1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 【第18回】森崎ツインズ(サンフレッチェ広島)のワンポイントサッカー講座 ドリブル練習の意識編

テクニック

【第18回】森崎ツインズ(サンフレッチェ広島)のワンポイントサッカー講座 ドリブル練習の意識編

2011年4月 3日

キーワード:Jリーグサンフレッチェトレーニングドリブルレフティー森崎ツインズ練習

現在、サンフレッチェ広島で双子のプレーヤーとして活躍中の森崎浩司選手と森崎和幸選手。この森崎ツインズが小学生プレーヤーのためにサッカー上達のヒントを伝授するコーナー。今回は、左利きの浩司選手による細かいタッチのドリブルを練習しよう!編です。

11.4.2.jpg


■利き足を駆使した細かいボールタッチ

前回は、メッシ(バルセロナ/スペイン)やロッベン(バイエルン/ドイツ)といったスーパースターがレフティーであるということ、さらに彼らが独特の細かいボールタッチのドリブルを駆使しているという話をしましたが、そうしたドリブルをマスターするには、常日頃からのトレーニングが必要です。

ドリブルの練習といえば、コーンを等間隔に置いて、その間をジグザグにドリブルしていくなどのトレーニングが一般的ですよね。 でも、それ以上に効果的なのが、やはり対人でのトレーニングです。コーンの練習は基礎を身につける上では有効ですが、コーンは動かない。ボールを奪いに来ることもなければ、予想外の動きをすることもないですよね?コーンを相手にうまくドリブルできても、実際の試合でそれが生かせるかというと、話は別。試合で生きるドリブルをマスターするには、やはり人を相手にして練習するのが上達への近道です。 チームメートや友達など、誰かを誘い「人」対「人」で練習することで、ドリブルは上達します。人を相手にしながら、ボールを取られない位置やコントール方法を体に染みこませいく。そうなれば、きっと試合でも自然と生かせるはずです。 このとき、意識して細かくボールタッチしているようでは、まだダメ。考えずに、自然と細かいボールタッチをしているようになるまで練習してください。意識しなくなったときが、それをマスターしたときです!

僕が小学生のときは、足が速かったこともあり、スピードで相手を抜いていましたが、テクニックを駆使するならば、細かいボールタッチは大きな武器になる。相手は、どっちの方向から突破してくるかが分からずに躊躇(ちゅうちょ)してしまうでしょう。 きっとみなさんが、(細かいタッチのドリブルを)マスターしたときには、新たな世界が目の前に広がっているはずです。相手に奪われない間合いや、相手選手との距離感の保ち方などが、手に取るように分かると思いますよ。

1  2

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 【第18回】森崎ツインズ(サンフレッチェ広島)のワンポイントサッカー講座 ドリブル練習の意識編

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 足の速さは遺伝がすべてじゃない! 子どもに教えたいサッカーで速く走るコツ
     
  2. チームでいじめ発見どうしよう問題
    2017年5月17日
  3. 熱心なあまり子どもたちにダメ出し、試合で指示する保護者をどうしたらいいか?
    2017年5月22日
  4. 子どもに「来ないで!」と言われないために......。知っておきたい応援の心得
     
  5. すぐ早く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の早く走る方法
    2013年6月13日
  6. 足首の角度で蹴り分ける「インステップキック」
    2017年5月15日
  7. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  8. 「ディフェンスは腰を落とせ!」は間違いだった
    2014年5月20日
  9. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日
  10. 【関東会場】サカイクキャンプ2017夏 supported by umbro
    2017年5月 2日

一覧へ