1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 【第7回】試合観戦でイメージトレーニングをしよう!-サイドとセンターの関係に注目

テクニック

【第7回】試合観戦でイメージトレーニングをしよう!-サイドとセンターの関係に注目

2011年2月14日

キーワード:Jリーグイメトレ桑さんの観戦術観戦術

このコーナーでは、Jリーグや大学など、トップレベルのチームで監督として豊富な指導経験を持つ、桑原隆さんに、TVやスタジアムで試合を観て、知識や技術を豊かにしていく"コツ"をお聞きしていきます。

■サイドの攻防ではセンターにも注目する

0003451.jpg 「現代サッカーにおいて、サイドの選手、サイドのスペース、サイドでの駆け引きなど『サイド』というキーワードは、かなり重要な存在になっています。サッカーでは得点が生まれる確率が高いのは、ペナルティボックス付近です。そうなると自然とそこへの守備は強化され、ゴールまでの最短距離である中央突破は難しい状態になってきます。そこでサイドの重要性が出てくるんです。簡単に言うとサイドにボールをちらすとセンターが手薄になってくるということですね。

 それでもチームによっては、サイドの守備を緩くして、センターをさらに強化するという戦術をとっている監督もいます。実際、サイドにボールがあるときの守備は非常に難しいんですよ。DFは相手をマークしながら、サイドから入ってくるボールを同一視野で捉えていなければいけません。そういった状況というのは、オフェンスの選手にとっては非常に駆け引きがしやすいんです。 逆にDFは相手を捕まえなければいけないが、ボールも見失ってはいけない。そのどちらかを怠ってしまうとポジション取りやマークにもずれが出てきてやられてしまう。中央突破ではそのような心配は少ないですよね? だから、サイドにボールがある時、中央のそういった駆け引きに目を向けてみると、より深くサッカーを楽しめると思いますよ。

また、オフェンス側がサイドを突破した時、どういったクロスを放り込むのか、センターでボールを受けるFWがどういった動き出しをしているのか、そういった部分にも注目してほしいですね。 何度も動き直しをしたり、ボケーっと立っていていきなりダッシュでマーカーのDFを振り切る選手など、そこには色々な駆け引きがありますから。FWの選手はぜひ、それを見て参考にしてください」

11.4.25-2.jpg

桑原隆//

Takashi Kuwahara
1948年5月5日、静岡県出身。藤枝東高校卒業後、古河電気工業で攻撃的MFとして活躍。現役引退後に指導者となり、96年から9年間にわたって監督・コーチ・強化育成部などを務め、ジュビロ磐田の黄金期を支えた。その後、浜松大学監督、横浜F・マリノス監督を歴任。Jリーグや海外リーグ等、サッカー中継の解説者としても幅広く活躍している。

←前回ページへ戻る| |次回ページへ進む→

<<『桑原隆さんの試合観戦でイメージトレーニングをしよう!』最初の記事へ

1

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 【第7回】試合観戦でイメージトレーニングをしよう!-サイドとセンターの関係に注目

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 「厳しいサッカーよりも楽しいサッカーをしてもらいたい」徳永悠平のサッカー少年の育て方
    2017年1月10日
  2. ジャージorピステ 寒い日に用意したいのはどっち!?
    2011年10月16日
  3. 本来の力が発揮できなくなるかも?"ポジティブシンキングの罠"に注意
    2017年1月12日
  4. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  5. 「自分の内側からやりたいと思えることを続けてほしい」FC東京・徳永悠平の父親論
    2017年1月11日
  6. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  7. 父は思春期とどう向き合えばよろしいか問題
    2017年1月16日
  8. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  9. プレイヤーズファーストって知ってる?ただ褒めるだけではなく、然るべきタイミングに褒める親になろう
    2017年1月 6日
  10. 「緊張しても失敗しない!」子どもの自信を育てるメンタル・トレーニング
    2017年1月 5日

一覧へ