのコーチが厳しい! 指導法が違うギャップをどう埋めればよいのか
    2017年7月21日
  9. これぞ最新決定版! 「何をいつどうやって飲むのか」 意外と知らない水分補給のポイントを伝授
    2017年7月10日
  10. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日

一覧へ