1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 【第17回】森崎ツインズ(サンフレッチェ広島)のワンポイントサッカー講座世界で活躍するレフティー編

テクニック

【第17回】森崎ツインズ(サンフレッチェ広島)のワンポイントサッカー講座世界で活躍するレフティー編

2011年4月 2日

キーワード:Jリーグサンフレッチェトレーニングドリブルレフティー森崎ツインズ練習

現在、サンフレッチェ広島で双子のプレーヤーとして活躍中の森崎浩司選手と森崎和幸選手。この森崎ツインズが小学生プレーヤーのためにサッカー上達のヒントを伝授するコーナー。自身も左利きの浩司選手が教えてくれる、レフティーの極意、第2回目です。

11.4.2.jpg

■メッシ、ロッベン......。ドリブルを得意とするレフティー

世界を見渡せば、数え切れないほど、レフティーの選手はいます。しかも、スーパースターといわれるような選手の中に左利きの選手は多いのです。

僕が子どものときに、同じ左利きと知ってうれしかったのは、2010年W杯でアルゼンチン代表監督を務めていたディエゴ・マラドーナです。現役時代の彼は、左足しか使っていないのではないかというほど、左足を巧みに駆使して、相手を抜きさり、華麗にゴールを決めていました。 現代において、そのマラドーナの姿は、バルセロナ(スペイン)のリオネル・メッシに重なります。さらにはバイエルン(ドイツ)のアリエン・ロッベンもレフティーの代名詞ともいえる選手ですよね。個人的に好きなラウール(シャルケ/ドイツ)も左利きですが、彼はドリブラーではなく、ストライカーなので、少々タイプは異なりますよね。

レフティーの選手は、独特のリズムやボールの持ち方をするといわれるように、ドリブルを得意とする選手が多いものです。それも右利きの選手とは異なり、両足を使うのではなく、ほぼ左足だけを使い相手を抜いていく選手が多いんです。メッシもフィニッシュなどでは右足でシュートすることもありますが、ドリブルはほぼ左足のみといっていい。また、ロッベンも同様に使うのは利き足である左だけですよね。 さらに彼らのドリブルには特徴があります。それはボールタッチの回数が多いということです。これは僕が彼らのドリブルを見ていて思ったことですが、前方に広大なスペースが広がっているときは、トラップの幅が大きくても問題ないのですが、相手が密集している間をすり抜けていくようなドリブルをするときは、ボールタッチが細かいほうがトップスピードをキープしやすいんです。ボールタッチの回数を増やすことで、常に右にも左にも、それこそまっすぐ進むという選択肢をも持っていられる。また、相手からすると、細かくボールタッチされると、いつ飛び込んでいいのか判断が難しいものです。

1  2

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 【第17回】森崎ツインズ(サンフレッチェ広島)のワンポイントサッカー講座世界で活躍するレフティー編

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 「厳しいサッカーよりも楽しいサッカーをしてもらいたい」徳永悠平のサッカー少年の育て方
    2017年1月10日
  2. 本来の力が発揮できなくなるかも?"ポジティブシンキングの罠"に注意
    2017年1月12日
  3. ジャージorピステ 寒い日に用意したいのはどっち!?
    2011年10月16日
  4. JリーグMVP中村憲剛がサッカー少年に伝えたい、うまくなるための「考え方」とは
    2017年1月17日
  5. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  6. 「自分の内側からやりたいと思えることを続けてほしい」FC東京・徳永悠平の父親論
    2017年1月11日
  7. 父は思春期とどう向き合えばよろしいか問題
    2017年1月16日
  8. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  9. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  10. ケンタッキーフライドチキンカップ(埼玉)参加チーム募集
    2017年1月17日

一覧へ